2階にお風呂を設置することのメリットとデメリット | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
お風呂の増設事例

2階にお風呂を設置することのメリットとデメリット

多くの戸建て住宅では、お風呂は1階にあるのがほとんどかと思います。しかし家族の人数やライフスタイルによっては、「2階にお風呂がほしい」「1階だけではなく2階にもあると便利」ということもあるかもしれません。そこで2階にお風呂を設置することのメリットとデメリット、増設可能かどうかについてご紹介します。

 

◼ 2階にお風呂を設置するメリット

清潔感のあるリフォーム

1階にあることの多いお風呂ですが、2階にお風呂を設置することにもメリットがあります。お風呂を2階にしようか悩んでいる方、1階だけではなく2階にもお風呂が欲しいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

・1階を広々と使える

家族で住む家のお風呂は、ユニットバスで一般的に1坪~1.25坪。同じくらいの広さの洗面所を隣接させると仮定すると2坪~2.5坪のスペースが必要になります。お風呂を2階にすることで、1階のスぺースが2坪~2.5坪空くことになりますよね。広々と使えるとはいっても、たったの2坪~2.5坪ではそこまで変わらないのでは?と思うかもしれませんが、リビングを広げたり収納スペースを確保したりとかなり有効に使うことができます。ちょっとした書斎や子供の遊び場を作るなど、アイディア次第で1階の使い方が広がるはずです。

 

・1階に生活感が出にくい

お風呂や洗面所といった水回りは、生活感が出やすい場所の一つですよね。来客のためにきれいにしているときはよくても、ふとしたときに見られると生活感を隠し切れていなくて恥ずかしいと感じることもあるかもしれません。1階は来客時にお客様の目に入りやすいため、2階にお風呂があると、プライベートな空間であるお風呂をお客様に見られずに済みます。来客時でも家族が気兼ねなくお風呂に入ることができる点も安心です。

 

・洗濯の動線がスムーズに

2階にお風呂があることのメリットとして、洗濯の動線がスムーズであることもあげられます。お風呂に隣接している洗面所で洗濯機を回し、物干し竿のあるベランダやバルコニーに洗濯物を持って移動してから干しますよね。洗濯物を干す場所が1階にある場合はお風呂が1階でも動線に問題ありませんが、2階のベランダやバルコニーに干す場合は2階にお風呂があると動線がスムーズです。ただ一回階段の上り下りが増えるだけのように感じられるかもしれませんが、洗濯は毎日のことなので、少しでも動線が楽な方がいいですよね。お風呂の場所と洗濯物を干す場所の動線は事前に考えた上で間取りを決めるようにしましょう。

 

・浸水時の被害が少ない

最近は台風や大雨による浸水被害が起こることが増えてきていますよね。万が一浸水してしまうと、1階にある設備が使えなくなってしまいます。浸水の際にはお風呂などの設備だけではなく、家財や家の中の泥汚れなど他にも懸念材料はたくさんあります。まずは命を守ることが最優先ではありますが、水道やガス、電気が復旧したらすぐにお風呂を使えるのは2階にお風呂があることのメリットの一つだといえます。

 

◼ 2階にお風呂を設置するデメリット

お風呂のリフォーム事例

お風呂を2階に設置することのメリットをご紹介してきましたが、デメリットはあるのでしょうか。設置してから後悔することのないように、知識を身に付けておきましょう。

 

・1階への騒音

2階にお風呂を設置すると、1階への騒音が気になってしまう可能性があるのがデメリット。間取りによっては、2階にリビング、1階に寝室など家族の部屋を配置することもありますよね。遅く帰ってきた家族が2階でお風呂に入っていると、1階の寝室に響いてしまってなかなか寝れない…といったことも考えられます。そこまで音漏れがしないような設計にすることもできるかもしれませんが、間取りを考慮したりお風呂の使用時間を配慮したりと工夫が必要です。

 

・リフォーム費用

一般的に水回りは1階に設置されることが多いため、2階にお風呂を設置する際には配管を延長するなど追加の工事が必要になることも。そうなると費用が高くなってしまう可能性があるのがデメリットとなります。2階に配管を通すためには太い配管が必要となり、通すために間取りが制限されてしまうこともあるということを頭に入れておきましょう。

 

・シャワーの水圧

2階にお風呂を設置すると、シャワーの水圧が気になるという人も。2階にお風呂を設置すると、水を上に押し上げる力が必要になるため、水圧が弱くなるという問題が起こってしまいがちです。シャワーの水圧が弱いと、髪の毛や体を洗うときにプチストレスが溜まっていきますよね。特にオール電化の家では1階に給湯器を設置することが多いため、水圧が弱くなることがあるようです。オール電化の場合には高圧給湯器を選ぶことで、シャワーの水圧に悩まずに済みます。

