トイレリフォームの失敗例と、失敗しないためのポイント | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ

トイレリフォームの失敗例と、失敗しないためのポイント

トイレリフォームの検討中、きれいなトイレにリフォームしたいという思いはもちろん、後悔したくないという思いがある方もいるかもしれません。

 

そこでトイレをリフォームする前に、よくある失敗例と失敗しないためのポイントを知っておくと安心です。リフォーム後に後悔することのないように、失敗例や失敗しないためのポイントを押さえておきましょう。

 

 

◼ コラムのポイント

1、トイレの種類やリフォーム方法について理解することができます

2、トイレリフォームにおける失敗例を知ることができます

3、トイレリフォームで失敗しないための手法を学べます

 

 

 

◼ トイレのリフォーム

清潔感のあるトイレ

トイレは家族みんなが一日に何度も使用する場所なので、汚れやすく清潔に保つのが難しいですよね。

 

劣化が進んだり不具合が出たりすると、リフォームを検討する頃かもしれません。

 

せっかくリフォームするのであれば、リフォーム後に後悔することのないようにしたいものです。

 

 

・トイレの種類

トイレは大きく分けて和式トイレと洋式トイレの2種類に分けられ、洋式トイレは更にタンク一体型とセパレート型、タンクレス型の3種類に分けられます。

 

【和式トイレ】

和式トイレは日本に古くからある形のトイレであり、1960年頃に洋式トイレが採用されるようになるまでは一般的なトイレとして使われていました。

 

【洋式トイレ】

タンク一体型

便器とタンクが一体になっているタイプで、隙間に汚れが溜まりにくいのがメリット。

 

セパレート型

便器とタンクが分かれており、どちらかが壊れたときでも片方だけの修理や交換で済むのがメリット。

 

タンクレス型

水道と直接つながっていることからタンクがなく、スタイリッシュな見た目でトイレを広く見せられるのがメリット

 

 

・トイレリフォームの方法

トイレのリフォームは便器の交換が主な工事内容となっていますが、便器の交換だけではなく温水洗浄機の交換や床や壁の張り替え、収納の設置といったリフォームを行うこともあります。

 

トイレの床や壁は便器と同じように衛生的に保つのが難しい箇所でもあるため、便器の交換と同時にリフォームを行うときれいなトイレが蘇ります。

 

収納スペースが少ないと悩んでいる場合は、トイレに収納したい物の量に合わせて収納スペースを作ると良いでしょう。

 

 

 

 

◼ トイレリフォームの失敗例

トイレをリフォームすると、清潔感のある空間に仕上がるため気分も上がることでしょう。

 

しかし現状の不満やリフォーム後のイメージをまとめられていないと、使い勝手が良いトイレにはできないこともあります。

 

トイレリフォームを成功させるために、失敗例を参考にしながら家族で不満や要望を共有してみましょう。

 

・床が黒ずんでしまった…

せっかくトイレをリフォームするのであれば便器の交換だけではなく床や壁も張り替えたいと思う人も多いことでしょう。

 

トイレの床をおしゃれなものにしようと思って無垢材や複合フローリングといった床が選ばれることもありますが、床が黒ずんでしまった…という失敗例があります。

 

木を使った素材は水に弱く、アンモニアやトイレ用洗剤によって腐蝕してしまうことも。見た目はおしゃれで憧れる人も多いと思いますが、一年以内に黒ずんで汚くなってしまうようなことは避けたいですよね。

 

頻繁に掃除する人であっても黒ずみを完全に避けるのは難しいため、見た目と使い勝手とのバランスをしっかり考えてから選ぶようにしましょう。

 

・便器のサイズが大きすぎた…

最近のトイレにはさまざまな機能が搭載されていますが、その分便器のサイズが大きいことがあります。

 

今使っている便器のサイズよりも大きいものを選ぶと、思ったよりもトイレが狭くなってしまうことも。

少しの違いだったとしても、もともと狭い空間であるトイレではその差が大きく感じられてしまいがちです。

 

便器のまわりのスぺースが狭くなると、使い勝手が悪いだけではなくお手入れしにくくなってしまうため注意が必要です。

今使っている便器と新しく選ぼうと思っている便器のサイズは事前に見比べておくようにしましょう。

 

トイレのサイズに関する事例も参考にしてみてください。
コンパクトタイプトイレのリフォーム事例はこちら

 

 

・内開きにすると出入りが大変に

トイレのドアは開き戸や引き戸が多く採用されていますが、開き戸は内開きのものと外開きのものに分けられます。

 

昔ながらの家では内開きのドアが多かったですが、最近では外開きのドアが増えてきています。

内開きのドアだと、中に入るときにドアと便器の間のスぺースが狭くて入りにくかったりスリッパが置けなかったりすることも。

 

また万が一トイレの中で誰かが倒れたときに、内開きのドアだと開けられずに助けるのが遅くなってしまうと大変です。

そのため高齢の方や介護が必要な方がいる場合は特に、外開きのドアや引き戸を選ぶことをおすすめします。

 

・コンセントの位置が…

トイレでは温水洗浄機を使うときにコンセントが必要です。

 

トイレのリフォームを行うときに新しくコンセントを設置したり数を増やしたりする人もいるかもしれませんが、その場合はコンセントの位置にも注意が必要です。

 

温水洗浄機のコードは正面から見て左手にあることが多いため、正面から見て左手にコンセントを設置するのが一般的です。

右手にコンセントを設置するとコードが見えやすくて見栄えが悪くなったりコードが届かなかったりすることも。

 

またコードが見えないように便器の後ろ側にコンセントを設置したいと思う人も多いかもしれませんが、埃の掃除をしにくいことや点検・修理の際に手間がかかってしまうため注意が必要です。

 

