人気が高まっている平屋|リフォームの例や注意点 – ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
平屋のリフォーム

人気が高まっている平屋|リフォームの例や注意点

家を建てようと考えているとき、さまざまなことを決めなければなりませんが、何階建てにするかも重要な問題です。二階建ての家が一般的かもしれませんが、他にも都心部では三階建て、広い土地がある場合は平屋といった選択肢もあります。そんな中でも人気が高まっている平屋についてご紹介します。平屋を二階建て、二階建てを平屋にするリフォームの例なども参考にしてみてくださいね。

 

◼ 平屋とは

平屋のリフォーム

平屋とは一階建ての家のことをいい、構造が単純であることや耐震性が高いことが特徴です。二階建てや三階建てにした方が土地を有効に使えることから、平屋の数は減っていました。日本に昔からある伝統的な民家というイメージが強かった平屋ですが、最近は平屋が持つさまざまなメリットから人気を集めています。

 

土地の価格が高いエリアでは平屋が選ばれることは少なく、二階建てや三階建ての家が一般的です。しかし郊外など土地を広く使えるエリアでは平屋が選ばれることが増えてきています。

 

◼ 平屋のメリット

和室のリフォーム

平屋が持つさまざまなメリットから人気が出てきているとお伝えしましたが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。一戸建てと聞くと二階建てを想像する人が多いかもしれませんが、具体的なイメージを膨らませるためにも平屋のメリットを知っておきたいものです。

 

・階段がないため移動が楽

二階建てや三階建ての家では、生活する上で少なくとも一階分の階段を上り下りしなければなりません。しかし平屋では階段を使うことなく家の中を移動することができます。リビングやダイニング、自室、トイレ、お風呂など、行きたいところへ平行移動のみで行くことができるのは大きなメリットだといえるでしょう。

 

また土地を有効に活用するという点においては二階建てや三階建ての方が有利な気がしますが、平屋では階段分のスペースを確保する必要がありません。階段によって生まれる階段下のデッドスペースを考慮する必要がないことや間取りを組みやすいこともメリット。階段のスぺースがない分、コストダウンにもつながります。

 

・安全性

階段がないということは、踏み外しなどによる転落や転倒の心配がありません。特に高齢の方や子供がいるご家庭では、階段が危なくて不安だということも多いはずです。今は階段の上り下りが苦痛ではないという場合でも、ずっと住み続けることを考えれば加齢で身体機能が衰えたときにも安心です。

 

また平屋は建物が低いため地震の揺れを受けにくく、強風に打たれる面積も狭いことから地震や台風に強い構造になっています。二階建てや三階建ての家では上の階の重みを家の構造が受け止めているため傷みが進みやすいですが、平屋は建物の重さがないことも災害時に有利だといえます。

 

・家族の気配を感じられる

家の中に家族がいる気配を感じられるのも平屋ならではのメリット。二階建てや三階建ての家だと、違う階にいる家族が何をしているのかが分かりにくいですよね。しかし平屋は必ず同じ階で家族が過ごしているため、違う部屋で違うことをしていたとして気配を感じることができます。

 

子どもが小さいうちは家の中で遊んでいる様子を見ることができたり、大きくなると帰宅後誰かと顔を合わせてから部屋に入るような習慣がついたり、大人だけの場合もコミュニケーションを取りやすかったりと、家族構成や世代を問わずメリットとなることでしょう。家族と干渉し合うわけではなく、家に帰ったときや出て行くときに自然と顔を合わせる機会が増えるという点が魅力です。

 

◼ 平屋リフォームの例

モダンな平屋

住まいとして平屋を選ぶ際、新築だけではなくリフォームという選択肢もあります。平屋に住みたい場合はもちろん、平屋から違う構造の家にしたい場合の例までたくさんご紹介します。

 

・古民家リノベーション

平屋を建てるためにはある程度の広さの土地が必要です。そのため都心部や住宅地で平屋を建てられるような土地を新たに探すのは難しい場合があります。そんなときにおすすめなのが昔からある平屋の民家をリノベーションするという方法です。住みたいエリアから築年数の経った平屋を見つけてリノベーションするか、二階建ての家を見つけて減築するという選択肢もあります。

 

最近では空き家が増えていることも問題となっているため、使っていない家をリノベーションして住むことは、空き家問題の解消にもつながります。日本の伝統的な古民家という文化を残しつつ、資源を活かすことができるのは古民家リノベーションの素敵なポイントです。

 

・ロフトを増築

もともと平屋に住んでいて、家族が増えたりライフスタイルが変わったりしたことで部屋数が足りなくなったということも考えられます。そういったときにはロフトを増築するのはいかがでしょうか。趣味のものを置く場所として、小学生の子供の遊び場として、などロフトは使い道がたくさんあります。平屋は天井が高い家が多いため、屋根の一番高い部分のスペースを使うことで屋根や天井をいじらずに一部分のみロフトを増築することができます。

