お風呂の床が汚れる原因は?ひどい場合はリフォームも検討してみよう | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
お風呂のリフォーム

お風呂の床が汚れる原因は?ひどい場合はリフォームも検討してみよう

お風呂の汚れが落ちにくくなると、リフォームを検討する人もいるかもしれません。お風呂が汚れる原因と、リフォームを検討した方が良いタイミングについてご紹介します。まずは汚れの原因を知った上で、お手入れしてみてください。年数の経過で劣化が進んでいたり、あまりに汚れがひどいときは、リフォームで汚れにくい素材やお手入れが楽なお風呂を選んでみることをおすすめします。

 

◼ お風呂の汚れ

鏡面パネルのお風呂

お風呂の床は、水に濡れている時間が長いだけではなく、皮脂汚れや石鹸カスなどの汚れが蓄積しやすい箇所でもあります。まずはお風呂の汚れの種類を把握しておきましょう。よくある汚れが黄ばみと黒ずみ、ピンク汚れ。黄ばみはお風呂の床や浴槽に汚れが出やすく、原因によって掃除で落ちるものもあれば落とすのが難しいものもあります。黒ずみは、掃除をサボって汚れが蓄積することでできる汚れ。しつこい汚れのイメージがありますが、原因を知った上で相性の良いせんざいを使うと落とすことができます。ピンク汚れは色にびっくりしてしまいますが、比較的落としやすい汚れの一つ。それぞれの汚れの原因と対処法を頭に入れておきましょう。

 

◼ 黄ばみの原因

お風呂のリフォーム

お風呂が黄ばんでしまう原因は、汚れと素材、経年劣化の3種類に分けることができます。汚れの原因によって対応方法が変わってくるため、お手入れの前に原因を知ることが大切です。

 

・汚れ

お風呂の浴槽にお湯を張ると、ゆっくり浸かることで疲れが癒されていきますよね。毎日同じ高さまでお湯を貯めていると、水面に当たる部分「水位線」が黄ばみやすくなってきます。水位線の黄ばみの原因は、水垢や石鹸カスであることがほどんど。また入浴剤やヘアカラー剤が付着することによっても汚れが残ってしまいます。水によって汚れが蓄積するイメージが湧かない人もいるかもしれませんが、水道水にはカルシウムやミネラルが含まれているため、それらが浴槽に付着することで汚れにつながってしまいます。石鹸カスは体や髪を洗うときに飛び散った泡が付着し、乾燥することでできる汚れ。入浴剤やヘアカラー剤を使用する場合は、使用後に必ず掃除をするようにしましょう。毎日しっかり掃除していればしつこい汚れになることはありませんが、少しずつ蓄積されることで黄ばみとなっていきます。黄ばみの原因が水垢や石鹸カスだった場合、アルカリ性の汚れなので酸性であるクエン酸を使うと中和されて落としやすくなります。

 

・素材

お風呂の床が黄ばんでくる場合、床の素材が原因であることも。プラスチック製の床は年数が経つにつれて黄ばみやすい性質を持つため、お手入れで防止することはなかなかできません。お風呂の床にプラスチックの素材を使用している場合は、年数が経っていれば交換やリフォームを検討してみてください。

 

・経年劣化

お風呂は使い始めてから年数が経つと、浴槽のコーティングが剥がれてしまいます。コーティングの下の素材自体が劣化し始めることで浴槽に黄ばみが発生していきます。浴槽は一般的に15~20年が寿命といわれているため、そのくらいの年数が経っている場合は経年劣化であることがほとんどなので、浴槽の交換やお風呂のリフォームを検討してみても良いかもしれません。

 

◼ 黒ずみの原因

清潔感のあるお風呂

お風呂の床が黒くなっている状態を見たことがある人もいるかもしれません。黒ずみには、水垢やカビ、皮脂といった汚れが原因となってしまうことがあります。

 

・水垢

お風呂の黄ばみでもご紹介したように、水道水に含まれるカルシウムやミネラルが蒸発することで水垢が残ってしまいます。水垢が消えない場合は、アルカリ性の汚れを落としやすい酸性の洗剤を使ってみてください。

 

・カビ

お風呂は家族みんなが毎日水を使う場所なので、一日のうち多くの時間濡れた状態になっていますよね。湿度が高くなりやすい場所でもあるため、カビが繁殖してしまいやすい環境です。お風呂のあとは必ず換気を行い、カビの原因となりやすい石鹸カスや皮脂汚れを落とすことで対策となります。

