別空間のキッチンとダイニングをDKにリフォーム_行方市

『キッチンの劣化、床の痛みを解消』

キッチンの老朽化に伴い、LDKへの工事をご希望でした。
建物の構造上残さなければいけない柱や壁を最小限にし、家事動線・キッチン廻りの収納を設置少しでも広く見えるDKに仕上げました。
キッチンの仕様としてIHクッキングヒーターをご希望でした。

キッチンとダイニングの間仕切り壁は撤去し、天井をフラットに。換気扇横の下り壁は屋根を支えているので撤去できず、そのまま残す形となりました。

リフォームデータ

施主様情報 N様
住所 茨城県 行方市
リフォーム期間 7日
築年数 50年
施工箇所
  • キッチン
  • 洋室
  • 内装
使用材料
費用 300万円

アドバイザーから一言

担当アドバイザー:久保 鉄二

キッチン廻りの収納・部屋間の段差・全体的に廻りをきれいにしたい、排水状況も悪いので直したい。との事でした。
じゅうべえ社員の茂木のお知り合いでもあり、今回当社で工事をさせて頂きました。

キッチン 4.5帖 ダイニング 6帖の空間ですが、キッチンの収納量と家電収納+吊戸棚を設置することで収納量も増え、すっきりとしたダイニングキッチンに生まれ変わりました。

天井の段差がどうなるか心配でしたが、1部屋に見えるよう、できる限り高く施工をさせて頂きました。