洗面所にはたくさんの収納が必要?収納場所やアイディアをご紹介 | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ

洗面所にはたくさんの収納が必要?収納場所やアイディアをご紹介

 

洗面所には衣類やタオル、化粧品、日用品、消耗品のストックなど、収納しておきたい物がたくさんありますよね。

 

それぞれが細々しているため、すっきり収納させるのが難しい箇所でもあります。そんな洗面所における収納場所や収納アイディアをご紹介していきます。

 

◼ コラムのポイント

1、洗面所収納の必要性を改めて見直すことができます

2、洗面所における収納場所や収納アイディアを知ることができます

3、洗面所で収納を確保したリフォーム事例を見ることができます

 

◼ 洗面所収納の必要性

 

洗面所は家族が毎日顔や手を洗ったり身支度をしたりする場所。お風呂の前後の脱衣スペースとしても使われるため、それぞれの用途に応じた物をたくさん収納しておきたいですよね。

 

洗面所はデザイン性や見た目の美しさも大切ですが、実用性も損なうことなく使いやすい空間にしたいものです。逆に実用性を重視するからこそ、ごちゃごちゃすることなく整った収納を意識したいともいえます。

 

家族の人数やライフスタイルによって、洗面所に確保したい収納容量は異なります。洗面所で何を使うのか、どのくらいのスペースがあれば足りるのか、を事前に確認するようにしましょう。

 

使いやすい洗面所にリフォームするためのポイントはこちら
使いやすい洗面所にリフォームするためには

 

 

◼ 洗面所における収納場所

洗面所にはたくさんの物を収納できると便利だということが分かりましたが、どのような収納場所が考えられるでしょうか。

 

・洗面台のキャビネット

洗面所のメイン設備ともいえる洗面台には、ボウルの下部分にキャビネットが付いています。キャビネットには開き戸タイプと引き出しタイプの2種類があり、昔ながらの洗面台では開き戸が多く、比較的新しいものでは引き出しタイプが多くなっています。

 

開き戸タイプは奥に収納したものが視界に入りづらいためごちゃごちゃとしてしまいがちですが、ファイルボックスや突っ張り棒などの収納グッズを上手く使うことで奥にある物までしっかり把握できます。

 

引き出しタイプは収納しているものを上から俯瞰で見ることができるので、どこに何を置いたのか一目瞭然です。仕切りなどを使って中のものがズレてしまわないようにするとより見やすくなります。

 

洗面台のキャビネット下収納には排水管があるため使いにくく感じられる方もいるかもしれませんが、グッズを活用することでスペースを有効活用することができます。

 

・洗濯機上のスペース

洗濯機の上のスペースが空いていれば、収納として使うことができます。洗濯機は高くても150cmほどの高さなので、洗濯機上のスペースを収納にしたとしても高すぎて届かないということはありません。

 

新築時から造作棚を設置している方もいれば、ランドリーラックを置いている方もいるかもしれません。頑丈な突っ張り棒を使うことで、いくつかのボックスを並べることも。洗濯機上には、洗剤や柔軟剤、石鹸、バケツなど洗濯に使うものを収納しておくのがおすすめです。

 

また洗濯機の上だけではなく、洗濯機にマグネットで取り付けるタイプの収納グッズも販売されています。洗濯機の上は届きにくいという方、高いところではなくできるだけ近くに洗剤などを置いておきたいという方はそちらもチェックしてみてください。

 

・壁面収納

洗面所の壁面にスペースが空いていれば、壁面収納を設置することもできます。売られている収納グッズを使って簡易的な壁面収納を設置することもできますし、リフォーム時に本格的な壁面収納を設置してもらうことも。

 

重さのあるものを収納したい場合には簡易的な壁面収納だと心許ない可能性もあるため、収納したいものの種類や重さによっては本格的な壁面収納を設置した方が良いかもしれません。

 

・収納棚

 

