玄関をリフォームするなら|ドアや収納、バリアフリーなど – ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
おしゃれな白いドア

玄関をリフォームするなら|ドアや収納、バリアフリーなど

玄関のドアというと、どのような形を想像しますか?開き方にはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なります。また玄関のリフォームにはドアだけではなく、収納やバリアフリーといった工事も含まれます。ハウジング重兵衛で実際に行ったリフォームの事例も合わせてご紹介します。

 

◼ 玄関のドアの種類

おしゃれな白いドア

玄関は家の印象を決めるといっても過言ではありません。来客時には一番見られる箇所でもあるため、きれいに保ちたいものです。それだけではなく防犯面や断熱性も重要なポイントとなります。まずは玄関リフォームの多くを占めるドアの種類についてご紹介します。大きく分けて4つの種類があり、それぞれ細かく分類される種類もあります。

 

・開き戸

開き戸は洋風の家によくあるイメージだという人も多いかもしれません。扉を開け閉めするスペースが必要となります。開き戸の中には、片開きドアと両開きドア、親子ドアの三種類があります。

 

片開きドアは片方のドアが左右どちらかに開く一般的なタイプです。右開きと左開きどちらにも対応できるため、玄関前のアプローチに合わせて決められます。両開きドアは左右両方の扉が開くことで開口を広く取ることができます。両方の扉を開けると開放感がありますが、その分スペースが必要です。親子ドアは片開きのドアと子扉を合わせたもののことをいいます。子扉は普段は閉めたままですが、大きな荷物を運ぶ際には開くことができるため便利です。

 

・引き戸

引き戸は和風のイメージがあるかもしれませんが、最近はデザイン性の高い引き戸が増えており洋風の家にも取り入れられています。引き戸は横にスライドさせて開け閉めするため、開き戸と比べるとスペースを取る心配がありません。家の敷地が狭い場合や、家の前がすぐ道路という家は引き戸がおすすめです。

 

開き戸を開けっ放しにするためにはストッパーが必要な場合があります。しかし引き戸では開けっ放しにするために手間がいらないため、荷物を持っているときにも便利です。子どもや高齢の方でも簡単に開けられるのが大きなメリットです。

 

・引き違い戸

引き違い戸とは、2枚の引き戸を左右にスライドさせて開けるドアのことをいいます。開ける方の戸をもう片方の戸側に寄せるため、開け閉めに必要なスペースは戸1枚分となります。網戸を設置しやすいという特徴もあります。スペースを取れる場合は、3枚や4枚の戸を重ねる引き違い戸もあります。

 

開き戸と比べると気密性が低いため、隙間風が入りやすかったり音漏れがしやすかったりするデメリットがあります。しかし静かに閉まる工夫や防音性の高いドアが出ているため、デメリットは解消されつつあります。

 

・引き込み戸

引き込み戸とは、壁の中に戸を引き込めるようになっているドアのことをいいます。昔ながらの日本家屋にある雨戸を想像すると分かりやすいかもしれません。引き込み戸は戸を収納できるためすっきりとした玄関に仕上げることができます。

 

引き戸の場合は戸の分のスペースを空けておく必要がありますが、引き込み戸であれば戸を引き込める袋の部分まで壁として使用できるのがメリット。その一方で、戸袋に物が入り込んでしまった場合、取り出すのが難しいことや戸を収納できなくなってしまうというデメリットもあります。またレール部分のお手入れについても頭に入れておく必要があります。

 

◼ 玄関リフォーム

リフォームアドバイザー

玄関のリフォームはドアだけではありません。家の顔ともいえる玄関を清潔感のあるおしゃれな空間にするために知っておきたい基礎知識をご紹介します。

 

・たたき

たたきは外から入ってきてそのまま土足で歩く部分です。土や外の汚れ、雨などで汚れやすいため、劣化が早いといわれています。来客時に目につきやすい部分でもあるため、汚れが気になるという人も多いことでしょう。たたきに使われる素材には、フローリングや大理石、クッションフロア、タイルカーペット、フロアタイルなどがあります。

 

フローリングは色や柄の選択肢が多く、傷に強いのが特徴。大理石は高級感がありながらお手入れしやすい素材です。クッションフロアは防水性や防汚性が高くカラーが豊富な上に比較的安い価格設定のものが多くなっています。タイルカーペットは断熱性に優れており、汚れた部分だけを交換することができます。フロアタイルは色や柄が豊富であり、丈夫な上に安価なのが特徴です。

 

フローリングやクッションフロアが使われることが多いですが、どのような雰囲気に仕上げたいかによって素材を選ぶと良いでしょう。素材によって費用も異なるため、事前に業者に確認するようにしましょう。

 

・靴箱

家を建ててから年数が経つと家族構成が変わり、靴箱の容量が足りなくなることもありますよね。「古くなったために交換したい」「靴箱を交換して模様替えしたい」といった理由でリフォームを希望する人もいるかもしれません。

 

