格安にキッチンをリフォームするコツとは? | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
白を基調としたキッチン

格安にキッチンをリフォームするコツとは?

キッチンが劣化したり不具合が出てきたりすると、リフォームを検討する頃かもしれません。キッチンリフォームには費用がかかるため、できるだけ安く抑えたいと思っている人も多いことでしょう。そこで格安にキッチンをリフォームするためのコツをご紹介します。

 

◼ キッチンリフォーム

白を基調としたキッチン

キッチンは、大きく分けてセパレートキッチンとシステムキッチンの2種類があります。セパレートキッチンは、コンロや調理台、シンクをそれぞれ選んで組み合わせるタイプ。システムキッチンは、コンロや調理台、シンクが天板によってつながっており一体となっているキッチンのことをいいます。キッチンにはセパレートキッチンとシステムキッチンという分類の他にもさまざまな種類に分けられるため、形による違いと向きによる違いについてご紹介します。

 

・形による違い

キッチンには形によってI型キッチンやL型キッチン、セパレートキッチン、アイランドキッチン、ペニンシュラキッチンなど、いくつかの種類に分けられます。それぞれ特徴や費用が異なるため事前に知識を身に付けておきましょう。I型キッチンとは、コンロと調理台、シンクが横一列に並んだキッチンのことをいいます。キッチンを上から見たときにアルファベットの「I」の形をしているためI型キッチンと呼ばれています。キッチンの形状の中でもオーソドックスなタイプなので、リフォームの検討中に見かけたことがある人も多いかもしれません。料理をする上で使用するパーツが並ぶため、横に長いキッチンになります。

 

L型キッチンとは、キッチンを上から見たときにアルファベットのLの形になっているタイプのことをいいます。調理台の部分がL字の角になり、コンロとシンクが直角になっています。全てが横並びのI型キッチンと違って、キッチン内での移動距離が短いのがメリットですが、L字の角をデッドスペースに感じてしまう人もいます。ゴミ箱を置いたり使う食材を置いたりする場所として有効に使える人にとっては魅力的なキッチンの形状かもしれません。

 

セパレート型キッチンは、コンロとシンクを別のスペースに配置するタイプのことをいいます。コンロと調理台、シンクを横一列に配置するI型キッチンに対して、二列に並ぶ形状であることから「Ⅱ型キッチン」と呼ばれることもあります。コンロとシンクが別であることから作業スペースが広い点がメリット。キッチンの幅を取ることができなくても作業スペースを生み出すことができます。

 

アイランドキッチンは、文字通り壁から離れて「島」のような形のキッチンのことをいいます。キッチンの片方からだけではなく両方から出入りすることができるため、複数人での調理がしやすいのがメリット。カウンターキッチンのようにリビングやダイニングの方を向いて作業をできるので、家族とコミュニケーションを取りやすい形状となっています。また開放感のあるデザインも特徴なので、おしゃれなキッチンにしたい人に非常に人気の形状です。アイランドキッチンを実際取り入れると、リビングやダイニング側への油跳ねや水跳ねに注意が必要です。

 

ペニンシュラキッチンは「半島」を意味します。キッチンが壁から離れているアイランドキッチンに対して、片方だけ壁に付いていることからペニンシュラキッチンと呼ばれています。アイランドキッチンのようなおしゃれさがありつつ、アイランドキッチンの弱点をカバーできるメリットも持ち合わせています。壁と離れているアイランドキッチンでは壁とキッチンの間の通路を確保する必要がありますが、ペニンシュラキッチンでは通路分のスペースが必要ありません。

 

・向きによる違い

形の他に、壁の方を向いているかリビングやダイニングの方を向いているのか、キッチンの向きによっても違いが出てきます。壁付けキッチンは文字通り、調理台を壁に引っ付けたような形のキッチンのことをいいます。壁の方を向いて調理を行うため、料理に集中できる点や背面の空間を有効活用しやすい点が壁付けキッチンのメリットです。その一方で食器棚の配置が難しい点やリビング側からキッチンが丸見えになってしまうのがデメリット。

 

そんな壁付けキッチンに対して、リビング側を向いて調理を行うのが対面キッチン。最近は壁付けキッチンよりも対面キッチンの割合が増えており、壁付けキッチンから対面キッチンにリフォームする事例もあります。対面キッチンはリビングやダイニングの方を向いて調理できるため、家族とのコミュニケーションを取りやすい点や開放感がある点がメリット。背面にカップボードを配置するとキッチン内の作業をしやすくなります。対面キッチンにすると背面カップボードとの通路が必要になるので、リビングやダイニングのスペースが狭くなってしまうことがデメリット。

 

