2階にトイレを増設するメリットとデメリット、注意点を知ろう | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ

2階にトイレを増設するメリットとデメリット、注意点を知ろう

 

最近の家では、2階以上の戸建てで1階だけではなく2階や3階にもトイレを設置することが増えてきています。特に家族の人数が多いと、トイレが1階に1個だと足りないこともあるかもしれません。

 

そこで2階にトイレを増設することのメリットとデメリット、注意点を把握した上でリフォームを検討してみてください。

 

 

◼ コラムのポイント

1、2階にトイレを増設することのメリットとデメリットを知ることができます

2、2階にトイレを増設する際の注意点を学ぶことができます

3、実際に2階にトイレを増設した事例を参考にできます

 

 

◼ 2階にトイレを増設するメリット

1階だけではなく2階にもトイレがあるとなんとなく便利だろうなと想像できますよね。

 

実際に2階にトイレを増設することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

・朝の支度がスムーズに

トイレは家族全員が1日に何度も使用するため、混雑してしまうこともありますよね。

 

特に朝の通勤・通学前の時間はトイレが混み合う時間。朝の時間が家族でかぶってしまう場合は、トイレが2個あることで支度をスムーズに進めることができます。

 

 

・来客時に安心

家にお客様が来られた際、トイレを使用することが気になる方もいるかもしれません。

 

玄関から見える場所や、来客対応中のリビングや客間近くにトイレがある場合は視線や音が気になってしまいますよね。

 

そんなときに2階にトイレがあると、来客時にも安心してトイレを使用することができます。

 

 

・二世帯住宅でもライフスタイルを守れる

二世帯住宅で暮らしていると、世帯ごとにトイレを使用する時間が違うこともあります。

 

親世帯は夜中にトイレに起きたり、早朝に使用したりすることも。逆に子世帯は夜遅くに帰ってきてトイレを使用することもあるかもしれません。

 

どちらの場合も、家族を起こしてしまうことがないか心配になりますよね。そんなときに世帯ごとにトイレを設けることで、お互いに気を遣うことなくトイレを使用することができます。

 

トイレのサイズに関する事例も参考にしてみてください。
コンパクトタイプトイレのリフォーム事例はこちら

 

 

◼ 2階にトイレを増設するデメリット

2階にトイレを増設することにはたくさんのメリットがあることが分かりました。

 

デメリットとしてはどのようなことが考えられるのでしょうか。

 

 

・費用がかかる

2階にトイレを増設する際に費用が気になる方も多いかもしれません。実際にトイレを増設するためには費用がかかってしまうことがデメリットとしてあげられます。

 

費用は増設するトイレの種類やグレードによって変わってきますが、排水管までの距離が長いと費用が高くなってしまうこともあります。そのためトイレを増設する位置にも注意しながらリフォームを考える必要があります。

 

また1個だったトイレが2個になるということは、トイレを使用する際の水道代や電気代も必要になります。トイレの設置費用だけではなくランニングコストも頭に入れておくようにしましょう。

 

 

・防音対策が必要なことも

2階にトイレを増設する場合、例えば寝室の近くにトイレを設置すると音が聞こえてしまうことがあります。トイレを設置する場所によっては1階の部屋に音が響いてしまうことも。

 

家の構造や設置場所にもよりますが、防音対策が必要になる可能性があることもデメリットとしてあげられます。

 

トイレのリフォームでおすすめのタンクレストイレについて詳しくはこちら
トイレのリフォーム|タンクレストイレとは

 

 

◼ 2階にトイレを増設する際の注意点

2階にトイレを増設することのメリットとデメリットをご紹介してきました。

 

実際にトイレを増設するにあたって注意したいポイントも把握しておきましょう。

 

 

・配管の距離

デメリットとしてもご紹介しましたが、トイレの設置費用は配管までの距離によって変わってきます。

 

もともとある1階のトイレから給排水管を延ばす工事が必要になるため、1階のトイレから離れた場所に2階のトイレを増設するとコストが費用が高くなってしまいます。

 