 

・皮脂

お風呂は一日の疲れを癒やす場所であり、体や髪の汚れを落とす場所でもありますよね。体の皮脂がお風呂の床に汚れとして蓄積されると、黒ずみの原因となってしまいます。皮脂汚れは酸性なので、アルカリ性の洗剤や重曹を使用することで落とすことができます。

 

◼ ピンク汚れの原因

お風呂のリフォーム

お風呂のピンク汚れの原因は、「ロドトルラ」という酵母の一種である微生物。ロドトルラは温度や水分、汚れといった条件が揃うことで増殖し、増殖することでピンク色に見えるという仕組みです。汚れが少なくても増殖しやすく、スピードが速いのがロドトルラの特徴。ピンク汚れは黒ずみのようにしつこい汚れではないため、ピンク汚れに気づいたらお風呂用の洗剤を使ってスポンジで擦り洗いすると汚れが落ちます。普段使っているスポンジでピンク汚れを落としたくないという場合は、塩素系カビ取り剤を使用すると、スプレーして時間を置き、水で流すだけで汚れが落ちます。

 

◼ お風呂リフォームのビフォーアフター

お風呂は体をきれいにするだけではなく一日の疲れを癒すための空間でもあります。湿気がこもりやすく劣化しやすい場所ではありますが、水漏れなどの致命的な症状が出る前にリフォームしたいものです。ビフォーアフターを参考にしながら検討してみてください。

 

・シロアリ被害のあったお風呂をきれにリフォーム

快適なお風呂

古くなって誰も住んでいない家を賃貸できるようにきれいにしたいとのご要望でした。シロアリ被害もありましたので、下地の修復や追加の電気工事なども行い大規模なリフォームとなりました。ユニットバスはTOTOのサザナをお選びいただき、白とグレーのおしゃれなお風呂に仕上がっています。

ビフォーアフターはこちら

 

・冬場寒かったお風呂をリフォーム

エコベンチ型のお風呂

冬場にお風呂に入ると寒さを感じ、お湯を沸かすと白いモヤモヤが出てくるとのことでした。給湯器も15年近く使っておられたため、一緒に交換させていただきました。お湯を張るときに水の量を節約できるよう、エコベンチ型の浴槽をご提案させていただき、喜んでいただけました。

ビフォーアフターはこちら

 

・段差をなくしたバリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォーム

もともと冬場のお風呂が寒いことを気にされてリフォームのご依頼をいただきました。換気乾燥暖房機を設置することや洗面所との段差をなくすこと、手すりを設置することでバリアフリーリフォームを行いました。同時に行った洗面所リフォームで収納が増えたことも喜んでいただきました。

ビフォーアフターはこちら

 

・在来工法からユニットバスへ

ユニットバス

在来工法のお風呂だったこともあり冬場の寒さを改善したいとのご要望でした。在来工法からユニットバスに変更することで寒さを改善し、出入口の段差をフラットにすることで躓く心配もありません。追い焚き専用だった給湯器の交換をご提案しましたが、「交換して良かった」とのお言葉をいただきました。

ビフォーアフターはこちら

 

・滑りやすかったタイルの床をリフォーム

床をリフォーム

お風呂の床がタイルで滑りやすかったため、転倒事故を心配してユニットバスへの変更をご希望でした。床材の変更だけではなく手すりの設置をすることでより安全性の高いお風呂に仕上がりました。きれいになって満足とのお声をいただきました。

ビフォーアフターはこちら

◼ まとめ

清潔感のあるお風呂

お風呂は体や髪を洗って一日の汚れを流す場所でもあり、疲れを癒やす空間でもあります。水を頻繁に使うため汚れやすいですが、清潔に保ちたいものです。お風呂は黄ばみや黒ずみ、ピンク汚れなどが起こりやすく、それぞれの汚れには原因があります。原因に合った方法で汚れを取り除くようにしましょう。年数が経っていて汚れが落ちにくい場合は、リフォームを検討してみても良いかもしれません。

 

ハウジング重兵衛では、お風呂をはじめとする水回りのリフォームを行っています。長年の経験と実績をもとに、お客様との信頼関係を築きながらリフォーム事業を展開しています。お風呂の汚れでお困りの方やリフォームをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。