トイレのリフォームで知っておきたい排水について|おすすめ商品も | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
リクシルのトイレリフォーム

トイレのリフォームで知っておきたい排水について|おすすめ商品も

トイレのリフォームをする際、サイズやデザイン、機能性を考慮しながらトイレ選びを行うことでしょう。その際、排水方法についても知っておくことで対応しているトイレを絞ることができます。トイレのリフォームを検討中の方は、排水方法と排水芯・排水高について知識を身に付けておきましょう。

 

◼ トイレのリフォーム

トイレのリフォーム

トイレは大きく分けて和式トイレと洋式トイレの2種類に分けられ、洋式トイレは更にタンク一体型とセパレート型、タンクレス型の3種類に分けられます。和式トイレは日本に古くからある形のトイレであり、1960年頃に洋式トイレが採用されるようになるまでは一般的なトイレとして使われていました。洋式トイレのうちタンク一体型トイレは便器とタンクが一体になっているタイプのことをいい、隙間に汚れが溜まりにくいのがメリット。セパレート型トイレは便器とタンクが分かれているタイプのことであり、どちらかが壊れたときでも片方だけを交換することができます。タンクレストイレは水道と直接つながっていることからタンクがないスタイリッシュな見た目。トイレの空間を広く見せられることやお手入れしやすいのがメリットです。

 

トイレのリフォームは便器の交換が主な工事内容となっていますが、便器の交換だけではなく温水洗浄機の交換や床や壁の張り替え、収納の設置といったリフォームを行うこともあります。トイレの床や壁は便器と同じように衛生的に保つのが難しい箇所でもあるため、便器の交換と同時にリフォームを行うときれいなトイレが蘇ります。収納スペースが少ないと悩んでいる場合は、トイレに収納したい物の量に合わせて収納スペースを作ると良いでしょう。

 

◼ トイレの排水について

清潔感のあるトイレ

誰もが毎日必ず使用しているトイレには、排水方法が2種類あることをご存じでしょうか。排水管が通っている位置や排水芯、排水高などによって、設置できるトイレが異なるため、リフォームをご検討の際はぜひ知識を身に付けておきましょう。

 

・排水の位置

一戸建ての住宅とマンションでは排水管の位置が異なることが多くなっています。排水の位置は床と壁の2種類があり、それぞれ床排水と壁排水と呼ばれています。床排水が一般的な排水方法であり、床に接続された排水管を通って水が流れていきます。便器の下部分の床と接続されているため、排水管を目で見て確認することはできません。もう一つの排水方法である壁排水は壁に排水管が接続されている方法であり、一部のマンションなどで使われています。便器の後ろ側から壁につながっているので、目で見て確認することができます。

 

・排水芯や排水高

排水の位置が分かったところで、排水芯と排水高についても知っておきましょう。排水芯とは床排水のトイレにおける排水管の中央部分から壁までの距離、排水高とは壁排水における排水管の中央部分から床までの高さのことをいいます。一戸建ての住宅に多い床排水では排水管が見えないため、便器と床の接地面にある丸いキャップから壁までの距離を測ると排水芯が分かります。一般的にはメーカー各社で規格化されている200mmですが、200mm以外の場合もあるため注意が必要です。マンションでよく採用されている壁排水では、床から排水管の真ん中までの高さを測ります。規格化されている120mmの他に、155mmのものもあります。

 

◼ 床排水に対応しているトイレ

トイレのリフォームをする際には、排水方法を確認した上で対応しているトイレの中から選ぶ必要があります。一戸建ての住宅に多い床排水に対応しているトイレについてご紹介します。

 

・リクシル「サティスS」

リクシルのトイレリフォーム

リクシルが販売しているタンクレス「サティス」は、洗浄力はそのままに洗浄水量を減らすことをコンセプトとしています。リクシル独自の技術により、節水機能はもちろん地球環境にも配慮したエコなトイレに。電動で便座の隙間がリフトアップできるようになっていることやつなぎ目をなくしていること、凹凸のないフォルムによって、お手入れしやすいのも特徴。便器内に気流を発生させて循環させることで脱臭、プラズマクラスターイオンとの相乗効果でトイレの臭いを消臭してくれます。

商品の詳細はこちら

 

・Panasonic「アラウーノV」

アラウーノのリフォーム

アラウーノVは、価格帯の安い製品ですが、欲しい機能だけを選べるのが魅力です。他のシリーズと違う点として、便座と便器が分離すること、激落ちバブルの機能がないことがあげられます。パナソニック独自の方法によって少ない水できれいに流せるような設計になっています。また使っていない時間を自動で判断して節電したり、8時間後に電源が自動で復帰するようなタイマーが付いていたりと、節電効果の高い製品です。

 

アラウーノシリーズの中でも珍しく、手洗い場有りのタイプと無しのタイプから選べるのが特徴です。トイレ側部に付いているレバーを押すことでトイレを洗浄し、手洗い場から水が流れてくるのが一般的でしたが、アラウーノVは手洗い場の端にあるボタンを押して水を流し、手を洗うようになっています。

