リフォームとリノベーションの違いとは?メリットやデメリットも – ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
おしゃれなお風呂

リフォームとリノベーションの違いとは?メリットやデメリットも

混同しがちな「リフォーム」と「リノベーション」という言葉。明確な定義づけはされていませんが、実際には意味や用途によって使い分けられています。リフォームやリノベーションの違いについて、またそれぞれのメリットやデメリットについてご紹介します。

 

◼ リフォームとリノベーションの違い

おしゃれなお風呂

テレビや雑誌などでよく見かける「リフォーム」と「リノベーション」という言葉。違いを分からないままに何となくで使い分けている人もいるかもしれません。リフォームやリノベーションを検討している場合には知っておきたい、それぞれの特徴をご紹介します。

 

・リフォームの特徴

リフォームは英単語の「reform(=改良・改善)」が語源となっています。建築においては、古くなった家を新築のときのような状態に戻すことをリフォームといいます。賃貸物件の場合、入居者が出ていったあとで次の入居者が入る前に行う原状回復作業のことを指すこともあります。

 

家を建ててから年数が経つと、さまざまな箇所に不具合が出てくることでしょう。壊れてしまったり汚れてしまったりと状態は家によって異なりますが、マイナスになってしまった状態を元に戻すのがリフォームの役割です。

 

例えば、キッチンやお風呂を新しいシステムキッチンやシステムバスに交換、壁紙の張り替え、玄関ドアの取り換えなどがリフォームにあたります。小規模な工事からある程度規模の大きな工事まで、幅広く「リフォーム」と呼びます。

 

・リノベーションの特徴

リノベーションは英単語の「renovation(=刷新・修復・改造)」が語源となっています。リフォームがマイナスから元に戻す作業であるのに対し、リノベーションはプラスの価値を生み出す作業になります。新築の状態よりも良くしたり価値を高めたりというのがリノベーションの特徴です。建物を解体することはありませんが、間取りや内装などを一から作り替えることができます。

 

リフォームと比べるとおしゃれなイメージを持っている人も多いかもしれませんが、一から作り替えるため自由に設計できるのが魅力です。家族構成やライフスタイルが変わった場合にも、これから住む人に合わせてアレンジできます。

 

一戸建てはもちろん、マンションでもリノベーションを行うことができます。賃貸物件を探していると「フルリノベーション済み」といった表示を見たことがある人もいるかもしれませんが、外観が新しいというわけではなくても中に入るときれいにリノベーションされていることがあります。

 

◼ リフォームのメリットとデメリット

落ち着いたダイニング

リフォームを検討している場合、メリットとデメリットが気になることでしょう。魅力的なポイントと注意すべきポイントをご紹介します。リフォームとリノベーションで迷っている場合は参考にしてみてください。

 

・メリット

リフォームのメリットは、住み慣れた家の雰囲気を変えることなく不具合を治すことができるところです。リノベーションも建物自体を残すことはできますが、雰囲気が大きく変わってしまいます。住み慣れた家のまま今後も生活をしたい場合はリフォームがおすすめです。

 

また劣化した箇所だけを工事するため、工期が短く費用を抑えられるのもリフォームのメリット。工期や費用はリフォームの箇所や規模によって変わってきますが、小規模なリフォームであれば家で生活しながら工事を進めることもできます。工事中の仮住まいを用意する必要がないため、手間もかからず費用も抑えることができます。

 

・デメリット

リフォームはあくまでも新築と同じような状態に戻すことが目的です。不具合だけを治したいという場合にはデメリットではありませんが、デザインを変更したいという気持ちがある場合は、デザインの大幅な変更ができないという点がデメリットとなります。

 

また耐震性や断熱性といった構造部分の工事が必要になると、費用が高くなってしまうこともあります。あまりに高額の場合、建て替えた方が割安になる場合もあるため注意が必要です。このようにリフォームにもデメリットはありますが、家の中で不具合が起こった箇所がある場合は家の構造自体に問題が出ることのないよう早めにリフォームすることをおすすめします。

 

◼ リノベーションのメリットとデメリット

落ち着くリビング

リフォームと同じように、リノベーションにもメリットとデメリットがあります。場合によっては建て替えたり新築住宅を建てたりする方が良いこともるので、それぞれを考慮した上で検討してみてください。

 

・メリット

家を購入してから年数が経つと、建物が古くなるだけではなく家族構成やライフスタイルが変わることもあります。今の暮らしに合っていないとはいえ、家に愛着があるため引っ越しはしたくないという人もいるかもしれません。同じ家に住み続けながら、家族構成やライフスタイルが変わっても暮らしに対応できるのがリノベーションのメリット。

 

劣化した箇所ごとに修復を行うリフォームと違って、リノベーションは間取りを取っ払うなど大規模な工事がほとんどです。そのため間取りや内装などを自由に設計できるのもメリットの一つです。家を購入した当時と好みが変わっている場合にも、今の好みに合わせてデザインすることができます。