◼ 格安にキッチンリフォームするコツ

シックな色味のキッチン

キッチンリフォームでは、キッチンの形状や種類によって費用が異なります。メーカーや商品もさまざまですが、グレードによっても費用が異なることに注意が必要です。I型キッチンは60~90万円が相場であり、安いものでは50万円、高いものでは120万円ほどするグレードもあります。L型キッチンは70~120万円が相場であり、65万円~130万円と幅広いグレードがあります。対面キッチンでは80~130万円が相場です。これらの相場をもとに、できるだけ安くキッチンをリフォームするコツをご紹介します。

 

・位置を動かさない

もともとあったキッチンの位置を別の位置に動かすと、リフォームの費用が高くなってしまいます。そのため格安にリフォームを行うためには、位置を動かさないことがポイント。移動を伴うキッチンリフォームでは、移動前と移動後の床や壁の補修、水道や電気工事も発生してしまうことが多いためです。壁付けキッチンから対面キッチンへのリフォームは人気がありますが、費用を抑えたいときには費用と要望のバランスを考える必要があるかもしれません。

 

・キッチンのグレードを下げる

キッチンリフォームでは、システムキッチンにかかる費用が大部分を占めます。そのため格安にリフォームするためにはキッチン自体の費用を抑えることが重要です。キッチンの設備には横幅の狭いタイプ、一般的な幅のタイプ、ハイグレードのタイプなどがあります。グレードの高いキッチンを見るとつい惹かれてしまうこともあるかもしれませんが、予算を考慮して冷静に判断するようにしましょう。また横幅の狭いタイプは一人暮らし用や1LDKなどの家に採用されていますが、価格が安いからといって家族で住む家に設置すると狭くて使い勝手が悪くなってしまうため注意が必要です。

 

・素材選び

キッチンにはさまざまな素材が使われていますが、比べやすいのがワークトップ。コンロから調理台、シンクまでが一体になっているシステムキッチンであれば、つながっている天板のことです。ワークトップはステンレスや人工大理石、タイルなどの素材が使われます。シンクや壁のパネルなどにもさまざまな種類があるため、特徴と費用のバランスを考えて選ぶようにしましょう。

 

・不必要なオプションは外す

キッチンリフォームを行う際、システムキッチンのグレードの他にオプションも選ぶ必要があります。オプションは見れば見るほど欲しいと思うこともあるかもしれませんが、格安にリフォームしたい場合は、そのオプションが本当に必要かどうかを冷静に判断するようにしましょう。

 

・アウトレット品を選ぶ

システムキッチンは定期的に新しい商品が販売されているため、旧モデルやショールームでの展示品が割引価格で販売されていることもあります。絶対に新しい商品や新品がいいという人もいるかもしれませんが、そこまでこだわりがない人はアウトレット品を活用するのもおすすめです。アウトレット品は保証期間が他の商品と異なる場合もあるため、購入前に確認するようにしましょう。

 

・業者を選ぶ際に相見積もりを取る

リフォームでは、同じ内容であっても業者によって費用が異なることもよくあります。業者を選ぶ際にはいくつかの業者に見積もりを取ってもらう「相見積もり」を取ることも費用を抑えることにつながります。キッチン本体の割引率が高い業者を選んでしまいがちですが、原価を高く設定しているだけの場合もあるため注意が必要です。

 

◼ 格安にリフォームするための業者選び

調理スペースの広いキッチン

リフォームの費用を決めるのは業者なので、格安にリフォームするためには業者選びも重要になってきます。そこで格安にリフォームするための業者選びのポイントをご紹介します。

 

・水回りリフォームが得意な業者

格安にリフォームするためには、水回りを得意とする業者に依頼することもポイント。リフォーム業者にはそれぞれ得意とする分野が違うため、水回りを得意としている業者を選ぶことで安心感があるだけではなく効率的に工事を行ってくれることでしょう。効率が良ければ職人さんの人数や工事にかかる日数にもかかわってくるため、費用を抑えることにもつながってきます。業者を選ぶ際には水回りを得意としている業者かどうかを確認するようにしましょう。

 

・相見積もりを取る

相見積もりとは、いくつかの業者に見積もりを出してもらって工事内容や内訳、費用を比較することをいいます。リフォームの工事自体に定価があるわけではないため、業者によって費用が異なります。リフォームは頻繁に行うわけではないため、提示された価格が適正であるかどうかが分からない場合もあります。相見積もりをすることで相場が分かったり、リフォーム内容に関する的確なアドバイスを受けたりすることができます。

 

◼ まとめ

広々としたL型キッチン

キッチンリフォームには費用がかかるため、できるだけ安く抑えたいと思っている人も多いはず。そこでキッチンリフォームを格安に抑えるためのポイントをご紹介してきました。ハウジング重兵衛では、水回りを中心にリフォーム事業を展開しています。千葉県と茨城県で水回りのリフォームを検討している方はぜひお気軽にご相談ください。

高さの合うキッチンにリフォーム

収納が大容量のL型キッチン

リフォームで調理スペースを広く

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。