ユニットバスの交換やリフォームについて | ハウジング重兵衛
MENU CLOSE
来店日時予約
無料見積もり
電話問合せ
シンプルなユニットバス

ユニットバスの交換やリフォームについて

長い間ユニットバスを使用していると、さまざまな劣化の症状が現れてくることでしょう。一般的な耐用年数は15~20年といわれていますが、劣化の度合いによってはそれ以前のリフォームが必要な場合もあります。ユニットバスの交換をするにあたって知っておきたい知識をご紹介します。

 

◼ ユニットバスの基礎知識

シンプルなユニットバス

ユニットバスと聞くと、お風呂とトイレが一緒になっているタイプを想像する人もいるかもしれません。賃貸物件を調べると単身者向けの間取りでお風呂とトイレが一緒になっているものをよく見かけますよね。しかし家を建てる際やリフォームする際の「ユニットバス」とは、お風呂とトイレが一緒になっているタイプのことではなく、工場で作られたパーツを現場で組み立てるタイプのお風呂のことをいいます。

 

・ユニットバスとは

ユニットバスは、工場で生産された床や壁、浴槽などのパーツを現場で組み立てるタイプのお風呂のことをいいます。必要なパーツが工場で生産された状態で届くため、現場での作業時間が短く済みます。また現場で一から作り上げる方法よりも品質が安定しており、職人の技術に左右されないといったメリットも。その一方でユニットバスには規格が決まっているため、リフォーム時には家のお風呂のサイズと合わない可能性もあります。ユニットバスにリフォームしようと思っている場合は、まずサイズを確認するようにしましょう。またシンプルなデザインのものが多く決まったパーツの中から選ぶ必要があるため、デザインにこだわりたいという人にとっては向いていないかもしれません。

 

・ユニットバスの耐用年数

ユニットバスの交換を検討するタイミングは人それぞれだと思います。水漏れやタイルの剥がれといった劣化の症状が出始めたとき、ライフスタイルの変化によって新しい機能が欲しいと感じられたとき、など。そもそもユニットバスは一般的に15~20年が耐用年数といわれています。国税庁による減価償却時の法定耐用年数は建物と同じと定められているため、木造住宅の場合は22年ということになります。しかし法定耐用年数が22年だからといって実際に22年使えるというわけではありません。劣化が深刻になると水漏れから家自体の腐蝕につながってしまうことも。先にご紹介した通り、15~20年という耐用年数を参考にしながら劣化の度合いを見極めてユニットバスの交換を行うようにしましょう。

 

・リフォームの期間や費用

ユニットバスの交換にかかる期間は、平均して2~6日。床や壁はそのままに浴槽だけを交換する場合は1日で工事が終わることもあります。ユニットバス全体の交換では、1日目に養生ボードの設置や解体作業、2日目に水道や電気の工事、商品の搬入、3日目にユニットバスの設置、4日目に内装工事やドアの取り付け、クリーニング、引き渡しといった流れで行われるのが一般的です。

 

ユニットバスの交換にかかる費用は、ユニットバスのサイズやグレードによって変わってきます。サイズは0.75坪タイプと1.0坪タイプの2種類、グレードはローグレードとミドルグレード、ハイグレードの3種類に分けられます。ミドルグレードのユニットバスであれば0.75坪タイプで65~85万円、1.0坪サイズで70~85万円が相場。同じグレードのユニットバスを選んだとしてもサイズが違うと約5万円の差、またグレードごとにそれぞれ約10~15万円の差となります。

 

◼ お風呂のリフォーム方法

シックなユニットバス

お風呂にはユニットバスとハーフユニット、在来工法の3種類がありますが、リフォームする際には更に内容が分かれてきます。もともとユニットバスだったお風呂をリフォームする際にはユニットバスの交換、もともと在来工法だった場合はユニットバスへの変更か在来工法での作り直しを選ぶことができます。またお風呂を広く拡張したり場所を移動したりといった場合のリフォーム内容についてもご紹介します。

 

・ユニットバスの交換

リフォーム前のお風呂がユニットバスで、リフォーム後もユニットバスにしたいという場合、ユニットバスの交換という内容の工事になります。もともとユニットバスだったのであれば規格内であることは間違いないため、ユニットバスを選べないということはありません。ユニットバスの交換時期は一般的に15~20年といわれていますが、カビが発生しやすかったり排水口からの臭いが消えなかったりといった症状が目立つようになると早めに交換しても良いかもしれません。またユニットバスの交換にかかる工期は2~6日であり、工事のために大きな音が出る期間が1日ほど、水が使えない時間が1~2時間ほどあります。近所の方へのご挨拶や水が使えないことへの対策を忘れないようにしましょう。

 

・在来工法からユニットバス

昔ながらの家では在来工法のお風呂が一般的でしたが、リフォームを機にユニットバスにしようと思っている人も多いはず。ユニットバスには規格が決まっているので、もともとのお風呂のサイズと規格が一致しなければユニットバスにできないこともあります。その場合、お風呂の拡張を行わなければならないこともあるため、費用や工期を考慮して検討するようにしましょう。

 

