洗面台を交換するときのポイントと費用を抑えるコツ | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
広々とした洗面台

洗面台を交換するときのポイントと費用を抑えるコツ

洗面台は水漏れや洗面ボウルのひび割れといった致命的な症状が出ない限りはそのまま使い続けることができます。しかし耐用年数は一般的に10~15年といわれており、水漏れなどを引き起こす前に交換することをおすすめします。他の水回りと比べてリフォームの意識が低くなりがちな洗面台ですが、交換するときのポイントや費用を抑えるコツをご紹介します。

 

◼ 洗面台の種類

広々とした洗面台

一言で洗面台といっても、さまざまな種類があります。リフォームする場合にはどの種類を選択する方が良いのか、家族構成やこだわりを考慮しながら検討してみてください。

 

・ユニットタイプ

ユニットタイプとは鏡や収納、洗面ボウルが一体化しているタイプのことをいい、洗面所の一角に設置するのが一般的です。ユニットバスのように規格の決められたパーツが組み合わされていることからユニットタイプと呼ばれています。ユニットタイプの洗面化粧台は収納力が抜群で、鏡を開いた内部に収納できるものや、台の下部がキャビネットになっているようなものもあります。また蛇口を伸ばすことができたりシャワーヘッドのようになっていたりするものも。朝の準備の際に髪の毛を濡らしたり掃除をしやすかったりと便利な機能がたくさんついています。

 

・システムタイプ

システムタイプとは、洗面ボウルと水栓などのパーツを自由に組み合わせられるタイプの洗面台。自由に選べることからデザインにこだわることができ、お風呂との統一感を持たせることができます。家族構成や使う人の身長によって横幅やカウンターの高さを選べるのもメリット。収納を大容量にしたい場合はカウンターの下の部分をキャビネットにしたり、すっきりさせたい場合は足元をオープンにしたりと自由に選べます。機能性はもちろん、デザインにこだわりたい人におすすめのタイプです。機能性やデザイン性が高い一方で、費用がかかってしまうというデメリットは考慮する必要があります。

 

・カウンタータイプ

カウンタータイプは創作洗面台や造作洗面台とも呼ばれ、機能性はもちろん自分だけのデザインで作る洗面台です。何よりも自由にカスタマイズできるのが魅力で、カウンターやボウルに使用する素材や形、飾り棚や収納棚などを自分好みにデザインできます。また洗面所の広さや家族の人数によって幅を調整することもできます。

 

◼ 洗面台を交換するときのポイント

丈夫な洗面台

洗面台を交換するときには、メーカーやグレードなどを選ぶことになります。メーカーごとの特徴を見比べたり、サイズや他のスペースとのバランス、洗面ボウルの種類などさまざまな項目をチェックしたりする必要があります。そこで洗面台を交換するときのポイントをたっぷりご紹介します。

 

・メーカーごとの特徴

洗面台の商品を販売しているメーカーは、パナソニックやリクシル、クリナップ、TOTO、FIRSPLUS、TOCLASなどたくさんあります。メーカーごとに特徴や強みが異なるため、家族のライフスタイルや好みに合ったメーカーを選ぶようにしましょう。パナソニックは家電メーカーならではの工夫や女性人気の高さが特徴で、リクシルはデザイン性が高くお手入れしやすい工夫がされています。クリナップは湿気や臭いに強いステンレス素材が好きな方におすすめ。TOTOはトイレのイメージが強いかもしれませんが、水回りに強いメーカーならではのアイディアが詰まった洗面台、FIRSPLUSは家族全員が使いやすいようなこだわりが細部まで行き届いた洗面台となっています。TOCLASは楽器メーカーのヤマハ系列の住宅設備会社が前身となっており、美しさが持続するボウルやカウンターが特徴的。これらの特徴を参考に、それぞれのメーカーの異なるグレードを見て比較検討してみてください。

 

・サイズや高さ

洗面所のリフォームの場合、もともとの洗面所の広さによって交換できる洗面台のサイズが限られることが多いはず。洗面所の広さ自体を変えるのでない限り、これまで使っていた洗面台と同じサイズのものを選ぶことが多いかもしれません。まずは家の洗面所の広さに合ったサイズに絞り、人数や生活スタイルに合わせて選んでいくと良いでしょう。

 

家族の人数が多ければ幅が広い方が良いと思われるかもしれませんが、全員が同じ時間に洗面台を使うのでなければ必ずしも広くなくてはいけないとも限りません。朝の準備時間がかぶるようであればできるだけ幅の広いものを選ぶとスムーズです。また幅だけではなく洗面ボウルまでの高さも使い勝手に影響してきます。家族の身長に合わせた高さの洗面台を選ぶと体に負担をかけることなく使用することができます。洗面ボウルまでの高さが身長に対して低すぎると腰に負担がかかってしまい、高すぎると顔を洗うときに腕をつたって水がこぼれてしまうことも。基本的には「身長÷2」の高さがちょうど良いといわれています。家族によって身長が違うとは思いますが、極端に高すぎたり低すぎたりしないような高さを選ぶようにしましょう。

 

