I型キッチンの特徴やメリットとデメリット | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ

I型キッチンの特徴やメリットとデメリット

キッチンのリフォームをする際、これまでと同じ形にするかイメージをガラリと変えるか悩みますよね。

 

キッチンにはI型やL形、セパレート型、アイランドキッチンなどさまざまな種類があります。その中でも一番オーソドックスなI型キッチンの特徴やメリットとデメリットをご紹介します。

 

◼ コラムのポイント

1、I型キッチンについて知識を得ることができます

2、I型キッチンのメリットとデメリットが分かります

3、I型キッチンを選ぶ際の注意点を学ぶことができます

 

 

◼ I 型キッチンとは

紺色のキッチン

キッチンにはいくつかの種類があるため、リフォームする際には形状ごとの特徴を知っておきたいものです。今回詳しくご紹介していくI型キッチンは、コンロと調理台、シンクが横一列に並んだキッチンのこと。

 

キッチンを上から見たときにアルファベットの「I」の形をしているためI型キッチンと呼ばれています。

 

キッチンの形状の中でもオーソドックスなタイプなので、リフォームの検討中に見かけたことがある人も多いかもしれません。料理をする上で使用するパーツが並ぶため、横に長いキッチンになります。

 

I型キッチンの他にもおしゃれなキッチンはたくさんあります。アイランドキッチンについてはこちら
アイランドキッチンへのリフォームのメリットとデメリット

 

◼ I型キッチンのメリット

落ち着いた色のキッチン

キッチンの形状にはさまざまな種類があり、その中でもI型キッチンは一番オーソドックスな形状であることをご紹介しました。I型キッチンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

・広いスペースが必要ない

I型キッチンは、他の形状と比べて広いスペースを必要としないのがメリットです。

 

I型キッチンの中でも壁付けタイプとカウンタータイプに分かれますが、壁付けタイプはキッチンと調理する人が立つ通路さえあればキッチンとして成立します。カウンタータイプはリビングやダイニング側を向いてキッチンがあり、調理する人が立つ通路の背面にカップボードなどを配置することになります。

 

特に広いスペースが必要ないのが壁付けタイプのI型キッチン。カウンタータイプは壁付けタイプに比べるとスペースを必要としますが、それでも他の形状よりは省スペースなのがI型キッチンのメリットです。

 

・作業効率が良い

I型キッチンはコンロと調理台、シンクが横一列に並んでいるため、横移動のみで作業を行うことができます。体の向きを変えたり無駄な動きをすることがないため作業効率を上げられる点もI型キッチンのメリットだといえます。

 

コンロの下に鍋やフライパン、調理台の下に調味料、シンクの下にボウルなど、使う場所に合わせた収納を考えることでより効率良く動くことができることでしょう。

 

・比較的安価

キッチンのリフォームには、システムキッチンを交換するだけの工事から形状や位置を変更する工事までさまざまな種類があります。

 

I型キッチンはシステムキッチンの交換だけであれば比較的安価に抑えられるのもメリット。L型からI型、アイランドキッチンからI型といったように形状を変えたり、キッチンを別の位置にずらしたりする場合は、壁紙などの付帯工事が必要になるため費用が高くなる傾向にあるため注意が必要です。

 

最新キッチンに搭載されている機能について気になる方はこちらもご覧ください
最新キッチンはどれを選ぶ?搭載されている機能や選び方のポイント

 

◼ I型キッチンのデメリット

たくさんのメリットがあるI型キッチンですが、もちろんデメリットもあります。I型キッチンにリフォームしようと思っている場合は、デメリットも考慮した上で選ぶようにしましょう。

 

・幅が広いと横移動が長くなる

家族の人数が多かったり、複数人で調理をすることが多かったりすると、キッチンを広く使えた方が良いですよね。I型キッチンで広さを取ろうと思うと、横幅を広く取ることになります。幅が広いと横移動が長くなり、動線が悪くなってしまうのがデメリット。

 

