L型キッチンのメリットとデメリット、注意点とは | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
L型キッチンの収納

L型キッチンのメリットとデメリット、注意点とは

キッチンにはL型キッチンやI型キッチン、アイランドキッチン、ペニンシュラキッチンなどさまざまなタイプがあります。今回はL型キッチンのメリットとデメリット、注意点についてご紹介します。

 

◼ キッチンの種類

清潔感のあるキッチン

キッチンにはいくつかの種類があるため、リフォームする際には形状ごとの特徴を知っておきたいものです。今回詳しくご紹介していくL型キッチンを含め、I型キッチン、セパレート型キッチン、アイランドキッチン、ペニンシュラキッチンについて特徴をご紹介します。

 

・L型キッチン

L型キッチンとは、キッチンを上から見たときにアルファベットのLの形になっているタイプのことをいいます。調理台の部分がL字の角になり、コンロとシンクが直角になっています。全てが横並びのI型キッチンと違って、キッチン内での移動距離が短いのがメリットですが、L字の角をデッドスペースに感じてしまう人もいます。ゴミ箱を置いたり使う食材を置いたりする場所として有効に使える人にとっては魅力的なキッチンの形状かもしれません。

 

・I型キッチン

I型キッチンとは、コンロと調理台、シンクが横一列に並んだキッチンのことをいいます。キッチンを上から見たときにアルファベットの「I」の形をしているためI型キッチンと呼ばれています。キッチンの形状の中でもオーソドックスなタイプなので、リフォームの検討中に見かけたことがある人も多いかもしれません。料理をする上で使用するパーツが並ぶため、横に長いキッチンになります。

 

・アイランドキッチン

アイランドキッチンは、文字通り壁から離れて「島」のような形のキッチンのことをいいます。キッチンの片方からだけではなく両方から出入りすることができるため、複数人での調理がしやすいのがメリット。カウンターキッチンのようにリビングやダイニングの方を向いて作業をできるので、家族とコミュニケーションを取りやすい形状となっています。また開放感のあるデザインも特徴なので、おしゃれなキッチンにしたい人に非常に人気の形状です。アイランドキッチンを実際取り入れると、リビングやダイニング側への油跳ねや水跳ねに注意が必要です。

 

・ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンは「半島」を意味します。キッチンが壁から離れているアイランドキッチンに対して、片方だけ壁に付いていることからペニンシュラキッチンと呼ばれています。アイランドキッチンのようなおしゃれさがありつつ、アイランドキッチンの弱点をカバーできるメリットも持ち合わせています。壁と離れているアイランドキッチンでは壁とキッチンの間の通路を確保する必要がありますが、ペニンシュラキッチンでは通路分のスペースが必要ありません。

 

◼ L型キッチンのメリット

L型キッチンの収納

キッチンにはさまざまな種類があることが分かりましたが、今回はL型キッチンについて詳しくご紹介していきます。L型キッチンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

・作業スペースが広い

L型キッチンはコンロとシンクが直角に位置するようにL字型に配置されていることから、角の部分に拾い作業スペースを取ることができます。コーナー部分は奥行きもあるため、調理済みのものを置いておいたり、盛り付けの際にお皿を並べておいたりしても邪魔になりません。ゆとりを持って作業できるだけでも、料理中のストレスが軽減されますよね。

 

・収納スペースを確保しやすい

L型キッチンでは、シンクやコンロ、作業台の下の部分だけではなく吊戸棚を設置すると大容量の収納スペースを確保することができます。それだけではなく、シンクやコンロ、作業台の奥の部分が一段高くなっているキッチンでは、高くなっている部分に収納ラックを設置することも。調味料や調理用具を出しておいても散らかった印象になりにくいのがポイントです。たくさんの物を収納することの多いキッチンでは、収納のしやすさも作業効率にかかわってきますよね。キッチンに大容量の収納スペースがほしいという人はL型キッチンを検討してみても良いかもしれません。

 

・動線が良い

L型キッチンの最大のメリットともいえるのが、動線が良いという点。I型キッチンはコンロとシンクを行き来する際に横移動する形になり、キッチン幅の分だけ移動距離が長くなってしまいます。L型キッチンは横移動がなく、シンクとコンロの移動をしたいときに体の向きを変えるだけで済みます。下ごしらえや洗い物、調理といった複数の作業を繰り返すキッチンで、動線が良いことは作業効率の良さに直結してきます。例えば鍋に水を入れてコンロに移動する、使い終わった調理器具をシンクに置くといった一つ一つの作業を考えても、横移動が多いI型と比べて効率よくこなすことができますよね。使い勝手が良く家事の時間を短縮できるのはL型キッチンならではのメリットだといえるでしょう。

 

◼ L型キッチンのデメリット

清潔感のあるキッチン

L型キッチンには作業スペースが広いことと収納スペースが確保しやすいこと、動線が良いことがメリットとしてあげられます。実際にL型キッチンを採用するにあたって、デメリットも知っておきましょう。

