対面キッチンへのリフォーム リビングに繋げるアイデイアも | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
アイランドキッチンのリフォーム

対面キッチンへのリフォーム リビングに繋げるアイデイアも

アイランドキッチンのリフォーム

子育てに備えて対面キッチンにしたい…そんな想いで、キッチンのリフォームを計画されるご家族は多いのではないでしょうか?

その他にも、対面キッチンには、キッチンでの作業中にも家族とコミュニケーションをとりやすいという良さもあります。キッチンの奥の壁に窓がない場合には、壁に向かって調理をする圧迫感もなくなります。

ただ、床面積や部屋の形状によっては、対面キッチンにすると、使いにくくなってしまう場合もあります。対面キッチンへのリフォームを計画する際には、対面キッチンへのリフォームが実現できることを確認しておく必要があります。

対面キッチンへのリフォームをする為に必要な床面積

壁付キッチンから対面キッチンにする場合、キッチンに必要な最低床面積が変わってきます。壁付キッチンの場合、キッチンの側面や、後ろ側の通路は必要ありませんが、対面キッチンの場合は、側面と壁との間の通路が必要です。具体的に、キッチンレイアウトごとの必要床面積を確認していきましょう。

壁付Ⅰ型キッチン

シンク・コンロ・作業台が横一列に並んでいるキッチンです。メーカーによって差はありますが、一般的なサイズは、間口180~300センチ、奥行き65~60センチです。

ダイニング側との通路を、100センチから120センチとったとしても、3帖程度の床面積に収められます。

対面Ⅰ型キッチン

シンク・コンロ・作業台が横一列に並んで、ダイニング側に向いているキッチンです。キッチンレイアウトが占める床面積以外に、壁面とキッチンの間の通路に100センチから120センチです。さらに、壁面の収納にも床面積を使います。壁面に収納と並べて冷蔵庫を置く場合は、冷蔵庫の奥行に合わせると、凹凸ができず、使いやすい通路にできます。

通路の幅の失敗には、冷蔵庫の奥行を計算せずに、幅だけで決めてしまった結果、幅的には収まったが、冷蔵庫が収納面より飛び出てしまい、通行がしにくくなったというケースもあります。壁面収納の奥行によって変わってきますが、必要な床面積は4~5帖の床面積が必要です。

アイランドキッチン

同じ対面キッチンではありますが、アイランドキッチンの場合、Ⅰ型キッチンに比べると、キッチンのサイズが大きく、間口は240~270センチ、奥行きは75~100センチあります。加えて、両面に80センチ、壁との間には100センチから120センチの通路と、壁面収納を設けるので、6帖程度の床面積が必要です。

Ⅱ型キッチン

間口が狭く奥行きがある場合には、Ⅱ型キッチンにする方法もあります。Ⅱ型キッチンは、シンクと作業台、コンロと作業台が平行に並んでいるキッチンです。使いやすいⅡ型キッチンにする為には、120センチ程度の通路が必要です。完全な対面ではありませんが、壁付きキッチンよりは、対面に近い使い勝手にできます。

間口は、ダイニング側が120~225センチ、壁側が200センチ、奥行きはシンク側が60~65センチ、コンロ側が70~100センチです。小さいサイズのキッチンを選べば、2,5畳以下に床面積を抑えられます。少人数の家族であれば、ダイニング側のシンクに造作テーブルを繋げ、ダイニングテーブルとして使うと、リビングを広く使えます。

間取り変更も伴う対面キッチンへのリフォーム

対面キッチンリフォーム

対面キッチンにしたかったけれど、現在のダイニングキッチンでは、床面積が足りない…という場合、リビングと繋げる間取り変更を含めたリフォームという選択肢があります。

現在の間取りが、ダイニングキッチンとリビングに分かれている場合、リビングと繋げて床面積を確保するという考え方もあります。ただ、その結果、リビングが狭くなってしまうと、リビングの居心地が低下してしまいます。ダイニングセットとソファセットを置くには、床面積が足りない、というような場合には、対面キッチンの前面に、食事ができる幅のカウンターを設ける方法があります。ダイニングチェアを置くだけで、ダイニングとして使えるので、残りの床面積はリビングに使えます。