実際に使い始めなければ分からない部分もあるかもしれませんが、デメリットになり得る箇所は予め認識した上で対策を練る必要があります。

 

・キッチンの中が見えやすい

壁付けタイプのI型キッチンでは、リビングやダイニング側からキッチンの中が丸見えになってしまいます。

 

来客時にキッチンへの視線が気になるという人は注意が必要です。カウンタータイプであればカウンターの高さがあるため、壁付けタイプほどキッチンの中が見えるということはありません。しかし丸見えになってしまうからこそ、常にきれいに保とうという意識につながることもあるかもしれませんね。

 

壁付けキッチンの目隠しについて対策したい方はこちらも参考にしてみてください
壁付けキッチンは目隠しできる?メリットとデメリットも知っておこう

 

・カウンタータイプでは臭いや水はねに注意

カウンタータイプのI型キッチンではリビングやダイニング側に臭いがしてしまうこと、水はねの可能性があることに注意が必要です。

 

アイランドキッチンやペニンシュラキッチンと比べてカウンターに高さがあればそこまで水が跳ねることはないかもしれませんが、吊戸棚がなく開放感のあるカウンタータイプであれば臭いはこもりやすくなってしまいます。さまざまなメリットがあるカウンタータイプのI型キッチンですが、臭いや水はねには気を付けるようにしましょう。

 

◼ I型キッチンを選ぶ際の注意点

黄色の明るいキッチン

I型キッチンのメリットとデメリットが分かったところで、実際に導入する前に注意点も確認しておきましょう。

 

・実物を見てから決める

I型キッチンだけに限ったことではありませんが、キッチンリフォームで商品を選ぶ際には必ず実物を見てから決めることをおすすめします。キッチンはデザイン性や機能性はもちろん、主にキッチンを使用する人の身長と合った高さのものを選ぶことも忘れてはなりません。

 

創業120年のリフォーム会社『ハウジング重兵衛』のショールームには、リクシル、パナソニック、クリナップ、タカラスタンダードといった各メーカーの商品を多数取り揃えています。実際に見て、デザインや機能性、高さをしっかり確かめてから商品を選ぶようにしましょう。

 

・位置を変えるときは注意

キッチンのリフォームではシステムキッチンの交換だけではなく、形状や位置を変えることもあります。システムキッチンの交換だけであれば比較的費用を抑えられるのがI型キッチンのメリットですが、形状や位置を変えるときには注意が必要です。

 

もともとキッチンと壁や床が接していた部分がむき出しになると、壁や床のクロスの張り替えが必要になります。大掛かりなリフォームになることもあるため、費用や工期の確認を怠らないようにしましょう。

 

キッチンリフォームを成功させるために、失敗例も知っておきましょう
キッチンリフォームでよくある失敗とは?リフォームを成功させよう

 

◼ まとめ

爽やかなキッチン

今回ご紹介したI型キッチンは、数あるキッチンの形の中でもオーソドックスな形状であるため馴染みがある人も多いのではないでしょうか。I型キッチンは壁付けタイプとカウンタータイプに分かれ、それぞれ特徴が異なります。壁付けタイプは特に設置するためのスペースを必要としないこと、カウンタータイプは家族とのコミュニケーションを取りやすいことがメリット。その一方で壁付けタイプはリビングやダイニング側からキッチン内が丸見えになってしまうこと、カウンタータイプは臭いや水はねに注意が必要です。

 

創業120年のリフォーム会社『ハウジング重兵衛』では、キッチンリフォームの商品を多数取り揃えております。各メーカーの商品を実際に見て、デザイン性や高さを確認することで、リフォーム後の生活を想像しやすくなることでしょう。駐車場やキッズスペースも完備しているので、お休みの日にご家族連れで気軽にお越しいただけます。千葉県と茨城県でリフォームをご検討の際は、ハウジング重兵衛にご相談ください。

 

 

著者情報

ハウジング重兵衛 編集部

ハウジング重兵衛 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所 必須
市区町村

以降の住所

ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。