IHとガスコンロの違い|メリットとデメリットを知ろう | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ

IHとガスコンロの違い|メリットとデメリットを知ろう

キッチンをリフォームする際、ガスコンロからIHに変えたいと思っている方も多いかもしれません。漠然とIHに憧れを抱いている段階では、具体的にガスコンロとの違いが分からないですよね。そこで本当にIHに変えて良いのかの判断をするために、IHとガスコンロの違いとそれぞれのメリットについてご紹介します。

 

◼ IHとガスコンロの違い

IHとガスコンロは見た目が違うことはもちろん、仕組みや性能にも違いがあります。違いを知るためにもそれぞれの特徴をご紹介します。

 

・IHの特徴

IHは火が出ないというイメージが強いかもしれません。磁力線の働きで鍋底を加熱する仕組みとなっており、火が出ないことから安全性の高い調理器具だといえます。見た目としては凹凸のないフラットな天板が特徴です。加熱度合いを管理したり制御したりできるので、鍋の中を均一に加熱したいときに適しています。

 

・ガスコンロの特徴

火が出ないIHに対して、ガスで火を起こすことで加熱するのがガスコンロ。昔からある調理器具なので、使い慣れている方も多いかもしれません。リフォーム時にIHにする選択肢もありますが、ガスコンロのままにすることももちろんできます。使い方を覚え直す必要がないため無難な選択肢だといえますが、IHのメリットやデメリットと比較しながら検討してみてください。

 

◼ IHのメリット

IHはガスコンロよりも比較的新しい調理器具ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。今ガスコンロを使っているという場合は、使い勝手を想像しながら比較検討してみましょう。

 

・安全性が高い

火が出ないというのはIHの一番の特徴ともいえますが、安全性の高さに直結してきます。火が出ると、誤って触ってしまい火傷する可能性や消し忘れによって火事が起こってしまうことも。特に高齢の方やお子様がいるご家庭では安心してお使いいただけます。

 

・清潔に保ちやすい

IHは天板に凹凸がなくフラットな構造なので、掃除しやすく清潔に保ちやすいのもメリットの一つ。ガスコンロを掃除するためにはいくつかのパーツを外す必要がありますが、IHは使ったあとに拭くだけできれいになります。焦げ付いてしまったときもメラミンスポンジでこすると簡単に落とせます。

 

・火力の調整が楽

ガスコンロはつまみを回して調整するのに対して、IHは火力が数字で表示されています。つまみだと毎回同じ火力にできないという人であっても、数字で表示されているIHでは火力の調整を簡単に行うことができます。

 

◼ ガスコンロのメリット

IHのメリットをご紹介してきましたが、ガスコンロにもメリットがあります。ガスコンロからIHに変えようと思っている場合、IHのメリットと比較しながらガスコンロのメリットも改めて確認してみましょう。

 

・火力が強い

こだわりを持ってガスコンロを使っている人は「火力が強い」ということを理由にあげる人も多くいます。つまみを回して火力の調整するのが難しいという側面がありつつ、強火での調理にはIHよりもガスコンロの方が適しているといえます。

 

・調理器具を選ばない

ガスコンロはほとんどのフライパンや鍋を使うことができます。調理器具を買うときに「ガスコンロで使えるかな」と心配する必要がないのはメリットだといえるでしょう。

 

・停電時でも使える

ガスコンロはガスで火を起こせるため、停電してしまって電気が使えなくなってもガスコンロを使うことができます。停電の状態が長引いてしまうようなときには、食べるものがあるかどうかが重要になってきますよね。そんなときに電気を使う調理器具しかないと、調理できず食べられるものが限られてしまいます。ガスさえ止まっていなければコンロで調理できるのは大きなメリットだといえるでしょう。

 

◼ IHのデメリット

実際にIHを導入してから「使い勝手が悪い」「こんなデメリットがあるとは知らなかった」とならないようにしたいものです。IHとガスコンロのメリットをご紹介してきましたが、デメリットも把握しておきましょう。

 

・鍋を振ることに適していない

IHは磁力線で鍋底を加熱する仕組みなので、フライパンや鍋をIHの表面に付けておく必要があります。そのため鍋を振るような調理には適していません。鍋の中を均一に加熱することには適していますが、鍋をあおるような炒め物には向いていないことを頭に入れておきましょう。

 

・使える鍋が限られる

IHの仕組みゆえに、「IH対応」と表記された鍋やフライパンしか使うことができません。そのためガスコンロからIHに変えようと思っている場合、これまで使っていた鍋やフライパンが使えなくなってしまうことがあります。キッチンのリフォームをきっかけに調理器具も一新しようと思っているようなときにはデメリットとはなりませんが、これまでと同じものを使おうと思っていた場合はIH対応かどうかを確認しておくようにしましょう。

 

・停電時に使えない

ガスコンロのメリットでもご紹介した通り、IHは電気を使うため停電時には使うことができません。キッチンリフォームでIHに変更しようと思っている場合は、卓上のガスコンロを持っておくと安心かもしれません。

 

◼ ガスコンロのデメリット

現在ガスコンロを使っている方も、IHとの比較のために今一度ガスコンロのデメリットも確認してみましょう。

 

・火が危ない

ガスコンロは火を使う調理器具なので、どうしても危ないというのがデメリットとなってしまいます。特に高齢の方や小さいお子様がいるご家庭では、危険な場面が出てくるかもしれません。お子様には触らないように伝えたりベビーゲートを設置したりということで対策をすることをおすすめします。

 

・夏場に暑くなりやすい

火を使うガスコンロで調理していると、夏場に暑くなりやすいのは避けることができません。オープンキッチンやアイランドキッチンなど開放感のあるキッチンでは暑い空気が逃げてくれますが、クローズドキッチンの場合はこもりやすいため熱中症にも注意が必要です。

 

・お手入れが大変

完全にフラットなIHと違って、ガスコンロは凹凸が多くいくつかのパーツに分かれているためお手入れが楽だとはいえません。五徳を毎日外して拭き掃除をしたり焦げ付きを落としたりしていればきれいに保つことができますが、忙しいとなかなか難しいこともありますよね。ガスコンロからIHへの変更を検討している場合、お手入れが面倒に感じるかどうか、お手入れに時間をかけられる余裕があるかどうかも基準として考えてみると良いでしょう。

 

◼ まとめ

ガスコンロは使い慣れているためだいたいの特徴は分かっているという人も多いかもしれませんが、確認のためにガスコンロの特徴やメリットとデメリットをご紹介しながらIHと比較してきました。どちらにもメリットとデメリットがあるため、ライフスタイルやキッチンの形状に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

ハウジング重兵衛は、キッチンをはじめとする水回りのリフォームを得意としている会社です。ガスコンロからIHに変えようか悩んでいる場合、キッチンの形状や向きを変えたい場合、システムキッチンの交換だけを行いたい場合など、さまざまな状況に応じてお客様にぴったりのリフォームプランをご提案させていただきます。千葉県と茨城県でキッチンのリフォームをご検討の際は、ぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

システムキッチンのリフォーム事例

IHからガスコンロに変更した事例

ガスコンロのリフォーム事例

著者情報

ハウジング重兵衛 編集部

ハウジング重兵衛 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所 必須
市区町村

以降の住所

ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。