キッチンリフォームの費用相場は?グレードやパーツも関係します – ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
スタイリッシュなキッチン

キッチンリフォームの費用相場は?グレードやパーツも関係します

キッチンなどの水回りは、使用頻度も高いことから劣化が早い箇所になります。家を建ててから年数が経つと、まずは水回りの汚れや不具合が気になり始めるかもしれません。そこでリフォームする際に知っておきたいキッチンの種類や費用に関する基礎知識をご紹介します。

 

◼ キッチンの種類

おしゃれなキッチン

同じ水回りでも、お風呂やトイレは規格が決まっている場合が多いため選択肢が限られています。しかしキッチンでは形だけでもさまざまな種類があり、それぞれグレードも分かれています。はじめに決めると使い勝手の想像がしやすい形状の種類について知っておきましょう。

 

・I型キッチン

I型はコンロや調理台、シンクが横一直線に並んでいる形であり、壁の方に向いているものと対面式になっているものがあります。壁の方に向いているタイプは、キッチン部分以外にスペースが必要ないのでリビングやダイニングを広く使うことができます。対面式キッチンのほとんどがI型になっています。

 

リビングやダイニング側からは手元が見えないため、来客時生活感を隠すことが出来るのが嬉しいポイントです。一般的なキッチンの形になるため、おしゃれさを重視するという場合を除いてはおすすめの形になっています。

 

・L型キッチン

L型キッチンは、コンロや調理台、シンクが一直線ではなくLの字に曲がった形になっているキッチンのことです。壁向きにコンロがあり、調理台がLの角の部分、シンク部分が対面式になっていることが多くなっています。I型と比べると作業スペースを広く取ることができることや、移動しやすいのが特徴です。

 

キッチンが独立した空間になっているものを「独立型キッチン」といい、独立型にはL型が採用されていることが多くなっています。リビングやダイニングから仕切られているため、煙やにおいが漏れないのが特徴です。

 

・その他

その他にも、アイランドキッチンやペニンシュラなど最近人気が高くなっているキッチンもあります。アイランドキッチンは文字通り「島」のように壁から独立した形のキッチンのことをいいます。リビングやダイニング側から見ると視線を遮るものがないため、他の形のキッチンよりも開放感があるのが特徴です。おしゃれな見た目から非常に人気があります。

 

アイランドキッチンは、キッチンのまわりをぐるりと回れるため動きやすいのがメリットとなっています。一方で四方にしっかりした空間がなければ成立しないため広いスペースが必要であることを頭に入れておきましょう。

 

ペニンシュラは「半島」を意味し、横幅のうちどちらかが壁に面している対面キッチンのことをいいます。アイランドキッチンと比べるとスペースが狭くても採用できます。アイランドキッチンに近い開放感がありつつ、コンロ横に壁があるため油汚れに強いというメリットも。

 

◼ キッチンリフォームの費用

キッチンリフォームの事例

キッチンのリフォームを検討し始める理由はさまざまです。例えば設備の故障や水漏れ、収納スペースが足りず物が溢れている、使い勝手の悪さなど。家を建ててから年数が経つと家族構成が変わっていることも多いため、形状を変えた方が使い勝手が良くなる場合もあります。そこで形状ごとの費用相場をご紹介します。

 

・I型キッチン

I型キッチンの相場は50~120万円。基本的な形なので、デザインの選択肢が豊富で幅広い価格帯から選ぶことができます。横幅の狭いシンプルなグレードであれば50~80万円、一般的な幅のもので60~90万円、高いグレードであれば70~120万円が相場となっています。

 

もともと壁の方に向いていたキッチンを対面式に変えるなどの位置を変更すると費用が高くなってしまいます。位置を変えることなくキッチンの設備のみを交換する場合は費用を抑えることができますが、デザインや機能性の良いものを選ぼうと思うと費用が高くなることを頭に入れておく必要があります。

 

・L型キッチン

L型キッチンの相場は80~120万円が相場となっています。横幅の狭いシンプルなグレードであれば65~90万円、一般的な幅のもので75~120万円、高いグレードであれば85~130万円が相場となっています。

 

L型のキッチンはほとんどの場合が対面式になっていますが、対面式だったものを壁の方に向けたいといった場合には費用が高くなってしまいます。またI型からL型への変更も同じように費用がかかります。位置を変えると、今まで隠れていた床や壁が出てくることによる補修工事が必要になるためです。

 

・その他のキッチン

アイランドキッチンは100~150万円となっています。作業スペースを広く取ることができておしゃれで開放感のあるキッチンになりますが、キッチンの左右に空間を取ることができなければ採用できない可能性もあるので注意が必要です。

 

I型やL型のキッチンからアイランドキッチンにリフォームする場合、排水管や換気扇を移動させる必要があります。また天井の構造によっては換気ダクトを通すことができない場合もあるため、事前に確認するようにしましょう。

 

