対面キッチンのメリットとデメリット、注意点をご紹介 | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
開放感のあるキッチン

対面キッチンのメリットとデメリット、注意点をご紹介

キッチンには、壁の方を向いて調理をする壁付けキッチンと、リビングやダイニング側を向いて調理をする対面キッチンの2種類があります。人気の高い対面キッチンのメリットとデメリット、選ぶ際の注意点をご紹介します。キッチンリフォームをご検討の際はぜひ参考にしてみてください。

 

◼ 対面キッチンとは

おしゃれなキッチン

キッチンには壁付けキッチンと対面キッチンの2種類があり、それぞれ特徴が異なります。壁付けキッチンは、調理中に家族の様子を見渡すことはできませんが、背面のスペースを有効に使うことができます。その一方で対面キッチンはリビングやダイニングを見渡すことができるため家族とのコミュニケーションを取りやすいのが特徴です。

 

対面キッチンにはI型やL型、アイランドキッチン、ペニンシュラキッチンといったさまざまな形状があります。I型はコンロと調理台、シンクが一直線に並んでいるキッチン、L型はLの字のように曲がっているキッチンのこと。アイランドキッチンは対面キッチンを壁から離して島のように配置したもの、アイランドキッチンの左右のどちらかが壁に接しているものをペニンシュラキッチンといいます。壁付けキッチンと対面キッチンのどちらにするかはもちろん、I型やL形など形状選びも重要です。

 

◼ 対面キッチンのメリット

開放感のあるキッチン

人気が高い対面キッチンに憧れているという人も多いかもしれませんが、どのようなメリットがあるのでしょうか。実際に対面キッチンを選んでよかったという人もいれば、予想よりも使いにくかったと感じる人もいます。自分や家族にとってもメリットであるかどうかをしっかり確認しましょう。

 

・リビングやダイニングを見渡せる

対面キッチンの一番のメリットは、料理をしながらリビングやダイニングを見渡せるという点です。壁付けキッチンだと壁の方を向いて調理するため、料理中に家族とコミュニケーションを取りにくいのが難点。一日のうちキッチンに立っている時間は長いため、特に小さいお子様や高齢の方、ペットがいる場合は料理中に目を配ることができたら安心ですよね。

 

リビングで流れているテレビを見ながら料理をしたいという人にも対面キッチンはおすすめ。壁付けキッチンであればテレビを見ながら料理をすることはできませんが、対面キッチンではテレビを見たり家族と会話をしたりしながら料理できるというのもメリットです。

 

・リビング側から手元が隠れる

対面キッチンはリビング側から手元が隠れるのもメリットの一つです。壁付けキッチンは来客時にキッチンの中が丸見えになってしまいます。しかし対面キッチンはカウンターに高さがあるため、キッチンの中だけではなく手元も隠れます。料理を出すことのない来客であっても、洗い物が溜まっていたり片付けをしていなかったりすると見られたくありませんよね。料理を出すことがある来客であれば、料理中の手元を見られるのが恥ずかしいという人もいるかもしれません。どちらの場合であっても来客時にキッチンが見えることが気になる人にとって、視線を気にする必要がない点はメリットだといえるでしょう。

 

・キッチン内で動きやすい

壁付けキッチンでは横移動のみで作業をしなければなりませんが、前後にも動くことができて作業しやすいのが対面キッチンの特徴です。対面キッチンでは、シンクと調理台、コンロを前にして立つと、通路を挟んで後ろ側にカップボードや収納を設置することができます。背面収納から出した食器をカップボードの上に置いておくと、コンロから振り向くだけで簡単に盛り付けることができます。

 

また調理台とシンクの前にカウンターが設置されている場合、盛り付けたお皿をカウンターに出すことができます。料理をしている人がカウンターに出し、家族がカウンターからダイニングに並べる、など家族で分担することもできます。料理中の作業だけではなく、配膳も楽に済ませることができるのは大きなメリットです。

 

◼ 対面キッチンのデメリット

ナチュラルなキッチン

対面キッチンにはメリットがたくさんある一方、デメリットもあります。期待してリフォームしたにもかかわらず、予想外に使いにくかったというようなことがないよう、デメリットもしっかり把握しておきましょう。デメリットを事前に知っておくことで、対策を講じることもできるかもしれません。

 

・臭いや油跳ね、水跳ね

対面キッチンは、リビングやダイニングと一体感のある空間が魅力ではありますが、それゆえに臭いが広がりやすいのがデメリット。コンロの上には換気扇が設置されていますが、特にIHの場合は室内に臭いがこもりやすい性質があるため注意が必要です。

 

またリビングやダイニングとの間がカウンターで区切られているとはいえ、油や水が跳ねてしまうことがあります。カウンターに高さがないアイランドキッチンやペニンシュラキッチンでは特に油跳ねや水跳ねが気になるかもしれません。キッチンだけではなくリビングやダイニング側の床のお手入れも大切です。