 

しかしロフトを増築すると、広さによっては二階建ての家とみなされてしまうことがあります。そうすると家の申請をし直さなければならないこともあるため、ロフトを増築したい場合は建築基準法による扱いなども事前に確認するようにしましょう。

 

・二階建てに

平屋では居住スペースが足りなくなった場合、二階建てにリフォームしたいと思うこともあるかもしれません。家の構造によっては二階建てにリフォームすることも可能です。しかし家の重量が大きく増えるため、強度が十分かどうかを予め確認するようにしましょう。強度が足りないときは二階を増築する前に一階部分の強度を高める工事が必要な場合もあります。強度の補強や増築に関する工事の内容によって費用が変わるため、まずはリフォーム会社に相談してみることをおすすめします。

 

・増築

家のまわりに土地が余っている場合は、二階建てにするのではなく一階部分に増築することもできます。家の隣に一から新しく家を建て、もともとの平屋とつなぎ合わせるようなイメージになります。増築する部分の面積が10㎡を超える場合には建築確認申請を行う必要があるため注意が必要です。

 

・二階建てから平屋に

二階建てから平屋に減築と聞くと、わざわざ減らさなくても……と思う人もいるかもしれません。しかし使っていない空間を維持するためには掃除などのお手入れに手間がかかってしまいます。子どもが独立して家族の人数が減ったり、二階を長い間使っていなかったり、階段の上り下りが大変になったり、と減築にはさまざまな理由が考えられます。減築には以外と費用がかかる場合があるため、事前に確認するようにしましょう。

 

◼ 平屋リフォームの注意点

内装のリフォーム

平屋にまつわるリフォームにはさまざまな種類があることが分かりました。平屋のリフォームを行う際には、どのような点に注意したら良いのでしょうか。

 

・耐震性

平屋を新しく建てるためには、広い土地を探す必要があります。そのためもともと建っている平屋をリノベーションしたり、二階建ての家を見つけて減築をしたりすることもできます。新しく平屋を建てるという場合には問題ありませんが、リノベーションや減築する際に注意したいのが耐震性です。

 

建築基準法が改正された1981年以降に建てられた家では新しい耐震基準が適用されています。しかし築40年以上経っている平屋や民家では、古い耐震基準しか満たしていない場合があります。そのためリフォームやリノベーションをする際に耐震補強の工事を行わなければならないこともあることを頭に入れておきましょう。

 

・地盤

中古の平屋では二階建てのような重量を想定していないため、地盤の基礎が弱いことがあります。将来二階建てに増築するような可能性がある場合は、地盤改良工事や基礎工事を追加しておくことをおすすめします。せっかく地震や台風に強い構造の平屋なので、地盤の確認も怠らないようにしましょう。

 

◼ まとめ

平屋のリフォーム

昔ながらの日本の住宅というイメージが強かった平屋ですが、さまざまなメリットがあることから人気が高まっています。土地の価格が高いエリアではなかなか建てることが難しいですが、中古の住宅を購入してリフォーム・リノベーションすることもできます。平屋は階段がないため移動が楽であることや安全性が高いことがメリットとしてあげられます。高齢の方や子どもがいるご家庭では、転倒や転落の心配がないので安心して住むことができることでしょう。また家族の気配が近くに感じられることも平屋ならではの魅力です。

 

平屋に関係するリフォームには、中古の住宅をリフォームするだけではなく、ロフトや二階部分を増築したり、減築したりといった選択肢があります。古民家リノベーションは、空き家の解消や資源の活用にもつながるため、素敵な選択だといえるでしょう。平屋をリフォームする際には、改正前の耐震基準しか満たしていない場合があるため強度の補強工事が必要な場合があること、地盤の確認が必要であることが注意点としてあげられます。

 

ハウジング重兵衛では、千葉県と茨城県でリフォーム事業を展開しています。創業120年の経験と実績を活かして、お客様とのコミュニケーションを大切にしながら施工を行っています。リフォーム工事中はもちろん、リフォーム後のアフターサービスにまで力を入れています。千葉県に4店舗、茨城県に3店舗あるショールームは、「見て体験できる」空間となっています。駐車場やキッズスペースも完備しているので、ご家族連れでもお気軽にお越しいただけます。相談やプランの作成は無料で承っているため、千葉県と茨城県でリフォームを検討している場合はぜひお気軽にご相談ください。

 

リビングリフォームの事例

砂壁をクロスにリフォーム

和室を使いやすくリフォーム

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
相談ご希望店舗 必須
お名前 必須
電話番号 必須
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。