・脱衣スペースや収納の確保

洗面所は洗面台の使いやすさも重要ですが、脱衣スペースでもあることを忘れてはなりません。洗面台の幅を広げたことで脱衣スペースが狭くなってしまっては使いやすい洗面所とはいえませんよね。洗面所自体の広さを変えることができるのであれば広げる、できないのであれば洗面台とのバランスを考える必要があります。もし家族に高齢の方や車椅子の方がいらっしゃる場合には、脱衣スペースを広く取ることをおすすめします。

 

洗面台の下には収納スペースであるキャビネットが設置されていることが一般的です。キャビネットには開き戸タイプと引き出しタイプ、混合タイプの3種類に分けられます。開き戸タイプは昔ながらの洗面台に多い印象ですが、バケツなどの大きなものを収納しやすいのがメリット。中に棚やラックを設置することで使いやすい収納スペースにすることができます。引き出しタイプは小物を分けて収納できること、開いたときに中身全体を見やすいことがメリットです。混合タイプは大きなものを開き戸部分、小物を引き出し部分、と収納するものに合わせて選ぶことができます。

 

・水栓や洗面ボウルの種類

洗面台の水栓には、洗面ボウルの縁の部分に付いているものと、鏡の下に取り付けられているものがあります。前者は水を止めるときに濡れた手で触ることが多いことから水栓の根本に水が溜まってしまいやすいのが欠点。後者は水が溜まることもなく衛生的に使うことができます。メーカーによってそれぞれ工夫があるため、デザインや機能性、使い勝手を総合的に判断して選ぶようにしましょう。

 

洗面ボウルは陶器でできていることが多いですが、他にも人工大理石やホーローといった種類があります。陶器は光沢のある見た目が特徴であり、傷が付きにくくお手入れしやすいことが人気の理由です。また種類が豊富で比較的安価である一方、衝撃が加わると割れやすいのがデメリット。人工大理石はアクリルやポリエステルが主成分となっている素材であり、デザイン性が高いのが特徴です。大量生産しやすいため価格が安く、お手入れしやすいメリットを持ち合わせています。しかし陶器と比べると安っぽく見えてしまう可能性があることや、傷や汚れが付きやすいことがデメリット。ホーローの洗面ボウルは陶器のように割れることがなく水や湿気にも強いのが特徴。長く使うことができる素材ですが、表面にコーティングされている釉薬が剥がれるとベースの金属が錆びてしまうことも。素材によって異なるメリットやデメリットを考慮した上で選ぶようにしましょう。

 

◼ 洗面台の交換で費用を抑えるコツ

シックな洗面台

洗面台の交換は、他の水回りリフォームと比べて比較的費用がかからないリフォームです。しかしそれでもできるだけ費用を抑えたいと思う人も多いはず。そこで洗面台の交換で費用を抑えるための3つのコツをご紹介します。

 

・メーカーにこだわらない

洗面台の交換では、洗面台本体の費用が直接的に関わってくるため、洗面台本体の費用を抑えるのが一番の近道。そのためにはメーカーにこだわらないことがポイントです。そもそも本体の価格が安い洗面台を選ぶ方法が簡単ですが、メーカーによって異なる割引率を参考にすることもできます。例えばリクシルは割引率が高いため、同じグレードの他の洗面台よりも安い価格で交換できるということです。本体価格が安いものを選ぶか、割引率の高いものを選ぶか、といったことも検討してみると良いでしょう。

 

・床や壁の張り替えは同時に

洗面所全体のリフォームではなく洗面台の交換だけで良いと考えている人も多いかもしれません。しかし古い洗面台を取り外すと、床や壁の色が変わっていることがあります。新しい洗面台が全く同じサイズであれば目立つことはありませんが、隠れていた部分の床や壁が少しでも見える場合は同時に張り替えを行うことでより快適な洗面所にリフォームすることができます。洗面台の交換と床や壁の張り替えを別々に行う場合と比べて、同時に行う方が結果的な費用の削減につながります。一度の出費は大きくなってしまいますが、長期的な視点で見ると同時にリフォームする方がお得だといえます。

 

・地元の優良業者を選ぶ

洗面台の交換費用を抑えたい場合、地元の優良業者を選ぶこともコツの一つです。大手のリフォーム会社に依頼する方が安心感があるかもしれませんが、実際の工事は下請け業者が行っている場合がほとんど。そのため業者の顔が見えないことや仲介手数料を取られることに注意が必要です。地元の工務店であれば仲介手数料を取られることがない上に広告宣伝費もかかっていない分費用を抑えることができるという仕組みになっています。

 

◼ まとめ

コンパクトな洗面台

洗面所全体をリフォームするほどではなくても、洗面台だけ交換したいといった場合もあるはず。そこで洗面台の交換についての基本的な知識をたっぷりご紹介してきました。洗面台の種類や洗面台選びのポイント、費用を抑えるコツを参考にしながら家族にぴったりの洗面台を選んでみてください。ハウジング重兵衛では洗面台だけではなくお風呂やトイレ、キッチンといった水回りに特化したリフォーム会社です。千葉県と茨城県で地域に根差したリフォーム事業を展開しておりますので、洗面台の交換やリフォームをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。

千葉県成田市の洗面台交換事例

茨城県美浦村の洗面台交換事例

千葉県富里市の洗面台交換事例

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※お問い合わせ内容を確認し、営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に順次ご連絡させていただきます。