 

・来客時に視線を感じることがある

カウンターに高さがある場合は手元が隠れるのがメリットだということをご紹介しましたが、アイランドキッチンやペニンシュラキッチンのようにフラットなキッチンだと手元やキッチン内が丸見えになってしまいます。来客時の視線が気になりそうという場合は、カウンターに高さを設ける方が良いかもしれません。

 

・ある程度の広さが必要

対面キッチンは、カウンター部分と通路、背面のカップボードや収納、と広いスぺースが必要です。壁付けキッチンはシンク、調理台、コンロのスぺースだけで良いため、人の背面からリビング、ダイニングまでのスぺースを有効に活用できます。そのため壁付けキッチンから対面キッチンにリフォームする場合、リフォーム前よりもリビングやダイニングの空間が狭くなってしまう可能性があることを頭に入れておく必要があります。

 

◼ 対面キッチンを選ぶ際の注意点

清潔感のあるキッチン

対面キッチンのメリットとデメリットをご紹介しましたが、対面キッチンを選ぶ前に注意点も知っておきましょう。設計図だけでは分からないようなポイントもあるため、実際に住み始めてから後悔することが多いところを中心に注意点をご紹介します。デメリットの対策にもつながるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

・通路の幅

対面キッチンは壁付けキッチンと比べてスぺースが必要であることをご紹介しました。作業するスペースも必要ですが、それによって通路の幅が狭くなると動きにくくなってしまいます。主にキッチンを使うのが女性である場合、一般的に80~90cmの通路幅があれば使いやすいといわれています。複数人で使用することが多い場合は100~125cm程度の通路幅があると良いでしょう。このとき通路の後ろには背面カップボードや収納、冷蔵庫などを設置することを忘れないようにしましょう。

 

・臭いや油跳ねの対策

対面キッチンの中でも、カウンターの高さ吊戸棚があればリビングやダイニングとの区切りができるため比較的臭いがこもりにくいですが、アイランドキッチンやペニンシュラキッチンは開放感やリビングとの一体感がある一方で臭いがこもりやすくなってしまいます。どうしても開放感がほしいけど臭いの対策もしたいという場合、壁を珪藻土や漆喰にすることで消臭や脱臭の効果が期待できます。他にもメーカーによっては空気を清浄してくれるような壁を選べることもあるためリフォーム業者に相談してみると良いでしょう。

 

油跳ねも同じくアイランドキッチンやペニンシュラキッチンのようにフラットなキッチンで問題となってきます。オプションで油跳ねガードを選ぶことができたり、市販の物を購入したりと対策を取る必要があります。気付かないうちに油や水が跳ねていることもあるので、キッチン内だけではなくリビングやダイニング側の床のお手入れもしっかり行うようにしましょう。

 

・背面のレイアウト

対面キッチンでは、背面にカップボードや収納、冷蔵庫などの配置を考える必要があります。部屋を俯瞰で見たときに左側の壁にキッチンが引っ付いている場合、リビングやダイニングから見える右側に冷蔵庫を置くよりも、見えない左側の奥に配置した方がすっきりするように思われるかもしれません。冷蔵庫は料理中だけではなく、家族が飲み物を飲むとき、小腹が減ったときなどに頻繁に開けるものです。見えない奥に配置すると見た目はすっきりするかもしれませんが、通路ですれ違う頻度が増えてしまいます。見た目も重要ですが、使い勝手も考慮した上でレイアウトを決めるようにしましょう。

 

◼ まとめ

落ち着いた雰囲気のキッチン

最近は壁付けキッチンよりも対面キッチンが選ばれることが増えていますが、リフォームする場合に対面キッチンを選んで良いのかどうか悩んでいる人もいるかもしれません。そこで対面キッチンのメリットとデメリット、選ぶ際の注意点をご紹介しました。壁付けキッチンと比べて対面キッチンでは料理をしながらリビングやダイニングを見渡すことができ、家族とのコミュニケーションを取りやすい特徴があります。その一方で広いスぺースが必要であったり、臭いが広がりやすいというデメリットも。作業スペースだけではなく通路幅や背面収納、臭いの対策も考慮して選ぶようにしましょう。

 

ハウジング重兵衛は、水回りを中心とするリフォーム会社です。千葉県と茨城県という地域に根差して、創業120年の経験と実績を活かしてリフォームを行っています。地域最大級のショールームを展開しており、各メーカーの設備商品の展示を見て体験することができます。すべてのショールームで駐車場やキッズスペースも完備しているため、ご家族連れで安心してお越しいただけます。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

 

古くて使いづらかったキッチンをリフォーム

開放感のあるキッチンにリフォーム

吊戸棚を撤去して天井をすっきりリフォーム

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県のリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。

お問い合わせはこちら