TOTOの水回り設備の魅力とは?実際のリフォーム事例も | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ

TOTOの水回り設備の魅力とは?実際のリフォーム事例も

TOTOと聞くとトイレのイメージが強いかもしれませんが、トイレだけではなくキッチンやお風呂、洗面台など水回りの設備を幅広く販売しているメーカーです。水回りのリフォームを行う際、設備選びで悩むことも多いと思いますが、たくさんあるメーカーの中でも今回はTOTOの水回り設備の魅力をご紹介していきます。実際のリフォーム事例もご紹介するので、ぜひリフォームの参考にしてみてください。

 

◼ TOTOとは

TOTOとは、福岡県北九州市に本社を置く住宅設備機器の製造販売を行うメーカーです。創業当時「東洋陶器」という社名だったことから「Toyo Toki」の頭文字を取ってTOTOという名称に。

 

トイレのメーカーといえばTOTOを思い浮かべる人も多いはず。トイレや洗面台といった衛生陶器のうち約6割のシェアを誇るメーカーです。今では主流のユニットバスもTOTOが販売し始めたものであり、機能性の高い製品をたくさん生み出しています。

 

 

◼ TOTOの水回り設備

トイレのイメージが強いTOTOですが、トイレ以外の水回り設備も幅広く手がけています。そこでキッチン、トイレ、お風呂、洗面台それぞれの設備の特徴と魅力をご紹介していきます。

 

・キッチン

TOTOのキッチンは、デザイン性や収納、最新機能にこだわることで、魅力あふれるキッチンを実現しています。水回りに強いTOTOでは、お手入れしやすい水栓やシンクを採用することはもちろん、豊富なデザインやカラーバリエーションを用意し、好みに合わせて選べるようになっています。

 

調理中や洗い物中、シンクに野菜くずなどのゴミが溜まってしまうことをストレスに感じる方もいるかもしれませんが、TOTOの「すべり台シンク」は、底面に3度の傾斜を付けることで野菜くずなどのゴミが排水口の方に滑るような設計になっています。

 

材料を切ったり下ごしらえをしたりするワークトップは、ステンレスや人造大理石が一般的。しかしTOTOではオリジナルのクリスタルカウンターも選ぶことができます。シンクと一体型になっていてつなぎ目がないためお手入れしやすいのも嬉しいポイント。

 

・トイレ

TOTOの代名詞ともいえるトイレですが、陶器のトイレを日本で初めて製造したメーカーがTOTOです。その後温水洗浄便座であるウォシュレットを販売するなど、日本におけるトイレの製造販売において先頭を走っているといえます。TOTOのトイレはタンクレストイレ「ネオレスト」が有名ですが、タンク式の「ピュアレスト」も人気が高く、福祉用のトイレ「トイレリフト」などさまざまなシリーズがあります。

 

トイレは家族が毎日使うため汚れてしまいがちですが、TOTOのトイレはフチがない形状になっているためお手入れが簡単。フチがあると裏に汚れが溜まりやすいですが、TOTOのフチなし形状では便器を握るように手軽に掃除することができます。

 

「きれい除菌水」は水道水を電気分解して次亜塩素酸を含む水に変えて除菌すること。薬品や洗剤を使っていないので、流れたあとも環境に優しい水のまま。トイレを使ったあとに便器内にミストを吹きかけることで便器を汚れにくくしたり、ウォシュレット使用前後にノズルを自動洗浄したりと、とにかくきれいを保ちやすいのがTOTOのトイレの特徴です。

 

・お風呂

お風呂は、昔ながらの在来工法と、規格化されたユニットバスの2種類に分けられます。最近の家ではユニットバスが選ばれることが多いですが、そのユニットバス工法を考案したのがTOTO。

 