洗面所の床にスペースが空いていれば、収納棚を置くことも。例えばカラーボックスやバスケット、ラックなど、スペースに合わせたサイズのものを置くことで、これまで収納できずにいたものの居場所を作ってあげることができるかもしれません。

 

また洗濯機の横や洗面台の横などに数十cmの隙間があれば、幅の狭い収納棚を置いてスペースを活用することができます。

 

◼ 自分でできる収納アイディア

洗面所における収納場所についてご紹介してきました。リフォームで収納を作ることもできますが、まずは自分でできる収納アイディアを試してみてはいかがでしょうか。

 

・洗濯機ラック

洗濯機の上のスペースを活用したい場合、自分で洗濯機ラックを購入して設置することができます。手頃な価格で買えるものもたくさんあるので、洗濯機の高さと幅、自分の手の届く高さを確認した上で購入してみてください。

 

・突っ張り棒

突っ張り棒は言わずと知れた便利な収納グッズですが、洗面所でもさまざまな場所に使うことができます。洗濯機ラックの代わりに洗濯機の上に突っ張り棒を取り付けたり、洗面台下のキャビネットで活用したり。

 

突っ張り棒を2本取り付けて上に平らな天板を乗せると簡易的な棚になりますし、隙間に短い突っ張り棒を取り付けるとスプレー類をかけておける場所にもなります。使い道がたくさんあるので、場所に合わせていろいろ試してみると良いでしょう。

 

・DIY

収納棚や壁面収納をDIYしてみるという方法も。洗面所の広さや収納を増やしたい場所に合わせてオリジナルで作れるのがメリット。売られている収納グッズではサイズやデザインがしっくりこない…という方は、自分の家にぴったりのものを作ってみてはいかがでしょうか。

 

内装にこだわって洗面所をリフォームしたい方はこちらも参考にしてみてください
内装にこだわって洗面所をリフォームしよう

 

◼ 収納スペースを確保したリフォーム事例

洗面所の収納場所や自分でできる収納アイディアについてご紹介してきましたが、リフォームの際に収納スペースを作ることもできます。そこで洗面所において収納スペースを確保したリフォーム事例も参考にしてみてください。

 

・サイドキャビネットで収納力をアップ

洗面台周りの物が増えてしまったので、すっきりさせたいとのことでリフォームのご依頼をいただきました。

 

洗面台だけでなく横にサイドキャビネットを取り付けることで収納力をアップ。洗面台や床の色味を明るくしたため、洗面所全体が明るく感じるとお喜びの声をいただきました。

 

 

 

・洗濯機を移動させて収納スペースを確保

洗面所に腰窓や洗濯機があることで収納スペースの確保が難しかったのですが、腰窓から採光窓に変更して洗濯機を階段下の収納に移動させることで洗面所の収納スペースを確保しました。

もともとあった収納棚がドアの開閉を邪魔してしまっていましたが、洗濯機を置いていたスペースに収納を増やし、脱衣スペースも広く取ることができました。

 

 

・ホーロー製の洗面台でマグネット収納も

洗面ボウルが割れてしまっているなど劣化が進んでいることから交換をご希望でした。既存の鏡は引き続き使いつつ、掃除のしやすいカウンター式の洗面台を採用。

 

ホーロー製の洗面台はマグネットが付くので、ハンガーラックや小物などをつけられてスペースを活用しやすい洗面台になっています。

 

 

 

◼  まとめ

洗面所には置いておくと便利なものがたくさんありますが、収納スペースの確保が難しい場合もありますよね。洗面台下のキャビネットや洗濯機の上、壁面収納などの収納場所が考えられますが、洗面所全体をリフォームすることでより使い勝手の良い空間にすることができます。

 

自分で収納アイディアを試したあとは、リフォームのタイミングで収納スペースを作ってみてはいかがでしょうか。ハウジング重兵衛では、洗面台の交換だけではなく内装のリフォームも行っております。千葉県や茨城県でリフォームをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所 必須
市区町村

以降の住所

ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。