アイランドキッチンへのリフォームのメリットとデメリット | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ

アイランドキッチンへのリフォームのメリットとデメリット

 

アイランドキッチンは、文字通り島のように独立している形のキッチンのことをいいます。なんといってもそのおしゃれさが人気の秘訣ですが、その他にもたくさんのメリットがあります。一方でデメリットも把握した上でアイランドキッチンへのリフォームを決めるようにしましょう。

 

◼ コラムのポイント

1、アイランドキッチンについての概要が分かります

2、アイランドキッチンのメリットとデメリットを知ることができます

3、アイランドキッチンや開放的な対面キッチンの事例を見ることができます

 

◼ アイランドキッチンとは

アイランドキッチンという言葉は、「アイランド(Island)=島」が語源。壁から離れたところに独立して配置されているタイプのキッチンのことをいいます。シンクやワークトップ、コンロなどのシステムキッチン部分が島のようになっており、背面にはカップボードや食器棚、冷蔵庫などを並べることができます。

 

アイランドキッチンはデザイン性の高さから選ばれることが多いですが、リフォームする際には家の広さや家族のライフスタイルに合うかどうかも確認しておきたいですよね。

 

◼ アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンに憧れている方も多いかもしれませんが、注目すべきメリットがたくさんあります。アイランドキッチンへのリフォームをご検討の際は改めてチェックしてみましょう。

 

・おしゃれでスタイリッシュ

アイランドキッチンのメリットは、なんといってもそのデザイン性の高さ。壁に囲まれていないことから、おしゃれでスタイリッシュなキッチンにすることができます。キッチンだけではなく、隣接するリビングやダイニングも合わせて統一感のあるデザインにするとよりおしゃれになることでしょう。

 

水回りをおしゃれにリフォームしたい方はこちらもチェックしてみてください
水回りのおしゃれなリフォーム事例をたっぷりご紹介

 

・開放感がある

リビングやダイニングの方を向いて料理のできるカウンターキッチンも人気が高いですが、カウンターキッチンは部分的に壁で囲われていることがあります。アイランドキッチンはキッチンが壁などで囲われていないため、開放的ですっきりとした空間にすることができます。

 

・家族との距離が近い

アイランドキッチンでは、キッチンの周りに壁や仕切りがないため、リビングやダイニングで過ごしている家族との距離が近いこともメリットの一つ。リビングで遊んでいるお子様や、ダイニングで仕事や勉強をしている様子をキッチンから見守ったり会話をしたりすることができます。

 

閉鎖的なキッチンで料理中に家族との距離を感じる家と比べて、家事の最中でも家族と気軽に会話できることは、円滑なコミュニケーションにつながることでしょう。

 

・複数人でも料理できる

アイランドキッチンはキッチンの両側から出入りできるので、複数人での料理にも向いています。キッチンの内側だけではなく、側面やリビング側に立って作業することもできるので効率的に料理を進めることができます。家族との共同作業としてだけではなく、来客時に一緒に料理を楽しむことも。

 

◼ アイランドキッチンのデメリット

アイランドキッチンにはたくさんのメリットがあることが分かりましたが、デメリットもあります。メリットとデメリット、どちらも把握した上でリフォームを検討するようにしましょう。

 

・広いスペースが必要

アイランドキッチンにすると開放的なキッチンにすることができますが、そもそもアイランドキッチンにするためにはLDKに広いスペースが必要です。一般的なキッチンでは4.5畳程の広さがあると良いとされていますが、アイランドキッチンでは両側に通路を作ることを考えると6畳程の広さが必要になります。

 

アイランドキッチンへのリフォームを検討している場合、キッチンだけではなくリビングやダイニングのスペースを狭めてしまわないかどうかしっかり考えるようにしましょう。

 

・キッチンが丸見えになる

アイランドキッチンはカウンターキッチンのように立ち上がりや壁がないため、リビングやダイニング側からキッチン内が丸見えになってしまいます。常にきれいな状態を保てる方にとってはデメリットではないかもしれませんが、キッチンが丸見えだと来客時にプレッシャーに感じてしまう方も多いことでしょう。

 

来客時にはきちんと片付けるように意識したり、目隠し対策をしたりするなどの工夫が必要です。

 

全く違うタイプの壁付けキッチンですが、キッチンが見えやすいというデメリットは同じです。目隠しについてのコラムはこちら
壁付けキッチンは目隠しできる?メリットとデメリットも知っておこう

 

・においがリビングに広がりやすい

アイランドキッチンはキッチン周りに壁がないため、においがリビングに広がってしまうことがあります。特にガスコンロよりもIHクッキングヒーターの方が上昇気流が弱いため、換気扇までにおいや湯気が届かずキッチン周辺に広がってしまいやすい傾向にあります。換気扇の性能や窓の位置に工夫して換気しやすい環境づくりを行うようにしましょう。

 

・費用がかかる

アイランドキッチンへのリフォームは、他のタイプのキッチンリフォームと比べて費用が高いことが多いです。LDK一体型のレイアウトであることが多いため、キッチンだけではなくリビングやダイニングもまとめてリフォームすることも。内装のデザインを合わせようと思うと、結果的に費用がかかってしまうということが多いようです。

 

◼ アイランドキッチンのリフォーム事例

アイランドキッチンのメリットとデメリットをご紹介してきました。実際にアイランドキッチンへのリフォーム事例を見て参考にしてみてください。

 

・人気のアイランドキッチンへのリフォーム

 

壁付けの幅が広いキッチンをお使いでしたが、収納しづらく動線が悪いことでお悩みでした。

 

対面で独立しているアイランドキッチンをお選びいただき、もともとキッチンがあった背面側にはカウンタータイプの収納と高さのあるキャビネットを置くことで収納容量をたっぷり設けました。

 

カウンターの上には電子レンジやコーヒーメーカーなどの家電、キャビネット横には冷蔵庫を置くスペースもあるため、使い勝手も抜群です。

 

キッチン設備の交換だけではなく、壁や床、天井も新しく張り替えることで、LDK全体の雰囲気に統一感が出ておしゃれな空間に仕上がっています。

 

 

 

・開放感のある対面キッチンに

アイランドキッチンではありませんが、スペースが足りない場合の代替案として開放感のある対面キッチンについての事例をご紹介します。

 

もともとはリビングから離れたところにある独立した空間にキッチンがありましたが、対面キッチンにしたいとのことでリフォームのご依頼をいただきました。

 

LIXILのキッチンをお選びいただき、ポイントでクロスを張り分けるなど工夫することでオシャレな対面キッチンに仕上がりました。

 

 

◼  まとめ

アイランドキッチンのメリットとデメリットをご紹介してきました。アイランドキッチンはそのデザイン性の高さが人気の秘訣ですが、広いスペースが必要なのでアイランドキッチンへのリフォームができない場合もありますよね。そんなときはアイランドキッチンではなくても、対面キッチンでも開放感を作ることは可能です。

 

ハウジング重兵衛では、キッチンをはじめとする水回りのリフォームを多数行っておりますので、お客様のお悩みに合わせてリフォームプランをご提案させていただきます。千葉県と茨城県で水回りのリフォームをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。

 

著者情報

ハウジング重兵衛 編集部

ハウジング重兵衛 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所 必須
市区町村

以降の住所

ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。