・在来工法から在来工法

在来工法のお風呂のサイズによっては、ユニットバスにリフォームできないこともあります。その場合は在来工法のままでリフォームすることも。また自由度が高いことから望んで在来工法でのリフォームを行うこともあります。例えば温泉のように床や壁など全面に木材を使用したもの、壁面にタイルを使用したものなど。ユニットバスでは選べないようなデザインにしたいという人は在来工法から在来工法といったリフォームを選ぶと良いかもしれません。

 

・拡張や移動

お風呂の拡張や移動を選択する理由はさまざまです。在来工法からユニットバスにリフォームしたい場合にユニットバスの規格に合わせるための拡張や、家族の人数が増えたため、介護のため、など。お風呂を拡張させる場合は基礎工事などの土台作りを行ってからお風呂を組み立てていきます。お風呂を移動させる場合は、既存のお風呂の解体や新しい浴槽の取り付けだけではなく、排水管やガス管、電気の配線など工事の規模が大きくなってしまうことに注意が必要です。

 

◼ 部分的な修理や交換

清潔感のあるユニットバス

ユニットバスは全体の交換しかできないと思っている人もいるかもしれません。しかしユニットバス全体の交換をしなければならないほどの劣化が進んでいなかったり、一部分だけが壊れてしまったりした場合、部分的な修理や交換を行うこともできます。それぞれのパーツごとに修理や交換についてご紹介します。

 

・浴槽

お湯が冷めにくい浴槽や美容効果が期待できる浴槽など、新しい機能の付いた浴槽がどんどん出てきています。そのためユニットバス全体の劣化がそこまで進行しているわけではなくても、新しい機能のついた浴槽に変えたいといった希望がある場合もあるのではないでしょうか。また浴槽にひびが入ってしまった場合も、浴槽のみの交換を希望されることがあります。浴槽のみの場合、形状やサイズによっては交換に対応できない場合もあるため注意が必要です。

 

・床や壁

ユニットバスの床が劣化すると、カビが目立ちやすくなったり排水が悪くなったりすることがあります。すべりやすくなることもあるため、お子様や高齢の方がいるご家庭では特に注意が必要です。壁は常に水や湿気にさらされているため、結露が起こりやすい状態です。床と壁どちらの場合も、カビが目立ちやすくなったら張り替えの目安として考えると良いでしょう。

 

・ドア

お風呂のドアは凹凸があることも多いため、汚れが溜まりやすかったりカビが発生しやすかったりする箇所の一つ。万が一壊れてしまうと、お風呂の水が洗面所まで溢れてしまう可能性があるため早めの対応が必要です。またドアには開き戸タイプや引き戸タイプ、折れ戸タイプの3種類がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。使いにくさやお手入れのしにくさを感じたときは、ドアのタイプを変えてみても良いかもしれません。

 

・換気扇

お風呂は湿気がこもりやすい空間なので、換気扇による換気は必須ですよね。耐用年数は一般的に8~15年といわれており、寿命が近付くとファンが劣化して換気能力が衰えていきます。異音や異臭がしたり、うまく換気されていないように感じられたりしたら交換のタイミングかもしれません。

 

・水栓

ユニットバスを長年使用していると、水栓から水漏れがすることもあります。毎日使うお風呂なので、いきなり水栓が壊れて使えなくなってしまっては困ります。DIYで修理することもできますが、自信がない場合は業者に依頼する方が無難です。できるだけ早めに対応するようにしましょう。

 

・鏡

お風呂は長年使用していると、鏡が汚れて見えにくくなったり黒い斑点が気になったりすることがあります。頻繁にお手入れをすることで防げる場合もありますが、長年の汚れはなかなか落ちないことも。そんなときは鏡だけを交換することもできます。鏡を購入してDIYで行うと費用を抑えられる一方で失敗の可能性があるというデメリットも。専門業者に依頼すると費用は高くなりますが失敗がなく保証がしっかりしているのが強みです。

 

◼ まとめ

落ち着きのあるユニットバス

ユニットバスを長い間使用していると、傷みや劣化が進んでいきます。一般的に耐用年数は15~20年といわれていますが、使い方によっては耐用年数までに寿命がくることも。ユニットバスの交換にかかる費用は平均で2~6日、費用は70~80万円を平均としてグレードやサイズによって異なります。ユニットバス全体を交換するほどではないといった場合は部分的な修理や交換もできるため、劣化が進んでいる部分のみのリフォームも検討してみてください。

 

ハウジング重兵衛は創業120年のリフォーム会社です。特に水回りのリフォームを得意としており、千葉県と茨城県という地域に根差して事業を展開しています。千葉県と茨城県でユニットバスの交換をご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

茨城県美浦村のユニットバスリフォーム

千葉県富里市のユニットバスリフォーム

茨城県牛久市のユニットバスリフォーム

お問い合わせ

お客様にはご不便をおかけしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来店される場合は、できるかぎり【お電話もしくはホームページより事前の来店予約】をお願い申し上げます。
また、緊急で修理やご相談が必要な場合は、感染予防対策を行った当社スタッフが、お客様のご自宅へお伺いし、現状を確認することもできます。いつでも遠慮なくご相談ください。
お問い合わせはこちら
お名前 必須
電話番号 必須

郵便番号 必須
ご住所任意
ご相談内容|概要 必須
ご相談内容|詳細任意

※営業時間内(9:00~18:00/水曜定休)に
順次ご連絡させていただきます。
※千葉県と茨城県のリフォーム可能施工エリアは、【こちら】でご確認ください。

お問い合わせはこちら