壁付けキッチンは目隠しできる?メリットとデメリットも知っておこう | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ

壁付けキッチンは目隠しできる?メリットとデメリットも知っておこう

キッチンは向きや形によってさまざまな種類に分けられますが、従来の日本で一般的だったのが壁付けキッチン。最近はリビングの方を向いて料理ができる対面式キッチンの人気が高いですが、壁付けキッチンにはメリットがあるため壁付けキッチンのままでリフォームしたいという方も多いかもしれません。

 

しかしリビングから手元が見えてしまうため、目隠しできたら嬉しいという声も。そこで壁付けキッチンのメリットとデメリット、目隠しするためのポイントをご紹介します。

 

◼ 壁付けキッチンとは

キッチンには向きや形によってさまざまな種類に分けられますが、従来の日本でもっとも一般的だったのが壁付けキッチン。キッチンの正面が壁に付いているタイプのキッチンで、料理をする人は壁の方を向いて作業を行うことになります。対面キッチンの人気が高まっている中でも、壁付けキッチンを採用している家も少なくありません。

 

◼ 壁付けキッチンのメリット

対面キッチンの人気が高い中でも、壁付けキッチンを採用している家が少なくないということは、たくさんのメリットがあるのではないでしょうか。

 

・リビングとダイニングを広く使える

壁付けキッチンのメリットとして一番にあげられるのが、隣接するリビングとダイニングを広く使えるということ。壁付けキッチンはLDKの端に位置するためデッドスペースができにくく、その分リビングとダイニングを広く確保することができます。

 

・料理に集中しやすい

壁付けキッチンは、壁の方を向いて作業するため料理に集中しやすいことがメリットの一つ。対面キッチンはリビングやダイニングの方を向いて調理するため、お子様や家族の様子を眺めながら作業できることがメリットとしてあげられますが、壁付けキッチンは対面キッチンのようにリビングやダイニングを眺めながら作業することはできません。しかし目の前が壁ということで、その分料理に集中しやすいことをメリットと感じる方も多いはず。

 

・収納を確保しやすい

対面キッチンでは吊り戸棚を設置するだけで圧迫感が出るため設置を諦めるケースもあります。しかし壁付けキッチンでは吊り戸棚を設置しても圧迫感が出ないため、収納を確保しやすいこともメリットの一つ。

 

・配膳が楽

対面キッチンは、カウンターをぐるりと回って配膳を行う必要がありますが、壁付けキッチンでは後ろを振り向くだけで楽に配膳することができます。家族の人数が多いと配膳する数も多いため、壁付けキッチンの方が効率良く作業できるといえるかもしれません。

 

◼ 壁付けキッチンのデメリット

壁付けキッチンにはメリットがたくさんあることが分かりましたが、デメリットもあります。メリットとデメリットそれぞれを把握しておきましょう。

 

・キッチン内の配置に工夫が必要

壁付けキッチンでは、壁側に設備や冷蔵庫、棚などを配置することが多いため、横移動が長くなってしまうことがあります。横移動が長すぎると作業効率が悪くなってしまうため、壁付けキッチンの向かい側に棚を置いてカウンター風にしたり、キッチンワゴンを活用したりといった工夫が必要です。

 

・リビングの家族と会話しにくい

壁付けキッチンは料理に集中しやすいというメリットをご紹介しましたが、リビングやダイニングにいる家族と会話しにくいことをデメリットに感じることもあるかもしれません。料理中に家族とコミュニケーションを取りたいかどうか、様子を眺めたいかどうか、によってメリット・デメリットが変わるポイントだといえます。

 

・キッチンが丸見え

壁付けキッチンは、キッチンの背面がリビングやダイニングとつながっているため、キッチンが丸見えになりがち。キッチン周りが散らかっていると、来客時に気になってしまいますよね。常にきれいにしておける人にとっては問題ないかもしれませんが、丸見えだと気になる人にとっては大きなデメリットだといえるでしょう。

 

◼ 壁付けキッチンの目隠しはできる?

壁付けキッチンのデメリットとして、キッチンが丸見えになりがちだということをご紹介してきました。壁付けキッチンの目隠しをしたいと思っている方も多いかもしれませんが、目隠しのための工夫をご紹介します。

 

・カウンター風の棚を置く

壁付けキッチンはキッチンの背面がそのままリビングやダイニングの空間とつながっていることがほとんどですが、背面にカウンター風の棚を置くことで目隠しの役割を果たすこともできます。作業できる程度の高めのカウンターを置くと視線を遮ることができますし、丸見えにならなければ良いということであれば低めの食器棚を置くだけでも多少の目隠しになります。

 

・間仕切りを設置

カウンター風の棚だけでは足りないという場合、リビングとキッチンの間に間仕切りを設置することも。キッチンが散らかっているときに来客があっても気にすることなくお客様を通すことができますし、リビングやダイニングで家族が静かに過ごしているときにキッチンでの作業音を抑えることもできます。

 

・隠せるようなゴミ箱を設置

壁付けキッチンではゴミ箱の存在感が大きくなってしまいがちですが、カウンターの下やシンク下の収納部分などに隠せるようなゴミ箱もあります。キッチンの手元だけではなくゴミ箱の存在を隠したい場合にも、隠せるようなものを選ぶなどの工夫をすることができます。

 

◼ 壁付けキッチンのリフォーム事例

壁付けキッチンを使っている方の中には対面キッチンにしたいと思われている方も多いかもしれません。壁付けキッチンから向きを変えるリフォームを行うと費用が高くなってしまうため、壁付けキッチンのままでもきれいに生まれ変わるリフォーム事例をご紹介します。

 

・奥様の好きな色のキッチンにリフォーム

ずっと使っているキッチンが古くなってきて、作用スペースが狭くて収納も使いにくいとのことでリフォームのご依頼をいただきました。奥様のお好きな色ということで、鮮やかなピンク色のキッチンを採用。食洗機を付けて家事を効率良く勧められるようにしたり、電子レンジ用の造作棚を設置したりと工夫してリフォームしました。

実際の施工事例はこちら

 

・段差が少なくてお手入れしやすいキッチン

長年使っていて古くなってしまったためキッチンを交換したいとのご希望。配管スペースにキッチンパネル施工を施すことで小物を置けるようなスペースを確保。予算通りに新しく生まれ変わったキッチンにリフォームすることができてご満足いただけました。

実際の施工事例はこちら

 

・配管工事も行って一新したリフォーム

キッチンを新しくお手入れしやすいものにリフォームしたいとのことでした。また脱衣所に洗面台を置くスペースがないため、キッチンに設置したいとのご希望も。キッチンお壁はお手入れしやすいようにキッチンパネルを貼り付け、システムキッチンはタカラスタンダードのホーロー製のものを採用。配管工事も同時に行うことで全てを一新したリフォームとなりました。

実際の施工事例はこちら

 

◼  まとめ

壁付けキッチンにはさまざまなメリットやデメリットがありますが、中でもキッチンが丸見えになってしまうことが気になる方も多いかもしれません。そこでキッチンの目隠しに関しての工夫をご紹介してきました。

 

ハウジング重兵衛は水回りのリフォームを得意としております。キッチンリフォームの実績も多数ありますが、今回ご紹介した壁付けキッチンのリフォームはもちろん、壁付けから対面キッチン、対面キッチンから壁付けキッチンといったさまざまなリフォームを手がけております。千葉県と茨城県でキッチンのリフォームをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。

著者情報

ハウジング重兵衛 編集部

ハウジング重兵衛 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所 必須
市区町村

以降の住所

ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。