 

・コーナー部分の使い方が難しい

L型キッチンはコンロとシンクが直角になるようなL字型になっています。コンロとシンクの間の角の部分を作業台として広く使うことができますが、コーナーである分使い方が難しいと感じる人も。奥行きがあることはメリットでもありますが、角になっているため使いづらくてデッドスペースになってしまうこともあるようです。コーナー部分にぴったり合うような家電を置いてしまったり、レシピ本を広げるスペースにしたり、収納スペースとして活用したりとさまざまな方法があるため、参考にしてみてください。

 

・広いスペースが必要

L型キッチンは作業スペースを広く取ることができる一方で、L型にできるような広いスペースが必要になります。リフォームでL型キッチンに変更しようと思っている場合は、これまでよりもリビングやダイニングが狭くなってしまうこともあるため注意が必要です。リビングやダイニングの広さを変えずにL型キッチンにしたいという場合は、キッチンスペースを確保しにくいため作業スペースが狭くなったり使いづらいキッチンになってしまうことも。新築でL型キッチンを採用するときはもちろん、リフォームをする際にも広いスペースが必要であることを認識しておきましょう。

 

・費用が高くなりがち

L型キッチンはメリットがたくさんある一方で、その分費用が高くなってしまうことが多いようです。メーカーや商品、グレードによっても費用は変わってきますが、I型キッチンと比べて10万~20万円ほど高いことも。I型キッチンからL型キッチンに変更するような場合は、壁や床などの内装工事も伴うことが多いため、更に費用が高くなってしまいます。

 

◼ L型キッチンを選ぶ際の注意点

L型キッチンの背面

L型キッチンのメリットとデメリットが分かったところで、実際に採用する前に知っておきたい注意点についてご紹介します。

 

・リビングやダイニングとのバランス

L型キッチンを採用する際には広いスペースが必要になるため、リビングやダイニングとのバランスも考えておかなければなりません。使いやすいキッチンにするために広いスぺースを取ろうと思うと、リビングやダイニングが狭くなってしまうためです。リフォームでL型キッチンに変更する場合、これまでのリビングやダイニングよりも狭くなってしまうと過ごしにくく感じられるかもしれませんよね。L型キッチンへのリフォームを検討している場合は、リビングやダイニングとのバランスを考えた上で採用を検討するようにしましょう。

 

・キッチン内の配置

L型キッチンを採用する上で注意しておきたいのがキッチン内の配置です。コンロやシンクがL字になっていることから作業スペースを確保しやすいのがメリットですが、背面に並べたい冷蔵庫や収納などの配置が難しいことも。広々としたスペースを確保できる場合は問題ありませんが、冷蔵庫しか置くことができない、もともと持っていたキャビネットやラックが入らない、といったことも。キッチン内の配置がうまくいかないと、せっかく効率よく作業できそうなキッチンを使いこなしにくいですよね。L型キッチンを採用する際には、広さを考慮した上で事前にキッチン内の配置を考えておくようにしましょう。

 

◼ L型キッチンのリフォーム事例

ハウジング重兵衛で行ったキッチンリフォームの事例のうち、L型キッチンにリフォームした事例をご紹介します。実際の事例を見ることで具体的なイメージをしやすくなるはずですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

・L型の大容量収納キッチン

大容量収納のL型キッチン

こちらはもともとL型だったキッチンをリフォームした事例です。物が多くて収納しきれないとのことでしたので、大容量収納のクリナップのキッチンをご提案致しました。ステンレスの天板をご希望だったこともあり、オプションの幅が広い捨てディアという商品をお選びいただきました。L型キッチンならではのキャスター式ワゴン、自動でお掃除してくれるレンジフード、食洗機など家事の手間を省けるような機能がたくさんで使い勝手の良いキッチンに仕上がりました。

実際の事例はこちら

 

・狭かった対面キッチンをL型キッチンに

L型キッチンのリフォーム事例

もともとの対面キッチンが狭くて使いにくく、開放感のあるキッチンにしたいとのことでした。対面の間仕切りを撤去して、壁付けの位置にすることで空間を広く取ることができました。パナソニックの3口コンロで使いやすく、大理石調の床材で明るいキッチンに。L型キッチンならではの使いやすさを生かしつつ、お客様のご要望にお応えできた事例となっております。

実際の事例はこちら

 

◼ まとめ

キッチンのリフォーム事例

キッチンにはL型キッチンやI形キッチン、アイランドキッチン、ペニンシュラキッチンなどさまざまなタイプがあります。その中でも今回はL型キッチンについてご紹介してきました。メリットとデメリット、注意点を参考にしながらどのタイプを選ぶかを決めるようにしましょう。ハウジング重兵衛では、キッチンをはじめとする水回りのリフォームを得意としております。お客様のご要望にできる限りお応えできるように努めておりますので、千葉県と茨城県にお住まいの方はぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県のリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。

お問い合わせはこちら