トイレのコンセント関する事例も参考にしてみてください。
コンセントを増設した事例はこちら

 

 

 

◼ トイレリフォームで失敗しないために

トイレのリフォームでよくある失敗例についてご紹介してきました。

 

せっかくリフォームするのであれば後悔することのないようにしたいですよね。そこでトイレのリフォームで失敗しないためのポイントをご紹介します。

 

・長期的な視点を持つ

トイレは一度リフォームすると10~20年程度使うことが多いはず。

 

「○○の機能がほしい」「○○のデザインがいい」といった希望があるかもしれませんが、リフォーム時には今の希望だけではなく長期的な視点を持って判断することが大切です。

 

例えば、今は大丈夫だったとしても20年後には体の衰えを感じるかもしれない…というような場合、早めに手すりを設置しておく、滑りにくい床にしておく、といったことも検討してみても良いかもしれません。

 

・計画性のある予算を立てる

トイレのリフォームでは選ぶ商品や工事内容によって費用が異なりますが、計画性のある予算を建てることが大切です。

 

現状の不満やリフォームでの希望を家族で共有し、予算とのバランスを考えながらリフォーム範囲を決めていくようにしましょう。

 

ショールームなどを見ると理想ばかりが高くなってしまうこともありますが、リフォームにお金をかけすぎて生活が苦しくなってしまうようでは困りますよね。

予算に合ったリフォームを行うことがトイレリフォームの成功の秘訣です。

 

リフォームは予算の立て方が大切ですが、予算に関するコラムとしてこちらもご覧ください。
予算50万円でどんなリフォームができる?実際の事例も

 

 

・要望をしっかり伝える

リフォーム後のトイレをイメージして、業者に伝えていたつもりでも、仕上がりを見るとイメージと違った…ということもよくあります。

 

言葉だけで伝えようとしても、なかなかイメージを共有するのは難しいものです。

 

そのため言葉だけではなく写真を使って要望を伝えたり、ショールームで見た事例を引き合いに出しながら説明したりといった工夫が必要です。

 

業者はリフォームに慣れているとはいっても、施主様とのイメージが必ずしも一致するとは限りません。リフォーム後に後悔することのないよう、要望はしっかり伝えるようにしましょう。

 

・必要な機能かどうか見極める

リフォームの打ち合わせをしていると、つい理想が高くなってしまうこともあります。

しかしリフォームが終わって実際に使い始めると「この機能いらなかったかも…」というケースも。

 

必要のない機能を付けるために高い費用を支払うのはもったいないので、商品を選ぶ際には本当に必要な機能かどうかをしっかり見極めるようにしましょう。

 

・床や壁の素材を確認

トイレの床や壁は、思っている以上に汚れが飛び散りやすい箇所です。

そのため劣化が進みやすいので、便器を交換するタイミングで床や壁のリフォームも検討した方が良い場合も。

 

床や壁はトイレの雰囲気を左右するためデザイン性で選びたい人も多いと思いますが、汚れが飛び散っても拭き取りやすかったり臭いを吸収しにくいような素材を選ぶとお手入れが楽になるかもしれません。

 

トイレリフォームでは、便器の交換だけではなく床や壁など内装工事も伴う場合があります。トイレの内装をおしゃれにしたい方はこちらもチェックしてみてください。
トイレの内装もこだわりたい人必見!おしゃれにするポイントとは

 

 

◼ トイレのリフォーム事例

トイレのリフォームを成功させるためにも、リフォーム事例を見て参考にしてみるのがおすすめです。

 

ハウジング重兵衛が実際に手掛けたトイレリフォームの事例をご紹介します。

 

・汚れが付きにくいトイレにリフォーム

きれいなトイレの事例

掃除をしにくいということでお悩みでしたので、お掃除リフトの付いているLIXILのコーラル3を採用して汚れが付きにくいトイレに仕上がっています。トイレがきれいになったとお喜びいただけました。

 

 

 

・座面が低くて座りにくかったトイレをリフォーム

トイレをリフォーム

トイレの座面が低くて座りにくかったというトイレ。便器交換だけではなくカビが生えたクロスも同時にリフォームしました。

 

階段下にあることからトイレが狭く、スリムなタイプのLIXILのアメージュZをご提案致しました。トイレに行くのが楽しくなったと言っていただけました。

 

 

 

・お掃除が簡単な節水トイレにリフォーム

トイレのリフォーム事例

トイレが古くなってきたため、新しいものに交換したいとのことでした。お掃除しやすいトイレにした点と節水タイプを選んだ点がポイントで、きれいになったと喜んでいただけました。

 

 

 

◼ まとめ

清潔感のあるトイレ

トイレのリフォームには費用がかかるため、できるだけ失敗することなく満足のいくトイレにリフォームしたいですよね。

 

そこで想定されるリフォームの失敗例と失敗しないためのポイントをご紹介してきました。実際のリフォーム事例もあわせて参考にしてみてください。

 

ハウジング重兵衛は創業120年のリフォーム専門会社で、千葉県と茨城県という地域に根差して水回りのリフォームを行っています。

 

水回りのリフォームを得意としておりますので、トイレのリフォームをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。

 

著者情報

ハウジング重兵衛 編集部

ハウジング重兵衛 編集部

かけがえのない日々の想い出を、より素敵に彩るお手伝いこそ、私たちハウジング重兵衛のしあわせです。
お客様の幸せを、自らの幸せに感じて。
あらゆる家づくりと住まいのプロフェッショナルとして、地元千葉と茨城との地域密着や社会貢献にもつながっていく企業として、お客様の幸せを礎に、200年企業を目指してまいります。

詳しいプロフィールはこちら
FacebookInstagram

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
施工エリアを事前にチェック!
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所 必須
市区町村

以降の住所

ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

お問い合わせはこちら

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県の詳しいリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。