2階にトイレを増設するならどこ?場所に合わせたドア選びをしよう | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ

2階にトイレを増設するならどこ?場所に合わせたドア選びをしよう

 

2階建て以上の戸建て住宅では、1階だけではなく2階にもトイレを増設することが増えてきています。家族の人数が多かったり2世帯以上が暮らしていたりする場合には、2箇所以上のトイレがあると便利ですよね。

 

2階へのトイレの増設を検討しているものの、2階のどこに増設したら良いか悩んでいる方も多いかもしれません。場所ごとの特徴や場所に合わせたドア選びについてご紹介します。

 

◼ コラムのポイント

1、2階のトイレ増設に関する概要を知ることができます

2、2階にトイレを増設する場合によくある設置場所が分かります

3、トイレの増設場所ごとに適したドアの種類を学ぶことができます

 

 

◼ 2階のトイレ増設

家族の人数が多かったり、2世帯以上の人が一緒に暮らしていたりすると、1階に1箇所のトイレだけでは困ることもありますよね。そんなときに2階へのトイレの増設を検討することかと思います。

 

2階にトイレを増設すると、朝の忙しい時間にトイレの混雑を軽減することができたり、来客時に気にすることなくトイレを使用できたり、生活リズムが違っても気を使うことなくトイレを使用できたり、たくさんのメリットがあります。

 

2階にトイレを増設する場合は、2階で過ごしている家族への配慮として音や臭いが漏れないようにしたいですよね。増設する際には、場所だけではなくそういったことも配慮してリフォームするようにしましょう。

 

2階にトイレを増設することのメリットとデメリット、注意点などの基礎知識も参考にしてみてください
2階にトイレを増設するメリットとデメリット、注意点を知ろう

 

◼ 2階トイレの設置場所

2階にトイレを増設する場合、どのような設置場所が考えられるのでしょうか。階段横や収納スペース、使っていない部屋、増改築したスペース、1階トイレの真上、など設置場所ごとの特徴をご紹介します。家の構造や排水管の距離、予算などによって、適した設置場所が変わってくるため、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

 

・階段横

一つ目に、階段を上がった先にある踊り場や廊下に設置する方法。階段横の廊下に広いスペースがあったり、使っていない収納があったりする場合には、トイレの増設に適しているかもしれません。

 

階段横にトイレを増設する場合、給排水管を屋内と屋外どちらにも通せることが多いです。排水管が見えても良いのか、隠すために予算を割けるのか、などを考慮して選択するようにしましょう。

 

階段横にトイレを増設する際は、階段からの転落の危険性があるため、ドアの向きや階段との近さに気を付ける必要があります。ドアの種類については後ほどご紹介するのでチェックしてみてください。

 

・収納スペース

押し入れやクローゼット、物置などの収納スペースにもトイレを増設することができます。トイレは最低限0.5畳程度の広さがあれば設置することができます。そのため、部屋の中や収納スペースに0.5畳程度のスペースが余っていれば、トイレの増設場所として検討してみると良いでしょう。

 

2階の収納スペースをトイレにリフォームした事例はこちら
2階の収納をトイレにリフォームした事例

 

・使っていない部屋

2階に使っていない部屋がある場合、部屋全体や部屋の一部をトイレにリフォームすることもできます。使っている部屋であっても、一部をトイレにするという方法もありますが、部屋への音漏れなどには注意が必要です。

 

・増改築

2階にトイレを増設したいものの、スペースに余裕がなかったり間取りの都合上無理があったりすることもあるはず。そういった場合は増改築して新たにトイレを増設するためのスペースを設けることもできます。

 

増改築には費用や工期がかかってしまいますが、その分設計の自由度が高い方法です。広さを確保して理想に近いトイレにできる可能性が高いといえます。

 

増改築してアパートだった建物をフルリフォームした事例です
増改築リフォームの事例

 

・1階トイレの真上

1階のトイレの真上のスペースに2階トイレを増設する方法もあります。リフォーム費用を抑えたい場合は1階トイレの真上という場所がおすすめ。トイレを増設する場合、もともとある1階のトイレから給排水管を伸ばすことになるため、伸ばす距離が短いほど費用を抑えられるため。

 

トイレの増設を検討し始めたら、まずは1階トイレの真上に何があるかを確認してみると良いでしょう。

 

◼ 場所に合わせたドア選び

2階にトイレを増設する場合の設置場所候補をご紹介しました。場所ごとに適したドアの種類があるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

・引き戸

引き戸とは、横にスライドして開けるタイプのドアのこと。引き戸だとドアを開ける際にスペースが必要ないため、狭いスペースにトイレを設置したいときに適したドアだといえます。

 

ドアを引いて開ける外開き戸だと、ドアを開ける際に後ろに一歩下がる必要があるため、階段横のトイレだとドアの開閉の際に階段から転落するリスクが考えられます。その点、横にスライドするだけで開けられるドアは階段横へのトイレの増設におすすめです。

 

階段横以外にも、収納スペースや増改築したスペースなど、引き戸は場所を選ばないのでどこでも取り入れることができます。

 

・内開き戸

ドアを押したり引いたりして開ける開き戸タイプのドアのうち、トイレ内部に向かって開けるドアを内開き戸といいます。トイレに入る際は進行方向に向かってドアを開けるためスムーズに入りやすいですが、トイレから出る際は狭いスペースの中で内側にドアを引いて後ろに下がるという動作が必要になります。トイレの面積を広く確保できない場合に内開きのドアを選ぶと、さらに狭く感じる可能性があります。

 

万が一トイレの中で倒れてしまったりした場合、内開きのドアだと外側から開けるのが難しいというデメリットがあります。高齢の方がいる場合や介護が必要な方がいる場合は内開きのドアは避けた方が良いかもしれません。

 

トイレの外側にドア分のスペースを必要としないため、トイレの外のスペースが狭い場合には内開きの方がスムーズな場合もあります。

 

・外開き戸

外開き戸は、トイレの外側に向かってドアを引いて開けるタイプの開き戸のこと。ドアを開けるときに一歩後ろに下がらなければならないため、トイレの入り口付近が狭い場合には不便かもしれません。逆にトイレから出るときはドアを開けやすく、閉じ込められる心配もないのはメリット。

 

外開き戸を階段横に設置すると、ドアを開けようと思って一歩下がった際に誤って階段から転落する可能性があります。特に高齢の方やお子様がいる場合は注意が必要です。

 

トイレのドアをリフォームした事例もぜひご覧ください
トイレのドアリフォーム事例

 

◼  まとめ

2階にトイレを増設する際の設置場所として、階段横や収納スペース、使っていない部屋、増改築、1階トイレの真上といった場所をご紹介しました。それぞれ特徴やメリット・デメリットがあり、場所ごとに適したドアの種類が異なるため考慮した上で場所を決めるようにしましょう。

 

ハウジング重兵衛では、トイレの増設や交換、内装リフォームをはじめとして、キッチンやお風呂、洗面所など水回り全般のリフォームを行なっております。水回りのことで何かお悩みのことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

 

著者情報

ハウジング重兵衛 編集部

ハウジング重兵衛 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所 必須
市区町村

以降の住所

ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。