ペニンシュラキッチンの相場は90~120万円が相場です。壁付けのキッチンよりは費用が高くなってしまいますが、アイランドキッチンよりは抑えられます。もともとが壁付けのキッチンだった場合は位置が変わってしまうため工事するべき箇所が増えますが、対面式のI型キッチンからのリフォームであれば工事が少なくて済みます。

 

◼ 費用が変わるポイント

キッチンリフォームの事例

キッチンの形によっても費用は異なりますが、他にも費用が変わるポイントがあります。安いと思っていた形で見積もりを出してもらうと予想外に高いといったことのないよう、しっかりポイントを押さえておきましょう。

 

・設備のグレード

キッチンの形ごとの相場でもご紹介しましたが、設備には横幅の狭いタイプ、一般的な幅のタイプ、ハイグレードのタイプなどがあります。横幅の狭いタイプは一人暮らし用や1LDKなどの家に採用されています。価格が安いからといって、家族で住む家に設置すると狭くて使い勝手が悪くなってしまいます。

 

・使用する素材

キッチンにはさまざまな素材が使われていますが、比べやすいのがワークトップ。コンロから調理台、シンクまでが一体になっているシステムキッチンであれば、つながっている天板のことです。ワークトップはステンレスや人工大理石、タイルなどの素材が使われます。

 

ステンレスは耐水性や耐久性に優れているため、昔からよく使われており今でもワークトップに使われる素材で主流となっています。機能性が抜群で費用が安いのがメリットですが、細かい傷が付きやすいというデメリットもあります。ハイグレードのキッチンには特殊なコーティングが施されているものもあります。

 

人工大理石は、大理石ではなくアクリルやポリエステルの樹脂でできている素材のことをいいます。ポリエステルは価格が安いですが、変色してしまうのが弱点です。アクリルは変色することがなく汚れも落ちやすいので人気となっています。デザイン性が高く、耐水性や耐久性も劣らないのが特徴ですが、耐熱性がそこまで高くないので注意しておきましょう。

 

人工大理石にはクォーツストーンという種類もあり、水晶を樹脂で固めたもののことをいいます。天然の石のような質感で高級感があり、傷が付きにくいのが特徴です。軽量化されてはいますが他の素材と比べると重さがあり、価格も高いというデメリットもあります。

 

タイルは海外でよく使用されていますが、日本でも流行った時期がありました。耐水性や耐熱性が高く、さまざまなデザインから選ぶことができます。タイルを張る作業に時間がかかるため工期が長くなることや、目地のお手入れが大変であることがデメリットとなります。

 

・使用するパーツ

キッチンはコンロや調理台、シンクといったパーツからできています。リフォームは設備全体を交換するだけではなく、ガスコンロからIHへの変更、換気扇やレンジフードの交換、食洗器の設置といった場合もあります。新しく設置するパーツをどのようなものにするかによって費用が変わります。また商品価格だけではなく工事費用も必要であることを忘れないようにしましょう。

 

◼ まとめ

スタイリッシュなキッチン

キッチンにはI型やL型、壁付けか対面式かといった形状の違いがあります。最近はアイランドキッチンやペニンシュラキッチンの人気があります。I型が一般的な形であり、費用も抑えることができます。L型は作業スペースが広く動きやすいのが特徴ですが、Lの角の部分にデッドスペースが生まれてしまうのがデメリット。壁付けはリビングやダイニングを広く取ることができ、対面式は家族の様子を見ながら料理できるなどそれぞれ特徴が異なります。費用は形状によってだけではなく、設備のグレードや使用する素材、パーツによっても異なります。

 

千葉県と茨城県でリフォーム事業を展開しているハウジング重兵衛は、水回りのリフォームを得意としています。キッチンやお風呂、洗面所、トイレといった水回りの不具合や劣化が気になっている場合はお気軽にご相談ください。

 

・ビルトイン食洗機を導入したキッチン

戸建て住宅のキッチンリフォームで、ビルトイン食洗機を導入した事例です。壁付けのI型キッチンという形状はそのままに、キッチン設備を新しくしました。床下の収納が使いにくいとのことだったため、サイズを変更して使い勝手が良くなるように心掛けました。

ビルトイン食洗器の事例はこちら

 

・L型からI型に変更

家を建ててから20年が経過し、劣化が進んできたことからキッチン設備を交換しました。L型からI型へと変更し、明るい印象になるような色を選びました。収納力もアップしたので使いやすいキッチンになっています。

L型からI型に変更した事例はこちら

 

・吊戸棚を撤去して広いキッチンに

もともと対面式のキッチンでしたが、吊戸棚があることで狭く見えるのがお悩みでした。リビングやダイニングから見たときに開放感のあるようなリフォームを行いました。同時にクロスを張り替えたので明るいキッチンになりました。

 

吊戸棚を撤去した事例はこちら

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
相談ご希望店舗 必須
お名前 必須
電話番号 必須
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。