キッチンのリフォーム箇所と実際の事例 | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
淡いブラウンのキッチン

キッチンのリフォーム箇所と実際の事例

キッチンのリフォームといっても、箇所はさまざまです。キッチンのパーツ、リフォームできる箇所についての知識をご紹介します。実際のリフォーム事例も参考にしながらリフォームを検討してみてください。

 

◼ キッチンのリフォーム箇所

明るい色のキッチン

キッチンのリフォームを行う際、既存のキッチンを撤去してシステムキッチンを導入するのが一般的です。システムキッチンはコンロと調理台、シンクが一体になっているキッチンのことをいいますが、その他にもパーツはたくさんあります。パーツを一つ一つ選んでキッチンを作り上げることもできるので、リフォーム前に知っておきたい、キッチンのパーツについての知識をご紹介します。

 

・コンロ

キッチンにおいて一番重要といっても過言ではないパーツがコンロ。ガスコンロとIH調理器のどちら選べるようになっているシステムキッチンもあります。少し前まではガスコンロが一般的でしたが、IHの割合が増えつつあります。ガスコンロとIHのメリット、デメリットを考慮した上で選ぶようにしましょう。

 

ガスコンロは火力の強さや調理器具を選ばないという点がメリット。また電気を使用しないため、停電時でも使用できるのはガスならではの強みです。その一方で火を使うことから夏場は部屋の中が暑くなりやすく、火事の原因になる可能性があることを忘れてはなりません。

 

IHは「インダクションヒーティング(電磁誘導加熱)」のことであり、ガスと違って火を使わないのが特徴です。IHはコンロから鍋やフライパンを外すと加熱が止まるようになっているので、消し忘れの心配がなく安心して使うことができます。ガスコンロと違って天板がフラットなので、お手入れしやすい点もメリットとしてあげられます。また電力で調理していることから、複数のコンロを同時に使用する場合、両方を強火にすることができないことも。使える鍋やフライパンが限られていることもIHのデメリットだといえます。

 

・シンク

コンロと並んでキッチンの重要なパーツであるシンク。凹みのある形状で、洗い物など水を流すときに使用するパーツのことです。シンク選びのポイントは、シンクの幅や形、お手入れのしやすさ、機能性、デザインなど。シンクの形には四角型とかまぼこ型の2種類があり、幅の広さや深さによっても使い勝手が変わってきます。シンクに使われることの多い、ステンレス、人工大理石、カラーステンレス、ホーロー、の4種類をご紹介します。

 

ステンレスは耐久性が高く、メンテナンスしやすいのがメリットですが、年数が経つと表面の光沢がなくなってしまいます。無機質な見た目が好きではない人もいるため、ショールームで実物を見てから選ぶことをおすすめします。人工大理石はアクリル系とポリエステル系の2種類に分けられ、どちらもデザインが豊富なのが特徴。ステンレスに比べてひび割れやすいのがデメリットです。カラーステンレスはステンレスにセラミックコーティングを施した素材のことで、ステンレスの無機質さを和らげることができます。ホーローは風合いが美しい素材ですが、衝撃によって破損することがあるため扱いが難しいかもしれません。

 

・天板

キッチンの天板は、食材を切ったり下ごしらえをしたりする作業台の部分のことをいいます。システムキッチンにおいてはコンロとシンクを繋ぐ部分でもあります。天板はステンレスや人工大理石、タイル、天然石といった素材の中から選ぶことができるため、好みや調理のスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

ステンレスは昔からある天板の素材であり、シンクの項目でもご紹介した通り耐久性に優れているのが特徴です。高い機能性を持ちながら費用を抑えることができるステンレスですが、細かい傷が付きやすいのがデメリット。人工大理石はアクリル系やポリエステル系の樹脂でできている素材であり、ステンレスに比べてデザイン性が高いため見た目を重視する人におすすめです。

 

海外で人気の高いタイルは、耐水性や耐熱性が高いことが特徴です。タイルを好みのデザインにすることができるので、キッチンに個性を出したいときにぴったり。タイルとタイルの間の目地が黒ずんでくることがあるため、お手入れが大変だということを頭に入れておきましょう。天然石の天板には御影石が使用されることが多く、自然の風合いが残ることが特徴です。重さがあることと費用がかかることがデメリットとしてあげられます。

 

・食洗機

食洗機は毎食後の洗い物の手間を削減できる便利な設備ですが、実際に導入するとどうなのか気になる人も多いかもしれません。「設置して良かった」という声がある一方で「使わないので設置しなければよかった」という意見も。リフォームで食洗機を設置するとき、食洗機のみを後付けするか、ビルトイン食洗機が組み込まれたシステムキッチンに変更するやり方になります。

 

もともとのキッチンがシステムキッチンである場合、食洗機をキッチンに組み込むことができますが、システムキッチンでなければ据え置き型を設置するのが一般的です。据え置き型を設置する場合は置けるスペースがあるかどうかを確認し、シンクから食洗機、食洗機から収納場所といった動線もチェックしておくと良いでしょう。

 

