10年後を考えた浴室、脱衣所リフォーム_神栖市

 

【毎日の負担を最小限に抑えるリフォーム】
県外に住む娘さんご夫婦がこれから先暮らしやすくしたいというご要望から、毎日のお掃除、温かさ、段差をポイントにご提案をしました。
プレハブ工法のため、大きく構造材を触れないため、最小限の段差にし、毎日の移動の負担を緩和しました。
また、毎日のお掃除、特に水あか汚れをお掃除しやすいように内装・住設の仕様を決め、これから先10年後も安心して住んで頂ける浴室・脱衣所に仕上がりました。

これから先ご高齢になられてからも、快適に使えるよう、手すりの位置やお手入れにしやすさ、断熱にこだわり、浴室、洗面台を決めました。

洗濯機、洗面台廻りには化粧パネルを張り、水はね汚れも簡単にふけるようになりました。

浴室への段差も構造上どうしてもできてしまいますが、可能な限り段差を小さくし、移動の負担が最小限になりました。

 

 

リフォームデータ

施主様情報 T様
住所 茨城県 神栖市
リフォーム期間 6日
築年数 35年
施工箇所
  • バス
  • 洗面
使用材料 ユニットバス:TOTO サザナ
洗面化粧台:TOTO オクターブ
費用 145万円

アドバイザーから一言

担当アドバイザー:杉本 義弘

1.5坪強あった以前の浴室は、寒く、お掃除も大変だと打ち合わせ時に仰っていました。
1ヶ月後のアフター点検でお話をお聞きした際、毎日快適に過ごせています。と笑っていらっしゃったので、私もとてもうれしく感じました。
リフォームは同じ箇所を何度も工事することは少ないので、長く快適に使って頂ける提案をしっかりしていきたいと思います。