 

・将来的な不安

家を建てる段階では問題がなくても、将来的に自分が高齢になったときや家族の誰かの介護が必要になったときのことを考えておきたいですよね。毎日の生活に必要なお風呂が2階にあると、高齢になったときや介護が必要になったときに大変な思いをしますよね。お風呂に入る際にわざわざ階段を上り下りしなくて済むように、1階にあった方が安心かもしれません。将来的な面も考慮した上で、お風呂をどこに設置するかを判断するようにしましょう。

 

・水漏れに注意が必要

最大のデメリットともいえるのが、水漏れ。2階にお風呂を設置すると、万が一水漏れしたときに1階が水浸しになってしまう可能性があります。施工不良ではない限りそう簡単に起こることではありませんが、万が一起こってしまったときが大変ですよね。また木造の戸建て住宅では水漏れによって木材が腐蝕することも考えられるため、家自体の強度にまで影響が出てしまいかねません。床下に点検口を設置して定期的に漏水点検を行う必要があります。2階にお風呂を設置しようと検討している場合は、業者に「水漏れが起こった場合どうしたら良いのか」について事前に確認しておくようにしましょう。

 

◼ 2階にお風呂を増設できる?

お風呂のリフォーム事例

2階にお風呂を設置することのメリットとデメリットをご紹介してきました。新築時にもお風呂の場所を悩むと思いますが、リフォーム時に2階にお風呂を増設したいと思うこともあるかもしれません。2階にお風呂を増設することはできるのでしょうか。

 

・大掛かりな工事になる

新築で家を建てたときと比べて家族の人数が増えたり生活リズムが変わったりすると、2階にもお風呂がほしいなと思うこともあるかもしれません。結論からいうと、2階にお風呂を増設することは可能です。しかし大掛かりな工事になることを頭に入れておく必要があります。もともと水回りの設備がなかった場所をお風呂にするので、給排水の配管工事やガス管の設置、電気の配線、水漏れを防ぐための防水処理加工などを行わなければなりません。

 

・補強工事が必要

お風呂は1坪~1.25坪が一般的なサイズですが、その狭いスペースに浴槽とお湯の重量がかかることになります。浴槽は素材によって重さが変わりますが、30kgから100kgを超えるほど重いものまであり、300リットルのお湯が入る浴槽ではお湯の重さだけで300kgになることも。これら以外にも人間の体重や浴槽以外の部材の重さもあるため、重みに耐えるための補強工事が必要になってきます。戸建て住宅は木造であることが多いため、築年数が経っている家や劣化の状況によっては、大掛かりな補強工事となることも頭に入れておきましょう。

 

・費用が高くなることも

ユニットバスの交換や浴槽の取り換えといった単純なリフォームとは異なり、2階にお風呂を増設する際にはさまざまな付帯工事が発生してしまいます。その上補強工事まで行うとなると、費用が高くなることが懸念されます。工期も長くなるため、リフォーム工事中のお風呂をどうするかという問題も出てきますよね。どのようなお風呂を選ぶかによっても費用は変わってきますが、500万円を超えるような場合もあることを頭に入れておきましょう。

 

◼ お風呂を増築した実際の事例

お風呂の増設事例

こちらのお宅では、もともと4.5畳の豪華なお風呂がありました。広すぎて寒く浴槽が大きすぎてお湯がもったいないため、ちょうど良いサイズのお風呂にしたいとのご要望からリフォームのご依頼をいただきました。愛犬のためにもともとのお風呂はそのまま残して、広いお庭にシステムバス分の1.25坪を増築してお風呂を設置することに。

お風呂の増設

増築ということで基礎工事から長い工期となってしまいましたが、快適にお風呂に入れているとのお言葉をいただきました。

実際の事例はこちら

 

◼ まとめ

ウッディなお風呂

お風呂は一般的に1階に設置されていることが多いですが、2階に設置しているお家もあります。新築で家を建てる際には、生活動線や間取りとのバランスを考えて2階に設置しようかなと悩んでいる人もいるかもしれません。2階にお風呂を設置することのメリットとデメリットをご紹介した上で、2階にお風呂を増設できるのかということもご紹介してきました。2階にお風呂を増設することは可能ですが、配管や給排水など大掛かりな工事になるだけではなく、補強工事が必要なことも。その分費用も高くなる可能性があるため注意が必要です。

 

ハウジング重兵衛は、お風呂をはじめとする水回りのリフォームを行っている会社です。新築住宅を手掛ける会社や外壁塗装を行う会社と一緒に住まいの総合プロデュースを行っているため、お風呂の増設も行うことができます。千葉県と茨城県でお風呂の増設やリフォームをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

シロアリ被害にあったお風呂のリフォーム

全面パネルで高級感のあるお風呂にリフォーム

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。