・システムキッチン

これまでご紹介してきたコンロやシンク、天板、食洗機といったパーツは、それぞれバラバラに選ぶこともできますが、一つにまとまったシステムキッチンにすることもできます。パーツごとにこだわったものを選びたいという人はバラバラで選び、統一感やお手入れのしやすさを重視したい人はシステムキッチンを選ぶことをおすすめします。

 

・キャビネット

システムキッチンにはシンクやコンロの下にキャビネットがある場合が多いですが、開閉方法によって引き出しタイプと開き戸タイプの2種類に分けられます。シンクの下部分をオープンにして、ダストボックスを設置できるようになっていることも。昔ながらのキッチンでは開き戸が主流でしたが、比較的安価である一方で収納の奥に入っているものが見えにくいのがデメリット。引き出しタイプは最近のキッチンでは主流の開閉方法となっており、奥に入っているものも見渡しやすいのがメリットです。ゆっくり閉まるような機能がついているものもあります。

 

・カップボード

キッチンの形状は大きく分けてカウンタータイプと壁付けタイプの2つがあります。カウンターキッチンではリビング側を向いて調理台、調理する人が動くスペース、その背面にカップボードや冷蔵庫を置くことができます。調理台の背面のカップボードに電子レンジや炊飯器といった小型家電を並べ、横に冷蔵庫を配置するのが一般的です。壁付けキッチンは文字通り壁の方を向いて調理をするキッチンのことであり、冷蔵庫や電子レンジなどの家電、カップボードの置き場を考えなければなりません。どちらの場合も、収納するものの種類や数を事前に把握した上でカップボードを選ぶようにしましょう。

 

・吊戸棚

調理台の上の部分に吊り下げられている戸棚のことを吊戸棚といいます。吊戸棚のメリットは何と言っても収納スペースを増やせること。お子様には手が届かないので、包丁やハサミなどの危険なものを収納しておく場所として使うこともできます。その一方で奥に収納したものが取り出しにくいこと、踏み台が必要なことがデメリットとしてあげられます。収納スペースを増やしたい場合に吊戸棚は重宝しますが、カウンターキッチンに吊戸棚を設置すると開放感が失われてしまうことも。リビングやダイニングとキッチンのつながりを重視する場合は吊戸棚がない方が良いかもしれません。収納スペース重視であったり壁付けキッチンを使用している場合は吊戸棚の設置をおすすめします。

 

・壁

火を使用するキッチンの壁には燃えにくい素材を使うという制限が適用される場合があるため、必ずしも好きな素材を選べるわけではありません。またキッチンの壁は調理中に使用する水や油が跳ねやすい場所なので、デザイン性だけではなく機能性やお手入れのしやすさも重要なポイントとなります。コンロ付近の壁はタイルかパネルが選ばれることが多くなっています。タイルはデザインが豊富で耐久性が高い一方、目地のお手入れが大変だというデメリットも。パネルは比較的安価でお手入れしやすい素材ですが、素材によっては傷が付きやすいこともあります。内装制限と重視するポイントを考慮した上でキッチンの壁を選ぶようにしましょう。

 

・床

壁付けタイプやカウンタータイプ、L型やI形など、キッチンの配置にはさまざまな種類があります。リフォームの際に、キッチンの配置を変える場合は床のリフォームも同時に行わなければならないことも。水回りであることから水漏れや腐食が起こっている場合は床の張り替えといった大規模なリフォームになる可能性もあります。

 

◼ キッチンのリフォーム事例

キッチンのリフォーム箇所についてご紹介してきましたが、実際のリフォーム事例を見ることでより具体的に想像しやすくなるはずです。そこでハウジング重兵衛が施工したキッチンリフォームの事例をご紹介します。

 

・広々とした調理スペースにリフォーム

紺色のキッチン

古くなってきたキッチンを新しくしたいとのことでリフォームのご依頼をいただきました。マンションのシステムキッチンを一新して、調理スペースを広く使えるプランをご提案致しました。

ビフォーアフターはこちら

 

・L型からI型にリフォーム

キッチンリフォーム

老朽化が進んでいることから、水回りをまとめてリフォームしたいとのことでした。キッチンはL型からI型にリフォームしたことで、広く使えるようなスペースとなっています。

ビフォーアフターはこちら

 

・開き戸から引き出しタイプのキッチンに

白の明るいキッチン

古くなってきたキッチンをリフォームして、引き出しタイプのキャビネットにしたいとのご要望がありました。白い色のキッチンを選ぶことで明るい雰囲気になっています。

ビフォーアフターはこちら

 

◼ まとめ

淡いブラウンのキッチン

キッチンのリフォームをする際に知っておきたいキッチンのパーツについてご紹介しました。好きなパーツをそれぞれ選ぶこともできますが、システムキッチンを導入することもできます。パーツごとの特徴を知った上で、ライフスタイルや家族の人数に合わせたものを選ぶようにしましょう。ハウジング重兵衛は、キッチンやお風呂、トイレといった水回りのリフォームを行っている会社です。千葉県と茨城県でリフォームを検討している方はぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県のリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。

お問い合わせはこちら