玄関を入って左右どちらかに設置されている天井から床までの高さがあるタイプの靴箱や、靴箱の上に物を置けるようなカウンタータイプ、カウンターと吊戸棚がセットになっているものなどさまざまな種類があります。また玄関先にデッドスペースがある場合は、たたき内に小部屋タイプのシューズクロークを設けることもできます。

 

・収納

玄関に何を収納しておきたいかは人それぞれですよね。靴や傘といった最低限のものだけで良いという人もいれば、ベビーカーや自転車を収納できるスペースがほしいという人、コートや帽子などの外出時に必要なものまでまとめて置いておきたいという人もいるかもしれません。必要な収納容量は家族の人数によっても異なります。

 

靴箱以外の収納を考える場合、玄関に何を置けたら便利かを先に考える必要があります。ベビーカーや自転車といった大きいものを置きたい場合にはたたき部分を広く取るか、小部屋のようなクロークを作る必要があります。コートや帽子などを収納したい場合は、フックや収納棚が必要です。

 

・広さ

玄関リフォームで広さについて検討している場合、現在の玄関を狭く感じているということでしょう。ベビーカーや車いすを入れられるようなスペースを新たに作りたいという場合も考えられます。玄関の場合、同じ面積であっても奥行きよりも横幅が広い方が広く感じる傾向にあります。しかし靴箱とは別で小部屋タイプのクロークを作りたいときは横幅の広さを妥協する必要がある場合もあります。

 

十分な広さを取ることができない場合、光が差すような作りにすることで開放感を得ることができます。ドアの一部をガラスにしたり吹き抜けを作って天窓から採光を取るなどの選択肢も考えてみると良いでしょう。

 

・バリアフリー

高齢の方や体の不自由な方がいる家では、バリアフリーの玄関へのリフォームを検討されることもあります。段差がないことだけではなく、手すりを設置したり滑りにくい床材に変更したりといった工事もバリアフリーの一部です。

 

外と玄関、玄関と家の中の境目の段差をなくしたりスロープを設置したりすることで、つまずく可能性が下がります。手すりを設置するとバランスを崩しやすい場所でも体を支えることができるため、靴を履く際にも安心です。雨で玄関が濡れていると滑ってしまうことも考えられます。転倒を防ぐためにも滑りにくい床材に変更することをおすすめします。

 

◼ ハウジング重兵衛の施工事例

ハウジング重兵衛では、水回りだけではなく玄関や窓といった箇所でもリフォームを行っています。実際に行った玄関の施工事例をご紹介します。

 

・防犯性の高いドアに

明るい玄関ドア

防犯面や断熱性でお悩みとのことでリフォームをご希望でした。断熱材が入った複層ガラスであるLIXILのリシェントを使用することで、冷気が入りにくいドアになりました。またピッキング対策になる2ロックなので防犯面でも安心です。たくさんある色の選択肢からお気に入りのものを選んでいただきました。

玄関ドアリフォームのビフォーアフター

 

・開け閉めが楽なタッチキーに

モダンな引き戸

鍵が壊れたことから交換を検討中、夏場に暑くなってしまうことに関するご相談もいただいていました。鍵をタッチキーにすることで荷物を持っていても簡単に開け閉めできるように。ドア自体も断熱仕様のものに交換したため、夏場の暑さも解消されました。

玄関ドアリフォームのビフォーアフター

 

・塗装でごまかされていたドアを交換

シンプルな玄関ドア

以前リフォームを依頼した業者にて、傷を塗装で修復してもらったとのことでした。しかし短いスパンで再塗装をするのはコストパフォーマンスが悪いため、ドアを丸ごと交換することを提案。防犯面も安心できる上に見た目もご満足いただけました。

玄関ドアリフォームのビフォーアフター

 

◼ まとめ

おしゃれなキッチン

玄関のドアには開き戸や引き戸、引き込み戸、引き違い戸といった種類があります。開き戸の中には右開きと左開きがあり、オーソドックスな戸のタイプですが開け閉めするスペースが必要となります。引き戸は開き戸よりもスペースを必要とせず、楽に開け閉めをすることができます。引き込み戸は壁の中に戸を収納でき、引き違い戸は戸1枚分のスペースで開け閉めができるという特徴があります。

 

玄関リフォームはドアだけではなく、たたきや靴箱、収納、広さ、バリアフリーなどさまざまな種類があります。家を建ててから年数が経つと、家族構成が変わって必要な収納容量も変わります。靴箱のタイプや収納の広さ、玄関内のスペースなど家族に合ったものに変えていくことでより快適に過ごすことができます。高齢の方がいる家では段差の解消や手すりの設置などもご検討ください。

 

ハウジング重兵衛では千葉県と茨城県でリフォームを行っています。水回りを中心として、玄関や窓、内装なども手掛けています。お客様との信頼関係を大切にしながら施工を行います。千葉県に4店舗、茨城県に3店舗あり、実際に見て体験できるショールームとなっているため、ぜひお気軽にご来店ください。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
相談ご希望店舗 必須
お名前 必須
電話番号 必須
ご相談内容任意
お問い合わせはこちら