また、ダイニングとしても使えるソファセットにするという方法も、ダイニングの床面積を倹約できます。

使い勝手の良い対面キッチンにする為のポイント

手元が隠れる対面キッチン

壁付から対面にすると、使いやすくなる点と、使いにくくなる恐れのある点について考えていきましょう。

子供の見守り

子供の見守りがしやすくなります。子供が就学するまでは、常に見守りが必要です。見守りをする人が複数いる家族は少なく、ほとんどの家庭では、家事をしながら子供を見守る生活だと思います。このような場合、対面キッチンで、さらにリビングまで繋がって並んでいる間取りの場合、キッチンでの作業をしながら、子供の見守りができます。

子供が就学してからも、前面にカウンターを設けておくと、そこで子供が宿題をしたり、本を読んだりできるので、食事の支度をしながら、宿題を見てあげたりもできます。

調理中の作業と配膳のしやすさ

調理中には、背面にも物を置けるスペースがある、冷蔵庫や収納が背面になるので、食材や食器が取り出しやすいなど、作業がしやすくなります。また、前面のカウンターにキッチン内から出来上がった料理を置ける、片づけの際には、ダイニングテーブルを回り込まなくても食器類を運べます。

油はねと水はね

アイランドキッチンにすると、ダイニング側に向かって油や水が跳ねてしまいます。アイランドキッチンの雰囲気は変わってしまいますが、コンロの前面に油跳ねガードをつけるなどが必要かもしれません。

手元が見える

リビングとダイニングキッチンが並んで繋がっている間取りで、壁付キッチンの場合は、キッチン全体がリビングからの視界に入ってしまいます。それが嫌で、対面キッチンにしたいとリフォームを計画される方は少なくありません。ただ、対面キッチンにしても、すべてが隠れる訳ではありません。

キッチンそのものを、インテリアの一部として考える人は、アイランドキッチンを選ぶと思います。しかし、丸見え状態を何とかしたいという場合には、隠したい範囲に応じて、Ⅰ型対面キッチンの前面の壁の造り方を工夫する必要があります。

収納スペース

対面キッチンの前面にカウンターを設ける場合、その下の部分に収納スペースを設けることができます。

アイランドキッチンにする場合には、背面の収納を全面引き戸にし、調理器具や食器、買い置きの食料品など、生活感の出るものは、すべて収納して隠すというアイデイアもあります。

床面積を圧迫せずに収納を増やしたい場合、キッチンの上部に、吊戸棚を設けることもできます。アイランドキッチンの場合は、上部に、視線が抜けるような見せる収納を設けると、アイランドキッチンの開放的な雰囲気を損なうことなく、収納スペースを確保できます。

家電を思うような場所に配置できない

キッチンでは、たくさんの調理家電を使います。そして、壁付キッチンの時と、新しく対面キッチンになった時では、調理家電を置く位置、使う位置が変わります。適切な位置に、十分な量のコンセントがないと、タコ足配線になってしまい、危険な上に、掃除がしにくくなってしまいます。

炊飯器、電子レンジなど、置き型の家電は、置く場所とコードの長さ、ハンドミキサーなど、使う時だけ取り出す家電は、使う場所、収納する場所と、使いやすいコードの長さを具体的に想定して、コンセントの位置を決めることが大切です。

対面キッチンへのリフォームは、計画次第で、使いやすくなる場合も、使いにくくなってしまう場合もあります。ハウジング重兵衛は、お客様のご希望と、現在のキッチンの状態、ダイニングやリビングとの位置関係などをに合わせて、最適なプランをご提案いたします。

キッチンのリフォームを計画される場合には、ぜひご相談ください。

 

たくさんの事例がございます。どうぞご覧ください。

 

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所 必須
市区町村

以降の住所

ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。