商品の詳細はこちら

◼ 壁排水に対応しているトイレ

マンションに採用されていることの多い壁排水には、どのようなトイレが対応しているのでしょうか。

 

・TOTO「ネオレスト」

ネオレストのリフォーム事例

タンクレストイレは便座の後ろのタンクがないためスタイリッシュな見た目であることが多いですが、中でもネオレストは角が少ないデザインが特徴です。家族が毎日使う場所なので機能性はもちろんのこと、デザイン性にもこだわって「魅力的なモノとしての存在感」を目指して作られました。角が少ないということは、角に汚れが溜まりにくくお手入れしやすい性質にもつながるのが嬉しいポイントです。

 

ネオレストには、渦を巻くような水流で洗浄する「トルネード洗浄」という方法が採用されています。従来の便器では水の勢いが弱いと汚れが取れにくい部分がありましたが、トルネード洗浄は便器全体に勢いよく水が流れるため、まんべんなく汚れを落としてくれます。トルネード洗浄は少量の水で流せる特徴も持っているため、節水につながるのもポイントです。ウォシュレットの機能の一つに「エアインワンダーウェーブ洗浄」というものがあります。水滴に空気を含ませることで大きな水の玉を作り、少ない水の量でおしりを快適に洗い流してくれます。ウォシュレットの水圧が強くて苦手だという人にとっても使ってみやすい機能となっています。

ネオレストAHの詳細はこちら

ネオレストRHの詳細はこちら

 

・Panasonic「アラウーノL150」

アラウーノのトイレ

アラウーノL150は、たくさんの機能が付いた最上位機種となっており、3つのグレードから選ぶことができます。ナノイーX、オゾンウォーター、温風乾燥、流水音、LED照明など、グレードによって搭載できる機能とできない機能があるため、グレード選びの際は要注意です。その他の機能としては、便器が有機ガラス系の樹脂であること、トリプル汚れガード、ターントラップ排水、激落ちダブル、チャイルドロック、オートでの開閉や脱臭、洗浄などが搭載されています。また停電時には乾電池で動くようになっているため、災害時などでも安心です。

 

アラウーノ本体の色は白しか選ぶことができませんが、蓋の色のみオプションで変えることができます。紅殻色や海松色、江戸鼠、ミッドナイトブルー、立体的な加工が施されている沙金、銀嶺、胴、ウッドボーダー、フレンチオリーブ、エボニーなどから家の雰囲気に合ったものが選べます。またパナソニックはディズニーとコラボレーションしている製品があり、アラウーノS141もそのうちの一つです。トイレの蓋にミッキーとミニーのシルエットが描かれているため、ディズニーが好きな方にはとても人気の高い製品となっています。

商品の詳細はこちら

 

・リクシル「アメージュZ」

リクシルのトイレ

アメージュZは便座のフチをなくした形状になっているため汚れが溜まりにくく、シャープなフォルムゆえに汚れても拭きやすいなど、お掃除が楽なのが特徴。パワーストリーム洗浄によって強力な水流が便器内に回り、少ない水でも汚れを洗い流すことができます。シンプルな機能の付いたシャワートイレであり、カラーバリエーションはピュアホワイトとオフホワイトの2色展開となっています。

商品の詳細はこちら

 

◼ トイレのリフォーム事例

トイレのリフォームを成功させるために、リフォーム事例を知っておくと参考になります。ハウジング重兵衛が実際に手掛けたトイレリフォームの事例をご紹介します。

 

・汚れが付きにくいトイレにリフォーム

きれいなトイレの事例

掃除をしにくかったことでお悩みでしたので、お掃除リフトの付いているLIXILのコーラル3を採用して汚れが付きにくいトイレに仕上がっています。トイレがきれいになったとお喜びいただけました。

ビフォーアフターはこちら

 

・座面が低くて座りにくかったトイレをリフォーム

トイレをリフォーム

トイレの座面が低くて座りにくかったトイレをリフォームする際に、カビが生えたクロスも同時にリフォーム。階段下にトイレがあるため狭く、スリムなタイプのLIXILのアメージュZをご提案致しました。トイレに行くのが楽しくなったと言っていただけました。

ビフォーアフターはこちら

 

・和式からパナソニック「アラウーノV」にリフォーム

シンプルなトイレのリフォーム

高齢で和式トイレが大変なので、使いやすいトイレにしたいとのことでご依頼をいただきました。キッチンに使用するキッチンパネルが掃除しやすいため、トイレにも採用したいとのことでした。光沢のある白い壁にすることで明るくなり、お手入れがしやすくなったと喜んでいただきました。アラウーノVは汚れがつきにくく、洗いにくい便器の縁もお手入れしやすいのが特徴。停電時にも排水できるようになっているため、もしものときにも安心です。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ まとめ

新しいトイレ

トイレのリフォームを行う際には、排水方法や排水芯・排水高についても知っておいた方が良いということをご紹介してきました。排水方法ごとに対応しているトイレの種類を参考にしながら、リフォームを検討してみてください。ハウジング重兵衛では、トイレをはじめとする水回りのリフォームを行っております。千葉県と茨城県でリフォームをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。