 

また新築物件を建てようと思うと、空いている土地を探す必要があります。都心部では土地探しに苦労することが多いため、希望のエリアで土地が見つからなかったり、周辺環境が気に入らなかったりすることがあります。中古住宅を購入してからリノベーションを行うのであれば、空いている土地に限定することなく選ぶことができます。

 

・デメリット

リノベーションは一から作り替えるため自由に設計できるというメリットがある一方、その分プランニングや実際の工事などで時間がかかってしまいます。理想の家にするためなら気にならないという人もいるかもしれませんが、早く新しい家に住みたいという人にとってはデメリットだといえるでしょう。

 

また安いからといってあまりに古い中古住宅を選ぶと、耐久性や耐震性に不安が残る場合もあります。耐震基準の見直し以前に建てられた家ではリスクがあるということも頭に入れておくと良いでしょう。

 

新築を建てるよりもリノベーションの方が費用を抑えることができますが、それでもローンを組む人がほとんどです。しかしリノベーションの場合は一般の住宅ローンを組むことができません。組むことができるのは住宅ローンよりも金利の高いリフォームローンなど。しかしリフォーム減税や自治体ごとの補助金を受けられる場合もあるため、費用を抑えたいのであれば事前に確認しておくことをおすすめします。

 

◼ 工事の進め方について

おしゃれなお風呂

ハウジング重兵衛でリフォーム工事を行う場合、まずはショールームにお越しいただくことで相談をお受けいたします。地域最大級のショールームとなっているため、事例や素材を見て体験できるのが強みです。お電話やメールでもお気軽にご相談ください。

 

家の状態やリフォームの希望をお聞きした上でお客様の家にスタッフが伺います。リフォーム箇所や周辺の環境を確認する「現地調査」を行います。現地調査では写真撮影やサイズ計測を行い、プランや工事内容を決めるための大切な工程となります。気になる点があればお聞かせいただければ幸いです。

 

家族構成やライフスタイル、希望、予算などを伺った上でプランを作成します。完成後のイメージは3Dイメージデザインによってご提案致します。プランや工事の内容が決まると正式なお見積りとなります。プランやお見積りは無料で行っておりますので、ご安心ください。

 

プランやお見積りを確認いただいた上で納得いただければ契約となります。アドバイザーや職人が力を合わせて、満足していただけるようなリフォームを実現します。工事を行う前には、近隣住民へのご挨拶や説明を行います。工事中もお客様とのコミュニケーションを図りながら進めることを心掛けています。

 

工事が終わると最終確認、設備の説明を行った上で引き渡しとなります。引き渡しが終わると関係も終わりになるのではなく、ハウジング重兵衛ではアフターサービスという形でお付き合いを続けていきます。長期保証や定期的な点検を行うことで、安心して生活していただけます。

 

◼ まとめ

洗面台のリフォーム

リフォームとリノベーションの違いについて気になっている人もいるかもしれません。リフォームは劣化した箇所を新築のような状態に戻すこと、リノベーションはプラスで新しい価値を生み出すことを意味します。それぞれメリットとデメリットがあるので、リフォームやリノベーションを検討している場合は参考にしてみてください。

 

1899年に創業したハウジング重兵衛は、家族を守る場所である家をくつろげる空間にすることを目的としてリフォームを行っています。創業120年の経験と実績から、安心の品質をお届けしています。ハウジング重兵衛は千葉県と茨城県でリフォーム事業を展開しており、千葉県に4店舗、茨城県に3店舗あります。お近くのショールームでお気軽にご相談ください。

 

・赤色で明るいキッチンに

赤色の明るいキッチン

古くなったキッチンを新しくしたいとのご希望でリフォームを行いました。赤色を選んだことで明るい雰囲気になり、料理をするのが楽しくなることでしょう。ステンレスキッチンを採用することで長持ちするのがポイントです。

「赤色で明るいキッチンに」ビフォーアフターをみる

 

・足を伸ばせるお風呂に

お風呂のリフォーム

足を伸ばして入れるようなクレイドル浴槽を採用し、リラックスできるお風呂に仕上がりました。安全のために手すりを設置し、フラットな蓋を選ぶことでお手入れも楽になることでしょう。

「足を伸ばせるお風呂に」ビフォーアフターをみる

 

・手を洗いやすいトイレに

清潔感のあるトイレ

年数が経過したことや水漏れがあったことからリフォームを検討されていました。手洗いボウルが広いため、手を洗いやすいのがポイントです。トイレの背面にはアクセントクロスを使用し、シンプルでありながらおしゃれな空間になりました。

「手を洗いやすいトイレに」ビフォーアフターをみる

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
相談ご希望店舗 必須
お名前 必須
電話番号 必須
ご相談内容任意
お問い合わせはこちら