玄関ドアはリフォームで引き戸に交換できるの? | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
引き戸リフォーム

玄関ドアはリフォームで引き戸に交換できるの?

引き戸リフォーム

玄関のリフォームの際に、開き戸から引き戸に変えたいという場合、玄関ドアの状況によって、交換できる場合と交換できない場合があります。引き戸に交換できる状況と、引き戸に交換できない状況について、確認していきましょう。

玄関ドアを開き戸から引き戸に変える為に必要な条件

玄関ドアを交換する方法には、壁を壊さずに交換するカバー工法での工事と、壁を壊して交換する工事があります。

カバー工法の場合は、ドアの幅や、ドアの機能にもよりますが、30万円から60万円程度で、玄関ドアの交換リフォームができます。

壁を壊す場合には、100万円以上の工事費がかかります。例えば、玄関ドアの交換だけではなく、家全体のリフォームの一環として、玄関周りもリフォームをするというような場合には、壁を壊す工事をすることもあります。しかし、玄関ドアを引き戸のする為だけに、壁を壊すのであれば、他の方法を考えた方が良いかもしれません。

玄関内や家全体のリフォームの一環として玄関ドアを引き戸に交換する

家をまるごとリノベーションする、玄関内の収納スペースを増やす、玄関から居室への動線を改善するなど目的で、もともと壁を壊す予定がある場合には、引き戸の幅を確保できるので、玄関ドアを引き戸に交換できます。

現在の玄関ドアの間口が広い

現在のドアが両開きドアや、両袖ドアであれば、2枚建ての引き戸に足りる間口を備えているので、壁を壊さなくても、カバー工法で工事ができます。

玄関ドアの横の壁に余裕がある

現在のドアが、片開きドアあっても、玄関ドアの横の壁に、引き戸を引き込むだけの幅があれば、片引き込み戸に交換できます。片袖ドア、親子ドアであれば、2枚連動引きこみ戸にもできます。2枚連動引きこみ戸は、子扉や袖部分に使われていた間口も有効に使えるので、通行の幅がぐっと広がります。

玄関ドアだけが凹んでいるような造りの玄関の場合には、残念ながら引き戸に交換する方法はありません。

引き戸に交換すると使い勝手が向上する玄関周りの環境とは?

近年、一般的な戸建て住宅の玄関には、ほとんど玄関ドアが採用されています。ただ、玄関周りの状況によっては、開き戸より、引き戸に交換した方が、暮らしやすくなる場合があります。

ベビーカーや車椅子で出入りしやすい

両手に荷物を抱えている場合や、ベビーカーや車椅子で通行する場合、間口の広かったとしても、開いたドアが邪魔になり、出入りがしにくいという問題かあります。引き戸であれば、扉を抑える必要がないので、楽に通り抜けられます。

車椅子が通行できる間口の幅の目安は、75センチ以上ですが、同じ間口でも、引き戸と開き戸では使いやすさに大きな違いがあります。歩行介助も楽にできます。

玄関前のスペースを有効に使える

玄関に植物の鉢を飾りたいけれど、ドアを開けた時に邪魔になるから…と思うことはありませんか?または、雨の日に自転車を玄関の軒下に置きたいけれど、通行の邪魔になってしまうということもあるかもしれません。引き戸なら、前方にスペースをとらないので、鉢植えや自転車が置けます。

家具や大型家電の搬入がしやすい

親子ドアの場合には、大きなものを運び込む際には、子扉も開けられるので、間口の幅は広がりますが、扉が邪魔です。引き戸の場合は、開くだけでも場口が拡がりますが、戸を外すと、さらに通行の幅が広がり、間口いっぱいを搬入に使えます。

玄関内が明るくなる

玄関ドアにも、採光を重視したデザインはありますが、引き戸の採光量ほどではありません。格子のガラス部分から、玄関内に陽射しが採り込め、明るい玄関に変わります。

風通しを良くする

引き戸は、開いている幅を調整できるので、気候に合わせて開く幅を調整し、風を採りこむことができます。玄関からの風は、2階の窓へと通り抜けていくので、家全体の風通しも良くなります。引き戸専用の網戸を使えば、虫が侵入する心配もありません。

引き戸に交換するデメリットとは?