 

・階段からの転落の危険性

2階のどのあたりにトイレを増設するか悩みますよね。

 

配管の距離の問題で階段近くにトイレを設置しなければならないこともあるかもしれませんが、階段近くにトイレを設置する際は注意が必要です。特に夜中にトイレに起きたときや朝起きてすぐなど、寝ぼけて転落する危険性があるため。

 

人感センサーライトを設置したり、トイレの出入りの際に階段側に行かないようにしたりと工夫をするようにしましょう。

 

 

・音やにおいへの配慮

トイレを増設する際、寝室と近かったり壁が薄かったりすると、音やにおいが気になってしまうことも。

 

便利にするためにトイレを増設しても、音やにおいで嫌な思いをするようでは元も子もありませんよね。

 

防音材の使用や壁の補強、防音パネルの施工など、音やにおいに配慮した方法でリフォームすることをおすすめします。

 

 

・ドアの種類

トイレを増設する際には、トイレの設置スペースに余裕がないことがよくあります。開き戸だと手前や奥にドアを開く分のスペースが必要になるため、スペースを削減できる引き戸がおすすめ。

 

階段近くにトイレを増設する場合は、引き戸にすることで階段からの転落防止にもつながります。

 

トイレリフォームの際には、クッションフロア選びについてのコラムも参考にしてみてください
トイレのリフォームにおけるクッションフロア選びの失敗例

 

 

◼ 2階にトイレを増設した施工事例

2階にトイレを増設することのメリットとデメリット、注意点についてご紹介してきました。

 

実際にトイレを増設した事例も参考に、リフォームを検討してみてください。

 

 

・夜中に1階までトイレに降りるのが大変な両親のためのリフォーム

2階で寝ているときに1階までトイレに降りるのが大変になってきたご両親のために2階にトイレを増設したいとのことでリフォームのご依頼をいただきました。

 

トイレを新しく設置するということで配管が悩みどころでしたが、1階の天井裏に配管を伸ばすことで解決。

 

2階にトイレを増設する場合、スペースの確保が難しいことが多いですが、独立した手洗い場まで設けることができました。

 

リフォームの仕上がりだけではなく、工事前の連絡や商品変更、工事中の進捗状況などをその都度ご説明したことで、対応にもご満足いただけました。

 

 

・2階の収納部分にトイレを増設

万が一感染症にかかったときのことを考えて、2階にもトイレを増設したいとのことでリフォームのご依頼をいただきました。

 

もともとトイレの予定で設計されていた場所だったので、配管を確認した上で収納部分をトイレに変更。

 

腰の高さまでパネルを貼ることでお手入れしやすいトイレになっています。手すりも設置したので、将来的にも安心の作りに。

 

 

・2階の床の間スペースをトイレに

1階にしかトイレがなく、寝室が2階にあったため、夜トイレに行くために階段を上り下りすることが不安とのことでした。もともと床の間だった1畳のスペースを利用して、引き戸のトイレを新たに増設。

 

 

配管は1階と2階の天井裏を使うことで、1階の室内に露出することなく配管を外部に持っていくことができました。

 

中に人が入っているかどうかを確認できるスコープを取り付けたり、外からでも鍵を開けられるようにしたりと、安全面にも考慮した作りになっています。

 

 

 

◼  まとめ

家族の人数が多かったり、朝の支度の時間にトイレが混雑することが多かったりするご家庭では、トイレが2個あると便利だと感じることも多いはず。

また高齢の方がいるご家庭では、寝室のある2階にトイレがあると安心ですよね。そこでトイレを2階に増設することのメリットとデメリットをご紹介してきました。注意点も把握した上でリフォームを検討してみてください。

 

ハウジング重兵衛では、トイレを初めとする水回りのリフォームを得意としています。千葉県と茨城県で水回りのリフォームをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所 必須
市区町村

以降の住所

ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。