日本の夏!重兵衛の夏! | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ

日本の夏!重兵衛の夏!

ついに今年もやって参りました

『夏』が!!!

そして7月7日と言えば?

そうです七夕ですよね?

 

 

七夕と言えば有名なのはこの物語ですよね(*^。^*)

 

昔々、天の川のそばには天の神様が住んでいました。

天の神様には、一人の娘がいました。

名前を織姫と言いました。織姫は機を織って、

神様たちの着物を作る仕事をしていました。

織姫がやがて年頃になり、天の神様は娘に、

御婿さんを邀えてやろうと思いました。

色々探して見つけたのが、天の川の岸で天の牛を飼っている、

彦星という若者です。彦星は、とても立派な若者でした。

織姫も、かがやくばかりに美しい娘です。

二人は相手を一目見ただけで、好きになりました。

二人は結婚して、楽しい生活を送るようになりました。

でも、仲が良過ぎるのも困りもので、二人は仕事を忘れて、

遊んでばかりいるようになったのです。

すると、天の神様のもとへ、皆が文句を言いに来るようになりました。

「織姫が機織りをしないので、皆の着物が古くてボロボロです。

早く新しい着物を作って下さい」

「彦星が世話をしないので、牛たちが病気になってしまいます」

神様は、すっかり怒ってしまい

「二人は天の川の、東と西に別れて暮らすがよい」と、言って、

織姫と彦星を、別れ別れにしたのです。

でも天の神様は、織姫があまりにも悲しそうにしているのを見て、

こう言いました。「一年に一度だけ、七月七日の夜だけ、彦星と会ってもよろしい」

それから、一年に一度会える日だけを楽しみにして、

織姫は毎日、一生懸命は機を織りました。

天の川の向こうの彦星も、天の牛を飼う仕事に精を出しました。

そして、待ちに待った七月七日の夜、

織姫は天の川を渡って、彦星の所へ会いに行きます☆

 

っというちょっと切ない物語だったんですね!

もうすっかり忘れてました。

 

という事でもしかしたら・・・・・・・・

 

重兵衛の織姫達(一部)が

 

 

 
 

 

 

 

 

 

(左:加瀬・中央:瀬川・右:吉田)

一足早く、皆さんのお住まいにお伺いするかも!?

 

※社員の男性人はあまりにきれいだからって

PCのデスクトップにするの禁止ね(●^o^●)

 

皆さん何なのか気になるでしょ?

詳しく内容を知りたい方は

明日の6代目の男気ブログをチェック!!!

すべてを明らかにさせていただきます★

 

(明日に続く)

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

織姫様のような美人社員がたくさんいる会社 ハウジング重兵衛

千葉県香取郡東庄町神田187-2

TEL:0120-161-206

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所 必須
市区町村

以降の住所

ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。