引き戸に交換した場合、デメリットはないのでしょうか?交換してから後悔しないように、引き戸への疑問を解決しておきましょう。

デザイン

モダンな外観、洋風な外観の住宅の場合、外観デザインに調和する引き戸はあるのかしら…?と疑問に思われると思います。最近は、引き戸の使い勝手の良さに魅かれる人が増えています。その為、和風住宅以外にも調和する、多彩な引き戸のデザインが揃っているので、その心配はありません。淡い色から濃い目の色まで、木目調のカラーが用意されている他、格子の大きさや、幅も様々です。

断熱性

通行はしやすくなりそうだし、玄関周りに鉢植えが置けるのは嬉しい、でもガラス部分が多いから、玄関の中が寒くなりそう…確かに、引き戸にして断熱性が下がってしまえば、玄関は快適に使えない場所になってしまいます。

ガラス部分に複層ガラスが使われている引き戸を選べば、断熱性が低下することはありません。

防犯性

引き戸に限らず、築年数の古い住宅の玄関のほとんどは、非常に防犯性が低いです。侵入強盗の手口は年々進歩しています。したがって、20年以上前の玄関は、現在の侵入強盗の手口に対する十分な対策が備わっていません。

新しい玄関引き戸には、ピッキングを防ぐディンプルキーが使われています。ピッキングとは、鍵穴に特殊な器具を入れて、開錠してしまうという侵入強盗の手口です。ディンプルキーは、複雑な形状なので、器具を使っても開錠できません。

また、室内側にも、室外側にも、それぞれ2ヶ所に錠がついています。4つの錠を開錠するには、時間がかかります。警視庁のデータによれば、開錠に5分以上時間がかかった場合、68.5%の強盗犯は、侵入をあきらめるそうです。たくさんの錠をつけることによっても、防犯性を高めています。

また、ガラス部分を破壊して、そこから腕を差し入れて、つまみを回し、開錠してしまうという手口もあります。この手口に対しては、つまみを取り外しできるようにしてあります。つまみがなければ、腕を差し入れても、鍵は開けられません。

加えて、引き戸の場合、戸が跳ね返って、閉めたつもりなのに、開けたままになってしまうことがあります。このようなことを防ぐ為、戸を閉めると、自動的に施錠される仕組みになっています。

キーレス

引き戸だと、リモコンキーやカードキーが使えないのでは…?と思われる方もいらっしゃいますが、リシェント玄関引戸なら、キーレスにできます。リモコンキーもカードキーも使えます。

ただ、リシェント玄関引戸には、引き込みタイプの引き戸がありません。その為、両開きドアや、両袖ドアなど、2枚建て引き戸と同じ幅のある玄関ドアからのリフォームの場合だけ、キーレスにできます。YKKAPドアリモの場合には、元の玄関ドアの間口が狭くても、横の壁に余裕があれば、交換できるのですが、リモコンキーにはできません。

■ ■ ■

玄関ドアから引き戸への交換は、引き戸から玄関ドアへの交換と違い、様々な制限がありますが、その制限をクリアしていれば、使い勝手の良い引き戸に変えることができます。

カバー工法での工事は、壁を壊さないので費用が抑えられるだけはなく、1日で完了するという良さもあります。工事に何日もかかると、その間は家を空けられないので、共働きのご家庭では、スケジュールの調整が大変だと思います。カバー工法なら休みの日を1日当てるだけで、夕方には工事が完了します。

出入りをしやすくしたい、玄関周りを広々使いたい…そのような希望を、引き戸への交換で叶え、使い勝手の良い玄関にしませんか?

玄関以外にも、家の中に、使い勝手の悪い場所がが出てきた時には、いつでもお気軽にご相談ください。

たくさんの事例がございます。どうぞご覧ください。

 

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所 必須
市区町村

以降の住所

ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。