トイレリフォームで失敗しないためには?そのコツをご紹介

 

トイレのリフォームを検討中の方も多いのではないでしょうか?経年劣化あるいは、故障でトイレリフォームが必要になることがあります。その場合、失敗したくないという思いがあるはずです。そこで、ここではトイレのリフォームで失敗しないためのコツをご紹介します。

 

トイレリフォームで失敗しないために

トイレのリフォームをする場合、多くの疑問点があるでしょう。費用もそうですし、安全性や広さ、内開きか外開きかなどです。そのため、以下の3つの点に特に注意してトイレリフォームの依頼をするのが失敗しないためのコツとなります。

 

要望をできるだけ細かく伝える

トイレリフォームで最も大切なのが、「要望をできるだけ細かく伝える」ということです。よくある失敗例として、イメージとはまるで違ったというケースになります。

思っていたものと違ったというミスマッチを避けるためにも、可能な限り担当者に要望を細かく伝えことが大切となります。遠慮はせず、要望をしっかりと伝えるようにしてください。

 

10年以上先を見据えてリフォームする

トイレをリフォームする際には、「10年以上先を見据えてリフォームする」ことが重要です。今はまだ元気でも、10年後や20年後には足腰が弱っていることも考えられます。そのために、手すりを設置したり、車いすでも入ることができるようにバリアフリー対応にしたりするのも方法です。

現在ではなく、将来を見据えてトイレのリフォームをすることで、失敗する確率を下げることができるのです。

 

スペースの広さ

トイレのリフォームでは、「スペースの広さ」も大切。なぜなら、スペースが狭ければ圧迫感を感じることや、掃除がしにくいという不便があるためです。そのようなことがないように、快適に使用できる広さにするのがベスト。

家族の方それぞれ体格が違うので、最も体が大きい人を基準にしてトイレのリフォームをするようにしてください。

 

◼ 実績豊富なリフォーム会社を選ぶことが大切

トイレリフォームの依頼をするならば、実績豊富なリフォーム会社を選ぶことが大切です。トイレリフォームに強い会社で実績豊富なところを選べば、失敗しにくいでしょう。実績豊富でトイレリフォーム経験がたくさんある会社ならば、トイレのリフォームをする際にしっかりと要望を聞いてくれるのです。

 

◼ まとめ

トイレのリフォームの際には、上記に挙げたポイントを意識して依頼することで、トイレリフォームで失敗するリスクを下げられます。依頼する場合は、実績豊富なリフォーム会社を選ぶようにしましょう。ミスマッチをなくせるように、信頼できる担当者と話し合いをするのが望ましいのです。

 

ハウジング重兵衛では、トイレをはじめとする水回りのリフォームを手がけています。設備の交換や修理はもちろん、内装工事の施工実績も豊富ですので、千葉県や茨城県で水回りのリフォームをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。

ハウジング重兵衛 編集部のプロフィール

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。
Instagram

リフォームを中心とした住宅業界

免許登録

・一級建築士事務所 登録番号 第1-2004-7311号
・国土交通大臣 許可(般-30)第25003号
・宅地建物取引番号(5)第13807号

資格情報

・一級建築士
・二級建築士
・インテリアコーディネーター