お風呂は時間が経つとお湯が冷めてしまうこともありますが、TOTOのお風呂は浴槽の断熱材と高断熱の蓋による二重断熱構造となっています。お湯を沸かしてから4〜5時間経っても、2.5度しか温度が下がらないほど。追い焚きの回数を減らすことができるため、家族の入浴時間がバラバラだという家庭に特におすすめです。

 

お風呂の床は濡れていたりシャンプーなどでぬるぬるしていたりと滑りやすいことがあります。TOTOのお風呂では滑りにくくて乾きやすい、そして冬場でもヒヤッとしない「ほっカラリ床」を採用しているので、転倒やヒートショックなどの事故を防ぐことができます。

 

・洗面台

TOTOの洗面台は、スタンダードでありながらも機能性が高いのが特徴です。洗面台のメインともいえる洗面ボウルは、スクエア型の大きなものや排水口に水が流れやすいすべり台ボウルなどさまざまな種類の中から選ぶことができます。水栓は右に捻ると水、左がお湯となっていることが多いですが、中央部分でもお湯が一緒に出てしまう水栓が多いのです。しかしTOTOの水栓は中央部分まで水が出る設計になっているため、無駄に給湯器を作動させることなく光熱費を抑えることができます。

 

洗面所はお風呂の際に使うタオルや着替え、化粧品、消耗品など置いておきたいものがたくさんありますが、洗面台下の収納は配管が通っていて収納スペースが少ないこともありますよね。TOTOの洗面台は配管の形状を工夫することで、収納スペースを奥まで広々と使えるようになっています。

 

 

◼ TOTOを採用したリフォーム事例

TOTOの水回り設備について特徴や魅力をご紹介してきましたが、実際のリフォーム事例もぜひ参考にしてみてください。

 

・TOTO NJ1のリフォーム事例

TOTOトイレのリフォーム

壁の汚れが気になるとのことでしたので、拭き掃除しやすい化粧ボードを施工しました。便座もタンクレストイレにすることで、お手入れしやすい且つすっきりした空間に仕上がっています。

ビフォーアフターはこちら

 

・100万円以内のTOTOユニットバス

お風呂が古くなってきたためおしゃれなお風呂にリフォームしたいとのことでした。TOTOの組石柄のユニットバスを採用し、おしゃれな空間に仕上がっています。TOTOのユニットバスは目地が一番少ないため、汚れが目立ちにくくカビのリスクを軽減することができます。90万円でのリフォームとなりました。

実際の施工事例はこちら

 

・水回りセットリフォームの事例

意見が違ったまま施工したため在来工法と2×4工法がミックスされた家になっており、好みに合わせてセットリフォームを行いたいとのことでした。洗面台をリフォームしない代わりに、キッチンとリビングのクロス・天井をリフォーム。家全体が新しく広くなったとお喜びいただけました。

 

キッチンはリクシルのシエラ+カップボード収納、トイレはパナソニックのアメージュZ、お風呂はTOTOのサザナを採用。クロス選びでお手間をおかけしてしまいましたが、家の雰囲気や外の景色ともマッチして、美しい空間に仕上げることができました。

 

実際の施工事例はこちら

 

◼  まとめ

トイレのイメージが強いTOTOですが、トイレだけではなくキッチンやお風呂、洗面台の水回り設備を製造販売しています。リフォームを検討し始めると、メーカーの種類や同じメーカーでも設備やグレードに種類があってメーカー選びや設備選びで悩むことも多いかもしれません。今回はTOTOの水回り設備について特徴やリフォーム事例をご紹介してきましたが、他のメーカーも視野に入れながら満足のいくリフォームとなるように比較検討してみてください。

 

ハウジング重兵衛は創業120年の歴史を誇るリフォーム会社です。経験と実績をもとに、お客様との信頼関係を大切にしながらリフォームを行なっております。地域最大級のショールームでは、水回りの設備商品をたくさん展示しております。千葉県と茨城県でリフォームをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。

 

著者情報

ハウジング重兵衛 編集部

ハウジング重兵衛 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所 必須
市区町村

以降の住所

ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。